ミーナ・カロライナ


1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:18:20 ID:Tp24XMvo
エレン「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪ちょっと言いにくいんだけど♪」

エレン「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪」

エレン「俺は、巨人を一匹残らず駆逐してやる!」

エレン「聞いてくれてありがと♪ミーナ・カロライ~ナ♪」






ミカサ「…エレン、何してるの」

引用元: アニ「聞いてミーナ・カロライ~ナ♪」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:20:11 ID:Tp24XMvo
エレン「何だっていいだろ」

ミカサ「嘘、ミーナと親し気に話していた」

アルミン「ミカサ知らないの?今訓練兵のなかで流行ってるんだよ?♪聞いてミーナ・カロライ~ナ」

ミカサ「♪聞いてミーナ・カロライ~ナ?」

アルミン「そう、ミーナに話しを聞いてもらうと不思議とすっきりするんだよね」

ミカサ「エレン、話なら私が…」

エレン「ああ、もう、うるせぇな…行こうぜ、アルミン」




ミカサ「………」ぽつん

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:20:52 ID:Tp24XMvo
ミカサ「ねぇミーナ。…違った、えっと…」


ミカサ「…聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪ちょっと言いにくいんだけど♪」

ミカサ「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪」

ミカサ「最近エレンが冷たい…反抗期というやつだろうか…」

ミカサ「…私もアルミンと同じようにエレンと仲良くしたい」

ミカサ「…つい、いろいろ言ってしまうけど、それは本意ではない。ただ、エレンの気を引きたいだけ。エレンのことを子ども扱いしてしまうけれど、私のこのエレンに構って欲しいという感情のほうが幼いということは理解、している」

ミカサ「………」

ミカサ「聞いてくれてありがと♪ミーナ・カロライ~ナ♪」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:21:49 ID:Tp24XMvo



アルミン「エレン。ミカサに冷たくしすぎじゃないかな」

エレン「………」





ミカサ「私もそう思う」

アルミン「わっ!びっくりした。ミカサ、追いつくのが早いよ」

ミカサ「でも…エレン、私が悪かった。ちょっとしつこくし過ぎてしまった、と思う。…ので、少し黙る」

ミカサ「だから、エレン。私のことを嫌いにならないで欲しい」

アルミン「ミカサ…」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:22:21 ID:Tp24XMvo
エレン「………ミーナに聞いて欲しいことがあるときはミーナに話す。アルミンに聞いて欲しいときはアルミンに、ミカサに聞いて欲しいときはミカサに。…それでいいだろ。別に仲間はずれにしたわけじゃねぇよ」

ミカサ「…エレンがそう言うなら、それでいい。確かに私もミーナに話してすっきりした」

エレン「あと、オレがミカサのこと嫌いになるはずないだろ」

ミカサ「…!エレン!!」

アルミン「ミカサ、よかったね」

エレン「ほら、次は座学だ。早く移動しないと席が埋まっちまうだろ」



ジャン「………」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:23:09 ID:Tp24XMvo
ジャン「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪ちょっと言いにくいんだけど♪」

ジャン「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪」

ジャン「今日エレンが、せっかくミカサが世話やいてくれてるのに邪険に追い払ってやがった」

ジャン「…くそ、羨ましい。俺なら絶対ミカサのことあんな邪険にしたりしねぇのにな」

ジャン「聞いてくれてありがと♪ミーナ・カロライ~ナ♪」



マルコ「ジャン、ほら早く行くよ」

ジャン「おう、わかってる。…じゃあな、ミーナ」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:23:43 ID:Tp24XMvo



