no title



1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:12:59 ID:DVCVp4..
ミカサ「あ、アルミンっ…その…」オロオロ


エレン「お、俺達が悪かったっ!だから機嫌直してくれよ…」アセアセ


アルミン「………」ツーンッ


ミカサ「アル、ミン……?」


アルミン「……」ガタンッ


エレミカ「」ビクッ

引用元: アルミン「もうっ、知らない!」プンスカ

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:15:08 ID:DVCVp4..
アルミン「僕……他の人と食べてくるからっ」タッタッタッタッ


エレミカ「」


――――――

――――

アルミン「あ、あのっ」ビクビク


アルミン「…いっしょに、ご飯、食べてくれません、か……?」フアンゲッ



アニ「……私と?」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:18:34 ID:DVCVp4..
アルミン「うん!アニとっ!えっと、その……ダメ、かなぁ?」フアンソウナ、メッ


アニ「……別にいいけど。いつもベタベタしてるあの二人はいいの?」


アルミン「ベタベタなんてしてないよっ!!いいのっ」フンッ


エレミカ「」


アニ「…そう。勝手にしたら?」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:22:37 ID:DVCVp4..
アルミン「………」モグモグ


アニ「………」モグモグ


アルミン「………」ハムハム


アニ「………」ムシャムシャ


アルミン「………」ゴクゴク…


アニ「……ねぇ」


アルミン「!?はひっ!」ゲホゲホ

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:24:46 ID:QRpyxlDY
これはかわいい

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:25:32 ID:DVCVp4..
アニ「何で来たのかは知らないけど、来といて無言ってのは失礼なんじゃないの?」マッタク…


アルミン「そ、そうだよねっゴメンねっ…ちょっとイライラしてて…」アセアセ


アニ「……何?あの仲良し二人と喧嘩でもしたの?」


アルミン「……うん」


アニ(あ、仲良し、は否定しないんだ)

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:31:13 ID:DVCVp4..
アルミン「アニはさ、エレンと仲がいいよね……?」


アニ「…別に。アイツが勝手に技教えてくれ!って来てるだけだよ」


アルミン「ふふふ。でも周りから見るとすごく仲良さそうだよ?」


アニ「……そう」


アルミン「うん!エレンも楽しそうだし。対格闘訓練のときなんか、今日こそアニを倒してやる!っていつも張り切っちゃって―」ペチャクチャ

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:35:54 ID:DVCVp4..
アニ「……アンタさぁ、アイツと喧嘩中なんじゃなかったの?」


アルミン「!?あ、そ、そうだよ!?エレンのことなんてどうでもいいからっ」フ、フンッ


アニ「……そ」


アニ(全然どうでも良さそうじゃなかったよね……ったく…何であたしがこいつ達の痴話喧嘩に巻き込まれなきゃいけないの……)モグモグ

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:39:38 ID:DVCVp4..
アルミン「アニはさ、対格闘訓練のとき、なんていうか…すごく生き生きしてるよね?」


アニ「………別に、そんなことないけど」…


アルミン「そうかな?でも僕は格闘訓練してるときのアニの楽しそうな姿、好きだよ?」ニコッ


アニ「…っ」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:45:16 ID:DVCVp4..
アニ「…じゃ、教えてあげてもいいけd…アルミン「本当に!?」



アルミン「やったぁ!!アニの足技、かっこいいから憧れてたんだよねっ」ニコニコ



アニ「…っ。ま、まぁアンタみたいなひ弱なやつが覚えられるとは思えないけどねっ」フ、フンッ


アルミン「そうだよね……でも頑張るよ!覚えられたら嬉しいからね」



アニ「……」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:50:06 ID:DVCVp4..
アニ「…ま、まぁアンタならなんとかなるんじゃないの?………アンタ、ひ弱だけど意外と根性あるし」



アルミン「え、そうかな…?ありがとう」テレテレ


アニ「べ…別に…」



アルミン「あ、じゃあさ、あの足技は膝を使って――」

アニ「違うよ。膝よりもスネで回すように蹴って――」


――――――

――――

アルミン「―なるほど…。あ、じゃあ僕そろそろ寮に戻るね」


アニ「あ、あぁ」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:54:01 ID:L0BDzFJU
スレタイで萌えた。

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 20:58:07 ID:.N7J/Gqc
負けたく、ないからの続きだったりする?

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:04:33 ID:DVCVp4..
>>25
別の話。がんばるアルミン書いてたら、どうしても可愛ミンが書きたくなって立てた。我慢できなかった。

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:06:06 ID:DVCVp4..
アルミン「~♪」


エレン「あ、アルミンっ」


エレン「いっしょに風呂に…アルミン「マルコ!」


アルミン「いっしょにお風呂行かない?」


マルコ「?もちろんいいけどエレンが…アルミン「やった、ありがとうマルコ」ニコニコ


エレン「」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:10:20 ID:DVCVp4..
ジャン「マルコ、風呂いくぞ!って、何でそいつが…」


アルミン「その…僕がいっしょに行こうってお願いして……えっと、迷惑、だったかな?」フアンソウッ


ジャン「…っ。別にかまわねぇけど。」


マルコ「じゃあ行こうか」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:15:57 ID:DVCVp4..
浴場

カポーン…ザバァーン…


アルミン「ふぅ」

マルコ「ふぅ」

ジャン「ふぅ」



アルマルジャン「………」ジワワ-ンッ

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:20:55 ID:DVCVp4..
マルコ「ふー…癒されるねぇ」


アルミン「うん…1日の疲れがとれるよ…」


ジャン「……まぁな」



マルコ「で」


マルコ「どうしたの、アルミン?」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:25:05 ID:DVCVp4..
アルミン「………」ブクブク


ジャン「おいおい沈むなよ…」


マルコ「何かあったんだよね?」


アルミン「…さすがだね、マルコは。…うん」


マルコ「ははは、誰でもエレンとのあの様子見てたら気がつくよ」アハハ

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:30:02 ID:DVCVp4..
アルミン「……ちょっと…喧嘩しちゃって」


マルコ「喧嘩?いったいどんな?」


ジャン「………」


アルミン「それは……秘密」


マルコ「…そっか」


アルミン「で、でも気にしないでっそんなに大したことじゃないから」アセアセ

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:33:56 ID:DVCVp4..
ライナー「気にしないでって言われるとよけい気になるよな?」


ジャン「あぁ…まったくだぜ…ってライナー!?とベル……とにかくナチュラルに話しかけてくんなよ!びっくりするだろ…」


マルコ「まぁまぁ」


ベルトルト「………」

ライナー「で、何で喧嘩したんだ?アルミン」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:37:35 ID:DVCVp4..
アルミン「それは、その……あんまり…言いたくないんだ…、どうしても、言わなくちゃ、ダメ…かな…?」