ハンナ「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪ちょっと言いにくいんだけど♪」

ハンナ「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪」

ハンナ「あのね、さっきね、フランツが私のこと…かわいいって!いや、ね、私は自分の容姿に自信ないし、世間一般から見たらほんとに平々凡々な容姿だとは自覚してるんだよ?でも、でもね?フランツはそんな私のことを壁内一番…ううん、世界で一番かわいいって言ってくれるの!もちろん私もフランツのことを世界で一番かっこいいと思っているんだけど、それを口に出すのって恥ずかしいじゃない?だからあんまりそういうことをフランツに言うことってなかったんだけど、この間フランツが私の気持ちがわからないって拗ねちゃって…あ、別に普段からフランツがそんな女々しいこと言う訳じゃないのよ?いつもは本当に頼り甲斐があって男らしいんだけど、そのときはフランツ立体機動の授業で失敗してしまったばかりでちょっと落ち込んでたの。だからそんな女々しいことを言ったのだと思うのだけれど、…えっとなんだっけ?あ、そうそう。それで、フランツが私の気持ちを聞かせて欲しいってすごく真剣に見つめてきてそれで私思わず………」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:29:38 ID:Tp24XMvo
ハンナ「あ、駄目駄目。ここから先はフランツと2人だけの秘密にしようって
約束したんだった。…え?違う違うのよ、別に如何わしいことをしたりなんかしてないのよ?そういう秘密じゃないの。あのでも…ほら、私たちもと、年頃だし、そういうことに興味がないわけじゃないじゃない?だからその少しもそういうことをしたことがない、と言えば嘘になるんだけど…でも最後まではまだ…だって私たちは恋人同士である以前に一兵士であるわけだからもし妊娠でもしたりしたら…ね?………でも、お母さんになるってことに憧れはもちろんあっていつかはフランツの子どもを、なんてなんて。夢見過ぎかな?でもでも私とフランツならきっと素敵な家庭を築けると思うの何故なら」


フランツ「ハンナ、ここに居たのか!君に見せたいものがあるんだ…来てくれるかい?」

ハンナ「フランツ!…待ってて、今行くわ」

ハンナ「聞いてくれてありがと♪ミーナ・カロライ~ナ♪」



コニー「あ、ミーナ!ちょうど良かったぜーーー聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪ちょっと言いにく…」

ミーナ「………ごめん、コニー。今日はもう無理…」

コニー「?」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:30:34 ID:Tp24XMvo




クリスタ「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪ちょっと言いにくいんだけど♪」

クリスタ「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪」

クリスタ「今日は馬術の授業、あまり上手く出来なかったの」

クリスタ「…でも、落ち込んでばかりもいられないよね。他が苦手な分、馬術は一番になるくらいの気持ちじゃないと!」

クリスタ「聞いてくれてありがと♪ミーナ・カロライ~ナ♪」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:31:08 ID:Tp24XMvo
ユミル「クリスタ、どこいくんだ?」

クリスタ「厩舎だよ。今日私と組んだ馬のブラッシングしてあげようと思って」

ユミル「ふーん、私もついてく」

クリスタ「ユミルも?…うん、じゃあ気持ちいいブラッシングの仕方教えてあげる!」

ユミル「それより、私はもっと気持ちいいことを教えて欲しい、というかお前に教えたいんだけどな」

クリスタ「なに?」

ユミル「いいや、なんでも」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:31:54 ID:Tp24XMvo


ユミル「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪ちょっと言いにくいんだけど♪」

ユミル「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪」

ユミル「今日クリスタのやつがまたサシャにパンをやっていた」

ユミル「…まあ、私のパンを半分やったんだけどな。食わないとあいつちっさいままだしな」

ユミル「聞いてくれてありがと♪ミーナ・カロライ~ナ♪」


サシャ「ユミル、歌ってる時の声かわいいですね」

ユミル「は?諸悪の根源の芋女は黙ってな」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:32:31 ID:Tp24XMvo
クリスタ「もう、ユミル。サシャがせっかく歌声褒めてくれたのにそんな言い方しなくてもいいでしょう?」

ユミル「はいはい。…ところで、クリスタ。もうサシャにパンあげるのやめろよ。ただでさえ少ない食事なんだからな」

クリスタ「う…でも、あんな仔犬みたいな目で見つめられたら…」

ユミル「断れない、ってか?…おい、サシャ、お前もうクリスタにパンをねだるなよ」

サシャ「えー!?もうクリスタからパァンを分け与えてもらえないんですか!?」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:33:47 ID:Tp24XMvo
ユミル「コニーからでももらえ」

サシャ「コニー、最近くれないんですよね~」

コニー「誰がやるか!」

サシャ「あ、コニー!パァン下さい!」

コニー「なあ、サシャ。俺の言ったこと聞こえてたか?」

サシャ「都合の悪いことは聞こえません!パァン下さい!」

コニー「」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:34:24 ID:Tp24XMvo



サシャ「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪ちょっと言いにくいんだけど♪」

サシャ「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪」

サシャ「今日あんまりお腹が空いたので備蓄倉庫からお肉を拝借してきてきまいました。とっても美味しかったです!」

サシャ「聞いてくれてありがと♪ミーナ・カロライ…!……教官………」

キース「ほう、ブラウス訓練兵。今聞いたことは本当か?」

サシャ「あわわわわわわわ」

キース「…分かるな?」

サシャ「はいっ!!!死ぬまで走ってきます!!!!!」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:35:33 ID:Tp24XMvo
キース「………」