ライナー「いや、全然問題ない」キリッ



ベルトルト「ライナー…」ササッ


ジャン「お前…」ササッ


マルコ「うわっ…」サササッ


アルミン「…」サササッ


ライナー「はっ!ち、違うっ!これは浴場の雰囲気にまどわされて……っておい、そんな目で見るなぁぁっ!!」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:42:50 ID:DVCVp4..
ジャン「冗談だ……そんなに気にするなよ。お前らしくもないぞ?」サササッ


マルコ「ライナーは優しい人だからね。場の空気を和ませようとしてくれたんだろ?」サササッ


アルミン「そうだよ、ライナーのことはちゃんとわかってるからさ」ササササッ


ベルトルト「まったく、何年の付き合いだと思ってるの?もっと信用してくれてもいいんじゃないの?」ササササッ


ライナー「だったら離れるのをやめろぉっ!!!!」


ワイワイ

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:45:28 ID:DVCVp4..
アルミン「…ふふふ。でも本当に気を使ってくれてありがとう。ライナー」


ライナー「あ、あぁ」ソワソワ


アルミン「…本当は……二人のこと嫌いになった訳じゃないのに、意地を張って冷たくしちゃったんだ…エレンも…ミカサも、あんな態度とっちゃって…きっと怒ってるだろうな…」シュン…


マルコ「アルミン……人の気持ちは、ちゃんと聞いてみなきゃわからないだろ?」


アルミン「……」

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:50:12 ID:DVCVp4..
マルコ「アルミンはすごく賢いけど、二人のことになるといつもオロオロしてる。それは…二人のことがとても大切だからだ……違うかい?」


アルミン「……そうだよ」


マルコ「エレンもミカサも……いつも自分の意志を曲げないのに、アルミンが怒ったときはすぐに謝ってくれたんだろ?それは二人とも、アルミンのことを大切に思ってるからじゃないのかい?」


アルミン「…っ」


マルコ「…そんな二人が、アルミンのこと許さないわけがないだろ?」ニコッ

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:57:00 ID:DVCVp4..
アルミン「マルコぉ…」ウルウル


ジャン「…やっぱりマルコは指揮官に向いてるな」


ライナー「……」ジーッ


ベルトルト「ライナー、アルミンを凝視するの本当に止めて。君のこと本気で避けるよ?」


ワイワイガヤガヤ


アルミン「エレンとミカサに、謝ろうと、思う」ポツリ


マルコ「うん。それがいいよ」

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 00:02:44 ID:WLMsxdTk
アルミン「でも…これほど二人に冷たくしちゃったの初めてだから…こういうとき、どうやって謝ればいいかわからないんだ……」


マルコ「………」





ジャン「…こんなとき、どうやって謝ればいいかわからないのっ」ウラゴエ

マルコ「ジャン、止めて」

ベルトルト「本当に空気読んでよ」

ライナー「それ、面白いと思ったのか?」

アルミン「ごめん、ちょっと笑えない」



ジャン「え」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 00:07:25 ID:WLMsxdTk
アルミン「…なんか、ちょっと湯冷めしちゃったから出るね」ザパァ


マルコ「あ、僕も……なんかどっと疲れがでたよ」ザバァ


ライナー「そうだな…もう寝るか」ザバァーン


ベルトルト「うん……明日も訓練か」ザババァーン


ゾロゾロゾロゾロ

カランカラ-ン…ピシャリッ





ジャン「」ポツーン

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 00:13:24 ID:WLMsxdTk
――――――

――――

朝、食堂


アルミン(昨日は結局あのまま寝ちゃって、何も相談できなかったな…)

アルミン(うーん、いきなり二人のとこに戻るのも気まずいし…)

アルミン(誰か……あ、)


アルミン「あ、あの…ここ…座ってもいいかな……?」アセアセ




サシャ「?いいですよ!ご飯は大勢で食べた方が美味しいですからね!」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 00:17:51 ID:WLMsxdTk
サシャ「うーん、このスープ美味しいです!!」モグモグガツガツ


アルミン「……」ジ-ッ


サシャ「あ、なかなかどうして……サラダも悪くないですねぇ~」バクバクムシャムシャ


アルミン「……」ジーッ


サシャ「これは……パァンが2つ!?」パァッ


アルミン「……っ」フフフ


サシャ「も、もぅっどうして笑うんですか」プンスカ

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 00:22:08 ID:WLMsxdTk
アルミン「ごめんごめん…サシャを見てると楽しくてつい」ニコニコ


サシャ「?見てるより、いっしょに食べる方が楽しいですよ?」ガツガツ


アルミン「ふふふ、そうだよね」ニコニコ


サシャ「ええ!アルミンもエレンやミカサと食べるご飯は、美味しいでしょう?」ニコッ


アルミン「…っ!?………うん」モグモグ

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 15:40:20 ID:WLMsxdTk
サシャ「?どうかしたんですか、アルミン?そういえば今日はミカサやエレンとお食事してないですけど…」モグモグ


アルミン「…サシャにまで気付かせちゃったか、ははは…情けないな、僕って…」モグモグ…


サシャ「………」ジーッ


サシャ「アルミン!」ガタンッ


アルミン「!?ふ、ふぁいっ!?」ゲホゲホ

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 15:45:12 ID:WLMsxdTk
サシャ「よかったら、話してみてください!」


サシャ「ご飯はみんなで食べると美味しいですけど…悩み事も、みんなで分け合うと苦しくないですから」ニコッ


アルミン「………」ジーッ


アルミン「……ごめんね、サシャ。僕は…昨日からみんなに迷惑かけてばかりだ」シュンッ

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 15:49:08 ID:WLMsxdTk
アルミン「エレンと、ミカサと、喧嘩したんだ…二人は…僕に頼みたいことがあったけど……僕は、どうしても、……それを受け入れられなかった」ポツリ


アルミン「二人が……僕に、頼むなんて……どうしても信じたくなかった…」


アルミン「二人なら、自分でできるはずなのに……よりによって僕に」ウルウル


サシャ「それは…どんな頼み事なんですか?」

59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 15:55:41 ID:WLMsxdTk
アルミン「……言えない。どうしても言えないよ…ごめんね、サシャ…」


サシャ「ふむ…」


サシャ(これは……重症ですねぇ)ウーン


サシャ「でしたら、アルミン!」


サシャ「理由は聞きません!私に協力させてください!」

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:01:19 ID:WLMsxdTk
アルミン「そんな、サシャまで…サシャ「お代はっ」


サシャ「パァン1つで、けっこうですので」ニコッ


アルミン「サシャぁ」ウルウル


サシャ「ふふふ、アルミン私の女気に惚れちゃダメですよ?」


アルミン「あはは、気をつけるよ」


サシャ「はいっ!では、次は対格闘訓練なので、またあとで話し合いましょう」カタンッ

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:04:08 ID:WLMsxdTk
アルミン「うん……あ、サシャ!」カタンッ


サシャ「はい?」クルッ


アルミン「でも、僕は前から、サシャのこと、大好きだよ?」ニコッ


サシャ「!?えっ!?」


アルミン「じゃあ、またあとでねー」タッタッタッタッ


サシャ「な、な…」カァ


サシャ「アルミン…恐るべしです…」

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:06:25 ID:WLMsxdTk
――――――

――――

対格闘訓練


アルミン「………」キョロキョロ


アルミン「あ」


アルミン「いたっ、おーい」フリフリ


アニ「…本当に来たんだ」


アルミン「うん!」

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 18:25:42 ID:W4PVn3eA
アルミンハーレムはあるのに、何でコニーハーレムはないんだ…。

79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 20:12:22 ID:WLMsxdTk
アルミン「っわ」クルンッ ドサッ


アルミン「痛たた…すごいなぁアニは…」サスサス


アニ「……別に」


アニ「……あんた、まだあの二人と喧嘩してんの?」カマエッ


アルミン「……うん」エイッ


アニ「……いい加減にしなよ、あの二人も…あんたも、ウジウジして見てられないから」サッ

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 20:17:11 ID:WLMsxdTk
アルミン「でもっどうすればいいか…」トウッ


アニ「そんなの」シュッ

アルミン「!?」クルンッ


アニ「決まってるでしょ」ドサッ


アニ「あいつと話しなよ」パッパ


アルミン「…っ」

81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 20:21:57 ID:WLMsxdTk
アルミン「………」


アルミン「わかった」


アルミン「もう、みんなに迷惑をかけてられない!!まだ、どうすればいいかわからないけどっ」キリッ


アルミン「全て、終わらせてくる!!」バァァンッ


アニ「……よし、行ってきな」フンッ


アルミン「うん!」タッタッタッ

82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 20:26:50 ID:WLMsxdTk
――――――

――――

アニ(エレンは馬鹿と組んでるのか…)


コニー「?どうした?いつもよりトロいぞ?」


エレン「あ?別になんでもねぇよ」シュン


アルミン「………」タッタッタッタッ


アニ(!!アルミンが行った…)

83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 20:32:51 ID:WLMsxdTk
アルミン「ぅ…」ウロチョロ


アニ(あれ?)


アルミン「…」キョロキョロ


アルミン「…」エレンヲ、ジーッ


アルミン「…っ」ダッ


アニ(!行ったっ)

84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 20:36:13 ID:WLMsxdTk
アルミン「ぅー…」ピタッ


アルミン「…く」アセアセ


アニ(行かないのかい…)


アルミン「ぁー…」パクパク


アニ(口パクパクさせて何してんの…?)

85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 20:40:40 ID:WLMsxdTk
アルミン「ぅー…」コホンッ


アルミン「ぁーエレェン…?」アセダラダラ


アニ(声ちっちゃ!てか、5mも後ろから話しかけて聞こえるわけないだろ!!)


エレン「――っ!!」


コニー「――ろ?」


アニ(ほら…全然聞こえてないよ……)


アルミン「……エレェ-ン…」ウルウル

86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 20:46:07 ID:WLMsxdTk
アルミン「…っ」ゴシゴシ


アルミン「………」ジーッ


アルミン「……」スゥッ


アルミン「……え、えれっ」



アニ(お!?)


エレン「ん?」オレェ?


エレン「?」キョロキョロ

87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 20:50:44 ID:WLMsxdTk
アルミン「…っ!え…れ」プルプル


エレン「!!」


エレン「アル?ミ……アルミン「エレキブルゲットだぜぇ!!」

エレン「」


アルミン「やったね!!マルコ!!」


マルコ「え?あ、うん。おめでとう…?」


エレン「…」シュンッ


アニ(あ、ダメだこの子)

89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 20:56:39 ID:WLMsxdTk
キース「アルレルト訓練兵…」ゴゴゴゴ


アルミン「!?」


キース「貴様……今なんと言った?」ゴゴゴゴ…


ザワザワザワ


アルミン「…っ、エレキブル…ゲットだぜぇ、と、拳を振り上げて、高らかに叫びました…」プルプル


キース「……わからんな、なぜ、今、エレキブルの話しをした」ゴゴゴ


アルミン「…っ。それは、なぜエレキブルは通信交換をしないと…手に入らないのか、という話しでしょうか……」ウルウル

90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 21:00:29 ID:WLMsxdTk
キース「………」


アルミン「…っ」


アルミン「よ、よかったら……僕が相手になりましょうか?」オズオズ


キース「…相手?」



アルミン「は、はい!たまたま…エレキブースターを2個、持っていますので……」



キース「………」


アルミン「………」ニコッ


――――――

――――

アルミン「っはぁはぁはぁ…」ムシノイキッ

91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 21:05:45 ID:WLMsxdTk
アニ「あんた…本当に座学1位なの……?」ミズ、サシダシ


サシャ「アルミン!あの返しはみごとでしたよ」ニコニコ


アルミン「はぁ…はぁ…ありが、とうアニ、サシャ…」フラフラ



マルコ「二人から話しは聞いたよ。二人とも協力してくれるんだってね」

92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 21:10:22 ID:WLMsxdTk
アニ「…まぁ、あんな風にウジウジされたら、こっちが気になるし」フンッ…


サシャ「アルミンからパァンをもらうためですからね!!」ニコッ


アルミン「本当にありがとう…みんなぁ」ウルウル


ベルトルト「………」


マルコ「よし、じゃあ作戦を練ろうか!!」


ライナー「おぅ!!」


ワイワイ…

97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 23:22:55 ID:WLMsxdTk
――――――

――――

チュンチュンチュン…


アルミン(よし、昨日はみんなで作戦を練った!大丈夫だ…行くぞっ…)



マルコ(がんばれっアルミン!!)

98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 23:26:25 ID:WLMsxdTk
――作戦その1――

ジャン『まぁあれだ。今日はごちゃごちゃしちまったから緊張してんだよ』


ジャン『朝になったら意外と平気なんじゃねぇの?』


マルコ『よし、じゃあ作戦その1っ寝起きでごめんなさいだ!!』


―――――――――

アルミン「眠い……よし、この倦怠感なら大丈夫だ…」ウトウト

99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 23:33:43 ID:WLMsxdTk
アルミン「よし……エレンのベッドに行くぞ……えっと、何て言おう……えr……エレン「アルミン!!」


エレン「やっぱりちゃんと話し合……アルミン「エリンギっ!!」ダッ


アルミン「」ヒュ-ッバタンッ


エレン「」


――――――

――――

アルミン「はぁ…はぁ…いきなり来るのは反則だよぉ」ウルウル

100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 23:41:21 ID:WLMsxdTk
食堂


アルミン(うぅー…結局食堂まで来ちゃったよ……)


アルミン(……でもめげてられない!!よし!作戦その2だ)


――作戦その2――

マルコ『……それか、エレンに話しかけづらいならミカサに話しかけたらどうだろう?』


ライナー『!?それはいい考えだなマルコ』


ジャン『…まぁミカサなら優しいからすぐ許してくれるだろう』


マルコ『よし!作戦その2!ミカサを狙え!!だ』


―――――――――


アルミン(……ターゲットはミカサだ!!よし、ミカサが1人になったときに話しかけるぞっ)