キース「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪ちょっと言いにくいんだけど♪」

キース「聞いて、ミーナ・カロライ~ナ♪」

キース「しみと皺が増えたのに髪は減っちゃった♪」

キース「聞いてくれてありがと♪ミーナ・カロライ~ナ♪」




キース「…さて、仕事に戻るか」


ミーナ「」

アニ「………」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:37:39 ID:Tp24XMvo



アニ「ねぇ、まだ起きてる?」

ミーナ「なぁに?アニ、眠れないの?」

アニ「…そうじゃない。………なんで、みんな歌いながらミーナに話しかけてるの?」

ミーナ「ん…あぁ、あのこと?…アニも私に聞いて欲しいことがあるの?」

アニ「違うけど。ただ、気になって」

ミーナ「そう?アニも何かあったら私に気軽に話してね!」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:38:15 ID:Tp24XMvo
アニ「…ねぇ、別にミーナは聞いたあとアドバイスとかしてるわけじゃないのにどうしてみんなこぞってミーナに話すの?」

ミーナ「なんでかな?それは私にもわからないけど、みんなが話してくれることは一生懸命聞いてるよ」

アニ「ふうん」

ミーナ「ほら、聞いてもらえるだけでいいってときアニにもあるでしょ?」

アニ「……歌わなきゃ駄目なの?」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:38:54 ID:Tp24XMvo
ミーナ「うん、それは必須事項だよ」

アニ「そこがわからない」

ミーナ「でもそういう決まりなの」

アニ「うーん?」

ミーナ「決まり、なの」

アニ「…うん」

ミーナ「うん、アニも私になにか聞いて欲しいことがあるならまず歌ってね」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:39:26 ID:Tp24XMvo
アニ「私は恥ずかしいから歌いたくない」

ミーナ「えー?アニが歌ってくれるの聞きたいな~」

アニ「やだよ」

ミーナ「ふふ、じゃあ気が向いたら歌ってね」

アニ「…多分永久に気は向かないと思う」

ミーナ「じゃ、気長に待ってるよ」

アニ「…おやすみ」

ミーナ「おやすみなさい、アニ」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:40:05 ID:Tp24XMvo



トロスト区攻防戦



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:40:37 ID:Tp24XMvo
アニ「聞いて、ミーナ・カロライナ。ちょっと言いにくいんだけど」

アニ「聞いて、ミーナ・カロライナ」


















アニ「……………ごめんなさい…」



おわり

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:43:39 ID:67CbMG0U
これは卑怯




泣かすな

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:44:03 ID:v9OCl7OQ
あ…あああ…
ギャップ凄いな、乙

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:44:12 ID:9E8KWN2s
うわああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:45:42 ID:3G1S0Xnw
そりゃあ言いにくいわな…

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:47:29 ID:koF57cNs
懐かしさに和んでたら……ああああ
乙でした

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:47:59 ID:NbnPo0kQ


ライナーやベルさんも見たかったな

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 00:54:34 ID:.WagJunc
まさかの…

泣いた

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 01:13:12 ID:G.9zKOF6
悲しい話だ…


けど、ミーナがあるとアロエリーナのリズムで歌えないよね…

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 01:52:55 ID:AMIPdExc
癒しからの奈落落ち
酷い

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 02:53:20 ID:CgiUyYtY
涙腺に強烈な一撃食らった


【オヌヌメ】

エレン「何してんだ?」 アルミン「コミケの準備」

【ネタバレ注意】獣の巨人「それは何て言うんですか?」

ベルトルト「新宿の巨人」ユミル「西口」

ベルトルト「何食べてるの?」サシャ「巨人」

ベルトルト「へえ…ポケモンね」

ベルトルト「できたよライナー!僕の存在を消すスイッチだ!」

ライナー「男子会」

アルミン「できたぞエレン!ライナーを性転換させるスイッチじゃ!」

アニ「アルミンを殺した」

エレン「アルミン・アルレル糖」

アルミン「異議あり!」

アルミン「人の味」

アニ「アルミンをプロデュース」