102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 23:46:02 ID:WLMsxdTk
ミカサ「エレン、いっしょに食べよう…」


エレン「あ?あぁ…」


アルミン「………」ジーッ


ミカサ「エレン、頬にパンくずついてる」


エレン「お前は俺の母ちゃんかよ…」


アルミン「………」ジーッ


エレン「ちょっとトイレ」カタッ


アルミン「!?」ガタンッ


ミカサ「そう…私は食べ終わった。今のうちに女子寮に戻って訓練服に着替えてくる。エレンを待たせたくない…ので最速で行く」ビュンッ


アルミン「………」

103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 23:52:58 ID:WLMsxdTk
アルミン「無理」


アルミン(ミカサは常にエレンのそばにいるし、そうじゃないときは速すぎて追い付けない…)


アルミン(……というか、二人とも…僕がいなくてもいつも通りじゃないか……ひょっとして、僕がいない方が邪魔にならな……エレン「はぁぁ……」


エレン「今日もアルミンどっか行っちまったな…」ポツリ…


ミカサ「えぇ…。……寂しい。また3人でご飯たべたい…」シュン…


アルミン「…っ」

104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 23:56:57 ID:WLMsxdTk
アルミン(僕は…っ馬鹿だ……)ウルウル


アルミン(早く二人と仲直りしないと!!)キリッ


アルミン(よし!次の作戦だ!)


――作戦その3――


ベルトルト『……それでもダメなら、そうだね…いっそ手紙でも書いてみたら?』


サシャ『うーん、そうですねぇ。直接がダメならそれでもいいんじゃないですか…?』


ベルトルト『………』


マルコ『うん。じゃあ作戦その3手紙。』


ベルトルト(雑になってきたな……)


―――――――――

105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 00:01:35 ID:hLEuHLDw
アルミン「手紙かぁ……」ボソリ


アルミン(……大丈夫、文章なら得意だ!書くぞぉぉ!)ォオッ


アルミン(書くぞぉ)カリカリカリカリ


アルミン(書くぞ…)カリカリカリカリ


アルミン(………)カリカリカリカリ



アルミン(書く?ぞ…?)カリカリカリカリ

106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 00:03:22 ID:hLEuHLDw
ミカサ「エレン!アルミンから手紙が!!」ザザッ


エレン「何!?読むぞ!!」バァッ!


――――――

――――

107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 00:12:30 ID:hLEuHLDw
――――――――――――――――――――

拝啓 エレン様ミカサ様

本日はお日柄も良く、訓練には大変適した―日ですね。こんな暖かな日差しの中にいると三人で共に夢を語り合った、あの頃のことを思い出します。覚えているでしょうか。あの爽やかな草原に伏せって、外の世界について話し合った日々を。思えばあの頃の私はいつも二人に頼ってばかりでしたね。僕が森に入って、急に蝶々を集めたいといったこと、覚えてますか。二人がカブトムシが良いと言うのに反対して蝶々の魅力について語り続け、気づけば既に日が暮れていました。申し訳なさで泣く私を二人は優しく慰め続けてくれましたね。今の私はその時と同じような気持ちなのかもしれません。その後、また三人でカブトムシと蝶々を取りに出かけましたよね。容赦なく照り続ける日差しの中、共に汗だくになりながらも蝶々を探し続けましたが結局見つからず、日も暮れ、諦めかけたその時に舞い上がった蝶々の大群は今でもよく覚えています。あれはまるで花束を夕空に投げ捨てたかのような美しさでした。きらびやかな揚羽蝶。純白のレースのような紋白蝶。僕はそのあまりの美しさに目を奪われ、結局―匹の蝶々も捕まえることができませんでした。そういえば蝶々の生態についてはお話したでしょうか。蝶々は卵、幼虫、蛹、成虫と進化します。これを完全変態といい、蝶々は完全変態の例としてよく挙げられる生き物です。幼虫は外見や行動によって青虫、毛虫、芋虫に分類され幼虫はほとんどが草食で、種類によってほぼ同じ物を食べ続けます。また…

――――――――――――――――――――

108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 00:14:07 ID:hLEuHLDw
エレン「………」


ミカサ「………」


エレン「………」


ミカサ「………」


エレン「……で」


エレン「結局、何が言いたいんだ…?」


ミカサ「…全くわからない」


アルミン(うわぁぁ!!遠回しに書きすぎたぁぁ!)ゴロンゴロン

109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 00:19:28 ID:hLEuHLDw
ミカサ「……しかも同じくらいびっしり書かれた手紙が、あと10枚ある」


エレン「………」


ミカサ「………」


エレン「……あとで、読むか」


ミカサ「うん」


アルミン(いやぁぁ!黒歴史決定っ!!)ゴロンゴロンッ


マルコ(アルミン…廊下で何してんの…?)

110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 00:22:18 ID:kxx4eKhs
あざといぞあるみん
ぼ、ぼくはそんなのにだまされないんだからね

111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 00:24:32 ID:hLEuHLDw
アルミン「………」


アルミン「…何してんだろ、僕」ボソリ


アルミン「………」


アルミン「っ」


アルミン「まだだ!まだ作戦があるぞっ!!」キリッ

114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 01:01:27 ID:SeZbX0OQ
手紙wどんだけ蝶々すきなんだよアルミン

115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 19:56:06 ID:hLEuHLDw
――作戦その4――

マルコ『えっと、手紙でダメだった場合は?』


ライナー『………』


ベルトルト(手紙で、ダメ……?)


アニ『……いっそ口でも文字でも無理だったらもう体当たりでしかないだろ』ヒユ、テキナイミデッ


マルコ『…そうだね』ハハハッ


ベルトルト(え?そうなの?)


マルコ『じゃあ作戦その4は体当たりでー』


ワハハハハッ


―――――――――

アルミン(ん?体当たり?なんでそれで謝ったことになるんだ…?)

116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 20:01:29 ID:hLEuHLDw
アルミン(いや、今の僕はさっきの黒歴史作成で混乱してる…)


アルミン(全く意味がわからないけど、みんなを信じて体当たりだ!)


アルミン(きっと僕が知らないだけで、体当たりにはごめんなさい的な意味があるんだ!!)


アルミン「」ダッ

117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 20:05:45 ID:hLEuHLDw
アルミン「エレンっ!!」ドンッ


エレン「!?アルミ…アルミン「」ダッ


エレン「は?おい、さっきからどうし…アルミン「攻撃!」ドスン


アルミンのたいあたり!!エレンに100のせいしんてきダメージをあたえた!!


アルミン「……っ」タッタッタッタッ


エレン「」

119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 20:10:27 ID:hLEuHLDw
エレン「」


アルミン「…」タッタッタッタッタッ


エレン(!?戻ってきた!?)


アルミン「…」


エレン「…」


アルミン「…ゴメンネッ」


エレン「!?」


アルミン「」タッタッタッタッタッ

121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 20:15:59 ID:hLEuHLDw
アルミン(……何やってんだ僕。冷静に考えて体当たりが謝罪になるわけないじゃないか…)


アルミン(もっと落ち着こう、僕。座学トップとしてのアイデンティティーを取り戻すんだ……)


アルミン(落ちついて考えろ…落ちついて……)


アルミン「は!」


アルミン(僕さっきごめんねって謝ったじゃないかぁぁぁ!!)

122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 20:18:21 ID:hUVzXO3Y
このアルミンはあざとい

123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 20:19:07 ID:G3OMdmiA
かわいい

124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 20:20:50 ID:hLEuHLDw
アルミン(エレンは!?)ジーッ



ミカサ「!?エレン、そんなところで倒れてどうしたの!?」


エレン「……なんか、アルミンが急にやって来て攻撃したと思ったら戻って来て……ジーっと睨んだあと、戻っていった……」


アルミン(聞こえてなかったよ!!)


エレン「アルミン……やっぱり怒ってんのかな?」


アルミン(謝罪どころか悪化してるよ!!)

125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 20:25:39 ID:hLEuHLDw
ミカサ「…わからない。さっきの手紙も、空白無しでびっしり埋め尽くされていた。それが何枚も……もしかしたら嫌がらせなのかもしれない」シュン


アルミン(違うよミカサ…蝶々のこと思い出したらヒートアップしただけだよ…)


エレン「そっか……はは……すっかり嫌われちまったな」ウツムキッ


アルミン(え…エレェン…違うよ……)


ミカサ「……アルミンが、私達の、前から、いなく、なる…?嫌…そんなの」ウルウル


アルミン(いなくなったりしないよ、ミカサ……僕はずっと三人でいっしょにいたいよ……)


ミカエレ「………」


アルミン(………)

126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 20:30:17 ID:hLEuHLDw
アルミン(もう、あとがないぞ……)


アルミン(………どうしよう、僕の考えじゃ『ここでエレンとミカサに話しかけ、考えがまとまっていなくてもいいから精一杯思っていることを打ち明けてから、謝る』ってのが一番の解決策だけど)ウーン…


アルミン(マルコにも言われたように僕は二人のことになると判断力が鈍ってしまう……)


アルミン(よし、ここは作戦に従った方が良いと判断するっ!!)キリッ

129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:12:46 ID:hLEuHLDw
――作戦その5――

ジャン『…でさぁ、そのときにマルコが、じゃあ巨人でも連れてくれば?って言ってさ』

ワハハハハッ


サシャ『あははは、マルコも言いますねぇー』


マルコ『あの時はついカッとしちゃてさー』


アニ『わからなくもないね…そういや作戦は?』


サシャ『ん?あぁまぁ美味しいものでも食べとけばみんなご機嫌でしょう!』


マルコ『だね、じゃあ作戦その5は食べ物でー』

アハハハッサシャカヨッ…

ソンナコトヨリ、コノマエサ-…

―――――――――


アルミン(よし!食べ物だ!!)

130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:16:05 ID:hLEuHLDw
アルミン(食べ物か…うーん、食べ物といってもいろいろあるしなぁ…)


アルミン(というかみんな同じ物を配給されてるし…)ウーン…


アルミン(どうしよう……あ、そうだ!)


アルミン(捕ってくればいいじゃないかぁぁぁ!!)



アルミン(よし、作戦決行だ!)キリリッ

131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:20:09 ID:hLEuHLDw
――――――

――――

食堂

エレン「…なんか今日は疲れたな」スタスタ


ミカサ「…えぇ。早く夕食を食べてもう寝たい」スタスタ


エレン「…ん?イスになんか……」


エレン「」


ミカサ「」


ミカサ「…これは」


アルミン(イスの上にウサギを置いておいたよ!!)


ウサギ「………キュウッ」

132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:23:16 ID:hLEuHLDw
ミカサ「………」


エレン「………」


アルミン(ミカサは山暮らしのころ、よく食べてたって言ってたし喜んでくれるはずだ!!)


ミカサ「ウサギが…イスに繋がれている」


エレン「…寝てるな」


アルミン(…この世界は残酷だけど……ウサギはとても愛らしい…僕にはどうしてもできなかった)

133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:26:09 ID:hLEuHLDw
ミカサ「………」


エレン「………」


ミカサ「………」


エレン「……野に、返すか」


ミカサ「うん」ポイ


アルミン(す、数時間かけて捕まえたのに!!)

134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:30:14 ID:hLEuHLDw
アルミン(なんだかさっきからすごく空回りしてる気がする…)


アルミン(…ことごとく作戦失敗した疲労で思考力も鈍ってるし)


アルミン(それに今日の僕は回りから見るとちょっと変な気がする……)


アルミン(……いや、あのアニやサシャ、ジャンが頑張って作戦を練ってくれたんだ!!僕が信じないでどうするんだ!!)


アルミン(よし!!やるぞ!!)

135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:34:08 ID:hLEuHLDw
――――――

――――

翌日


アルミン「………」


マルコ「………」


ジャン「………」


アニ「………」


サシャ「………」


ライナー「………」


ベルトルト「………」

136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:39:17 ID:hLEuHLDw
アルミン「…ごめん、みんな……」


マルコ「…いや、なんか…こちらこそごめんね」


ジャン「まさか後半の雑談を本気でやるとは思わなかったぜ……」


アルミン「はは……そうだよね。朝になってから冷静に考えたら1日でびっくりするくらい黒歴史量産してたから本当に驚いたよ……」


アニ「……しょうがないね。私からエレンに話してみるよ」


アルミン「!?」

138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:43:48 ID:hLEuHLDw
サシャ「私からもミカサに話してみます!!」


アルミン「サシャ…アニ…本当にありがとう。今度必ずお礼するよ…!」


サシャ「いえいえ、パァン1つでけっこうですよ」


アルミン「いや、それじゃあ僕の気持ちがおさまらないよ。ここまでしてくれたんだ…」


アルミン「えっと、じゃあ、みんなの頼み事を1つずつかなえるよ!!僕にできることだったら何でもするから言ってね」ニコニコ


アニライ「!?」

141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:48:07 ID:hLEuHLDw
アニライ(何でも…だと……?)


マルコ「あはは、座学トップが頼み事聞いてくれるんだったら嬉しいよ。勉強のコツでも教えてもらおうかな」フフフ


アルミン「そんなことでいいなら喜んで!」


サシャ「じゃあ今度いっしょに街にお出かけしましょう!美味しい食べ物屋さんがあるんです!!」


アルミン「うん!僕も楽しみだよ」ニコニコ


アニライ(………)

144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:52:55 ID:hLEuHLDw
ジャン「俺はミカサとの関係を取り持ってもらう!!」


アルミン「……一応頑張るよ」


ベルトルト「アルミン!!僕は名前を布教してもらう!!どんな手を使ってもいい、だから頼むよ!!」


アルミン「…全力を尽くすよ」




アニライ(………)

145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 23:57:40 ID:hLEuHLDw
アニ「………私は、保留で」


ライナー「!!……俺もだ」


アルミン「了解。なんでも言ってね」ニコニコ



ベルトルト(……アニ、ライナー、まさかな)


ベルトルト(……いやいやいや無い。ライナーはともかくアニは無い。うん、無い)


ベルトルト(ライナーは……)


ベルトルト(……考えたくないな)

147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 00:01:53 ID:lXQa.4mg
アニ「…それじゃあ私がエレン、サシャがミカサに話をつけて夕食後呼び出す」


サシャ「はい、がんばります!!」


マルコ「うん。そこで三人には話合ってもらうよ」


ライナー「勝負は夕食後、決めるってわけだな」


ベルトルト「うん」


アルミン「なんか緊張するね…」


ジャン「おいおい、大丈夫かよ…」


マルコ「よし!じゃあ解散だ!また夕食後に!!」


オォォ!!

149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 00:05:18 ID:n902.CHE
     ...| ̄ ̄ | < で?続きはまだかね?
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ|:::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i~^~^~^~^~^~^~

151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 20:16:50 ID:lXQa.4mg
アルミン(あぁー緊張するなぁ二人になんて言おう…)


アルミン(…まぁ普通は冷たくしちゃってごめんね…とかだよね…)


アルミン(…というかそもそも二人があんなこと言い出すからいけないんだよ)…


アルミン(……本当に、二人があんなこと考えてたなんて……なんで、す…ベルトルト「ねぇ、アルミン…」



アルミン「あ、どうしたのベルトルト」

152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 20:19:39 ID:lXQa.4mg
ベルトルト「…君は僕の名前をちゃんと呼んでくれる数少ない内の一人だ……だから本当に感謝してるんだ」


アルミン「う、うん?」



ベルトルト「……だから君のためを思って言うけど…本当にあんなこと、言ってよかったの?」


アルミン「?あんなこと…?」



ベルトルト「うん…なんでもするって……」

153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 20:24:16 ID:lXQa.4mg
アルミン「あぁ。心配してくれたの?ありがとう。……まぁ確かに、すごい重労働なんか頼まれたら大変そうだけど…」



アルミン「みんなが僕のくだらない相談に付き合ってくれたんだ!これくらいしないとね」ニコニコ


ベルトルト(アルミン…君は何もわかってないよ…!このままじゃ相談とかじゃなくて、とんでもないことに付き合わされちゃうんだよ!?)


ベルトルト「……今からでもさっきの発言は取り消した方がいい…まだ間に合うはずだ」

154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 20:31:21 ID:lXQa.4mg
アルミン「それはできないよベルトルト」



アルミン「僕は、どうやって謝ればいいかわからないっていう、くだらない悩みのために君達を巻き込んだんだ」



アルミン「僕一人で解決しないといけない問題に君達を付き合わせたんだ」



アルミン「もちろん、君達が見返りを求めてそんなことしたんじゃないってことはわかってる」

155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 20:35:48 ID:lXQa.4mg
アルミン「……でもね、僕にだって意地があるんだ!」


アルミン「助けられてばかりなんて、そんなこと絶対にできないよ!」



アルミン「こればかりはどうしても譲れない…」


アルミン「みんなが助けてくれて、本当に嬉しかったってこと」



アルミン「微力でもいい、せいいっぱい、みんなに伝えたいんだ!」キリッ



ベルトルト(そういう問題じゃないよアルミン!!本当に、微力以上のこと頼まれちゃうよ!?)

156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 20:41:07 ID:lXQa.4mg
ベルトルト(というか、謝るのが恥ずかしいとか、蝶々がどうとか言っておきながら、なんでそういうところは男らしいんだよ!!!)


アルミン「…だから、どんなことでも、僕は全力で手伝いたいんだ」キリリッ



ベルトルト「……わかった。じゃあせめてライナーだけでも断った方がいい」


アルミン「え?ライナー?どうして?」



ベルトルト「いや、どうしても何も、ライナーはあきらかにホm…ライナー「何話してんだ?アルミン、ベルトルト」ガシッ

158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 20:45:47 ID:lXQa.4mg
アルミン「あ、ライナー」


ベルトルト「」



ライナー「なんか俺の名前が聞こえたんだが、なぁ、ベルトルト…」カタクミッ


ベルトルト「」



アルミン「ベルトルトが『何でもする』ってのは取り消した方がいいって、心配してくれてたんだ」



ライナー「……ほぅ」

159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 20:51:59 ID:lXQa.4mg
ベルトルト「…っ。そうだよライナー…『誰か』が、とんでもないこと、頼むんじゃないかって心配でね……」キッ


ライナー「………」



アルミン「?」


ライナー「……そうか。すまないがアルミン。ちょっと席を外してくれないか?」シュン



アルミン「?わかったよ…じゃあまた夕食後」タッタッタッ

160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 20:55:40 ID:lXQa.4mg
ライナー「………」


ベルトルト「………」


ライナー「…なぁベルトルト」


ベルトルト「…何?言っとくけど力ずくでも止めるからね」


ライナー「お前には…俺は……そんな風に見えるのか?」シュン


ベルトルト「え?」

161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 21:00:44 ID:lXQa.4mg
ライナー「確かに、俺はどっちでも、いける男だ…」



ベルトルト(うわっ…あっさり認めちゃったよ)



ライナー「…お前みたいな普通のやつにとっては気持ちのいいことじゃないだろう……」



ベルトルト「………」

162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 21:04:57 ID:lXQa.4mg
ライナー「……でもなぁ」


ライナー「…俺は相手が嫌がることを無理やり求めたりはしない」


ベルトルト「!?」


ライナー「クリスタとアルミンは俺にとっては天使なんだ…」


ベルトルト「………」


ライナー「…だから二人が嫌がるようなことはしたくないんだ…」



ベルトルト「………」

163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 21:09:29 ID:/ElIHOmA
安心するのはまだ早いぞベルトット…
ライナーが嘘を言っている可能性が…!

164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 21:10:25 ID:lXQa.4mg
ライナー「…でもまぁ、信用ないよな…こんなこと言っても……悪い忘れてくれ」シュン


ベルトルト「もう、いいよ、ライナー」


ベルトルト「君の言いたいことはよくわかった」


ライナー「………」


ベルトルト「だから」


ベルトルト「僕は君を信用するよ」


ライナー「!?ベルトルト…」


ベルトルト「長い付き合いの僕が信用しなくて誰が君を信じるんだ」ニコッ

165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 21:16:19 ID:lXQa.4mg
ベルトルト「あぁー…僕も一応、応援?するよ。そんなに大切に思ってるなら、アルミンだってわかってくれるはずだ」


ライナー「あぁ…ありがとうベルトルト」


ベルトルト「うん。じゃあ次は対格闘訓練だから、僕もそろそろ行くよ」


ライナー「あぁ…」




ライナー「………」


ライナー「………」


ライナー「……ベルトルト、マジちょろい」

167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 21:18:50 ID:/ElIHOmA
ライナァアアアアアアッッ!!!???

168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 21:19:58 ID:lXQa.4mg
――――――

――――

対格闘訓練

アニ「…話がある。いっしょに組むよ」


エレン「!?アニから誘ってくれるなんて珍しいな。あぁ、いいぜ!」


ミカサ「………」


サシャ「ミカサ!いっしょに組みましょう!!」


ミカサ「……わかった」

173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 23:14:57 ID:lXQa.4mg
ベルトルト「…アニとサシャが動いたね」


ライナー「あぁ」


マルコ「じゃあ、様子見をかねて5人で組もうか」


ジャン「かまわねぇけど……5人でどうやって組むんだ?」


マルコ「2・2に分かれて一人が審判すればいいよ」


アルミン「…じゃあ、僕が初めに審判するね」



マルコ「うん」

174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 23:21:06 ID:lXQa.4mg
アニ「……あんた、アルミンと喧嘩中なんだって?」シュッ



エレン「あ?なんでアニがそのこと知ってんだよ…」ササッ


アニ「…あいつから聞いたんだよ。」シュッシュッ


エレン「!?アルミンから!?」


アニ「おっと」バシュッダンッ


エレン「…っ」


アニ「よそ見してる暇なんてあるんだ」フンッ

175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 23:25:53 ID:lXQa.4mg
アニ「……あいつ、あんた達に冷たくしすぎたって悩んでたよ」ヒュンヒュン


エレン「…っ」サササッ


アニ「…確かにアルミンの対応はほめられることじゃないけど、あんた達だってあいつになんかしたんだろ?」ガッ


エレン「………」ググ…


アニ「今日の夕食後、三人で話したいってアルミンが言ってた」シュバッ


エレン「!?」サッ



アニ「そこで……ちゃんと話し合うんだね」

176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 23:30:42 ID:lXQa.4mg
エレン「……っ」


エレン「俺は……馬鹿だ」ギリギリ


エレン「アルミンは…俺たちがあんなこと頼んだのに」


エレン「俺たちに謝ろうとしてくれてるっ…それなのに……」ウルウル



アニ「………ねぇ」


アニ「あんた達、いったいアルミンに何したんだい……?」


エレン「それは―――」

177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 23:36:14 ID:lXQa.4mg
ベルトルト「ふんっ」テイッ


ジャン「っわ」ドサリッ


アルミン「ベルトルトの勝ち、だね」



マルコ「……アニとエレン、なんか真剣にずっと話し合ってるね」トウッ


ライナー「あぁ…」ササッグルンッ


マルコ「わっ」ドスッ


アルミン「ライナーの勝ち。……あんなに何を話し込んでるんだろ?」

178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 23:40:34 ID:lXQa.4mg
マルコ「痛てて…次は僕が審判やるね」ヨイショッ


ジャン「あぁ…。ん?なんかお互いにうなずきあってるぞ…?」アルミン、クモーゼ



アルミン「うん…何だろう?」エイッ


ベルトルト「…!?握手してるね」オリャッ


ライナー「二人とも表情は真剣そのものだな…」セイヤッ

179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 23:45:41 ID:lXQa.4mg
アルミン「うん……なんだか嫌な予感が…ってわわっ」クルンッドサッ


マルコ「ジャンの勝ちだね。アルミン大丈夫?」


ジャン「もうちょっと鍛えた方がいいぞ…立てるか?」


アルミン「うん…大丈夫だよ。痛た…サシャとミカサは?」


ベルトルト「サシャはまだ切り出してないみたいだよ」ウバシャアッ


ライナー「うおっ」ドサリッ


マルコ「またベルトルトの勝ち。さすがだね」

180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 23:50:49 ID:lXQa.4mg
ベルトルト「ありがと…次は僕が審判やるね……あ、サシャがなんか話し出したよ」


マルコ「うん。にしても真剣だね…」アルミン、クマナイ?


アルミン「いいよ……あ、また握手してる!?」エイッ


ライナー「いったい何だろうな……?」ドグシャアッ


ジャン「っち……サシャの野郎羨まし…おっと」ドテッ


アルミン「あっ」ドサリッ


ベルトルト「ライナーとマルコの勝ち。」


マルコ「よし…じゃあこのまま訓練しつつ観察を続けようよ…次は…」

181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 23:55:44 ID:lXQa.4mg
――――――

――――


マルコ「えっとその……アルミン、大丈夫?」


アルミン「……うん」ボロリ


ジャン「訓練はベルトルトとライナーの圧勝だったな……」


ベルトルト「ありがと…体格差もあるしね……で、アニとサシャはどうしてる?」

182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/30(火) 23:59:50 ID:lXQa.4mg
マルコ「二人とも、訓練が終わるとどっか行っちゃったね…」


アルミン「………」


ベルトルト「うまくいったのかな?」


ジャン「…まぁ失敗報告がないってことはそういうことだろ」


ライナー「あぁ…俺たちが考えてもどうすることもできない…今は夕食後の作戦を練ろうぜ」


マルコ「……そうだね」


ライナー「あぁ…」

183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:05:16 ID:ZM8q8dp6
アルミン(……何だろう…何かひっかかる…)


アルミン(アニとサシャ…途中からやけにこっちを見てたな…)


アルミン(………)


アルミン(……ライナーの言った通り、考えても仕方ないな…今は作戦に取り組むんだ)

184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:10:39 ID:ZM8q8dp6
―――――――

――――

そして、夕食後…


アルミン「………」


マルコ「………」


ジャン「………」


ベルトルト「………」

185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:14:01 ID:ZM8q8dp6
マルコ「…ついにやってきたね」


アルミン「うん…いよいよだ……あれ、ライナーは?それにアニとサシャも……」


マルコ「アニとサシャは二人を呼びに、ライナーはお腹を壊したからあとで来るってさ」


ジャン「俺たちはどうするんだ?」


マルコ「えっと、後ろで待機してよう。ここまできたら結末が気になるしね」


ベルトルト「うん…頑張ってねアルミン」


アルミン「うん…ありがとう」ソワソワ

186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:15:30 ID:ZM8q8dp6
ザッザッザッザッ


マルコ「!?きた!!後ろに隠れるよっ…頑張ってねアルミン」


アルミン「うん……」


ザッザッザッザッ


アルミン「………」


マルコ(………)


ジャン(………)


ベルトルト(………)

187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:20:41 ID:ZM8q8dp6
アニ「…連れてきたよ」


サシャ「………」


エレン「……アルミン」


ミカサ「………」


アルミン「……ありがとうアニ、サシャ…もう戻ってもいいよ」


アニサシャ「………」


アルミン「…?アニ、サシャ?」


サシャ「………」


アニ「…悪いが、アルミン……」



アニ「それは、出来ない」

188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:25:19 ID:ZM8q8dp6
アルミン「!?」


マルジャンベル(!?)


アルミン「…それは……どういうことだい、アニ?」


エレン「………」


ミカサ「……アルミン」


ミカサ「……わたし達の頼み事…覚えてる?」

189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:30:20 ID:ZM8q8dp6
アルミン「…もちろんさ…なかなか忘れられるようなことじゃないだろ?」キッ


ミカサ「……それを…二人に話した」


アルミン「な!?」


マルコ(なんだ…?いったい何が起きてるんだ?)


ベルトルト(…わけがわからない……ライナーは何をしてるんだ!!)


ジャン(ミカサ綺麗だなー)

190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:36:47 ID:ZM8q8dp6
アルミン「な…なんで……」プルプル


ミカサ「そしたら……アニとサシャも、そうするべきだと言ってくれた」


アニサシャ「………」


エレン「……アルミン、俺たちは怒ってない。ただ…」


エレン「この俺たちの頼み事はかなえてもらうしかないんだ、どうしても……」


エレン「……決行するしかない…もう後戻りは出来ない」

191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:42:16 ID:ZM8q8dp6
アルミン「や…やだよ……二人は僕の親友だろ…?どうしてそんなこと言うんだよ…」プルプル


エレン「…親友だからだよ」


ミカサ「……アルミン、この世にはどうしても避けて通れないこともある…これがそう」


サシャ「すみませんアルミン……こればっかりは、どうしようもないです…」


アニ「わたし達がどうこうできるような問題じゃないんだよ……」

192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:45:41 ID:ZM8q8dp6
アルミン「…僕だって、譲れないよ…嫌だ」


エレン「………」


ミカサ「…しょうがない、力付くでも決行する!!」



マルコ「待て!!!」ザザッ


ジャンベル「………」ザザッ


ミカサ「…あなた達は」

194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:52:09 ID:ZM8q8dp6
マルコ「理由はわからない……でもアルミンが困っているんだ僕達が助ける!!」


アルミン「ま、マルコ…」


アニ「…はっあんた達だけでわたし達を倒せるの?」


ジャン「…いくらミカサでも、これは見逃せないな」


ミカサ「…どいて、ジャン。あなた達は何もわかっていない」


ベルトルト「…っわかっているのは、アルミンが嫌がってるってことだよ!!」


アルミン「み、みんなぁ…」ウルウル

195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 00:57:31 ID:ZM8q8dp6
サシャ「……関係ないですね。力付くで行きますよ…」


ベルトルト「…っ数が多すぎるっ!!こんなときにライナーがいてくれたら…っ」


ズザザッ


マルコ「!?」


ライナー「…待たせたな」



ベルトルト「!?ライナー!!!」

196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 01:02:48 ID:ZM8q8dp6
ベルトルト「ライナー!!!君ってやつはっ」


ジャン「っち……遅れてやってくるなんてギザなことしやがるぜ!!」


マルコ「よし!!鉄壁の君がいればっなんとか逃げ切れる!!」


アルミン「すまないっライナー君の力が必要なんだ…っ」


ライナー「あぁ!まかせておけ…」ザッザッザッ

197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 01:10:37 ID:ZM8q8dp6
アルミン(…ん?……待てよ……)

ライナー「……」ザッザッザッザッ

アルミン(ライナーは……今なんて言った?)

ライナー「……」ザッザッザッザッ

アルミン(『まかせておけ』だって……?)

ライナー「……」ザッザッザッザッ

アルミン(待てよ…なんで……)


ライナー「……」ザッザッザッザッ


アルミン(いきなり来た人間が 瞬 時 に 状 況 を 把 握 で き る ん だ ?)


アルミン「ベルトルト!!ライナーから離れろ!!!」


ベルトルト「えっ…」グルンッドサリッ!



ライナー「すまんな、ベルトルト」

198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 01:17:21 ID:ZM8q8dp6
ジャンマル「!?」


ベルトルト「ら、ライナー……?」タオサレッ


ライナー「一番戦闘力が高いベルトルトは無効化した…これで後は大丈夫だろ」


エレン「あぁ…すまんなライナー」


アニ「………」


ジャン「ま、待てよライナーどういうことだよ……」


アルミン「ジャン、マルコ、ベルトルト……ライナーはもう」


アルミン「こっち側の人間じゃない」


ジャンマルベル「!?」

201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 01:30:05 ID:1nY22y4w
ライナーは人間の屑

204: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 23:22:33 ID:ZM8q8dp6
ライナー「……さすがだな、アルミン……いつから気付いてた?」


アルミン「つい、さっきだよ。……でも、その前から違和感はあった」


ライナー「……そうか」



アルミン「ライナー…君は…」


アルミン「はじめから、知ってたんじゃないか?…僕が、二人に何を頼まれたか」


ベルトルト「!?」


ライナー「………」

205: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 23:27:13 ID:ZM8q8dp6
ジャン「…待てよアルミン、それはおかしいだろ…こいつが風呂場で話しかけて来たとき、こいつ達は……アルミン「そう、それだよジャン」



アルミン「思えば……はじめからおかしかった。お風呂場で話に加わって来たのもライナーからだ」



ベルトルト「っ、それだけのことで、ライナーを疑うのか…?ライナーは……真剣に、君と向き合おうとしてるんだよ…!?…ライナー、君がそっち側にいるのも、くだらない冗談だって可能性があるから…っ」

206: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 23:31:51 ID:ZM8q8dp6
アルミン「…違うよベルトルト」


アルミン「僕が疑ったのは…そこじゃない」


ベルトルト「え…?」



アルミン「ライナー、君は僕達にこう話しかけて来たんだ……『で、何で喧嘩したんだ?アルミン』って…」


アルミン「ねぇライナー」



アルミン「ライナーはどうして、『僕達が喧嘩したこと』知ってたの?」



ベルトルト「!?」


ライナー「………」

207: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 23:35:12 ID:ZM8q8dp6
アルミン「それに、どうして君一人だけ……謝る作戦を出さなかったの?本当は、僕達に、仲直りさせたくなかったからじゃないのかい?」


ライナー「……アルミン、お前の前では」


ライナー「隠し事なんて、できそうにないな」


ベルトルト「!?嘘だライナー!!君はあんなに真剣にアルミンのことを……そんな君がアルミンをずっと騙してたわけない……っ」

209: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 23:39:38 ID:ZM8q8dp6
アルミン「?」


ライナー「あぁ、そのことなら」


ライナー「俺は、嘘はついてないぞベルトルト。」


ライナー「俺は『嫌がるようなことはしたくない』って言ったんだ……」


ライナー「……『したくない』が『しない』とは言ってない」

ライナー「……まぁだから、アルミン本人が『何でもする』って言うなら」



ライナー「『したくない』けど仕方ないよなぁ」ニヤァ…

210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 23:43:12 ID:ZM8q8dp6
ベルトルト「な…な…」プルプル


ベルトルト(嘘だろ……このゴリラ…あんなに、真剣に、語ってたのに…)


ベルトルト(…あれは、全部……嘘だって言うのか……)


ベルトルト(なぁ君は、どんな目的があって、僕を騙せたんだよ…)


ベルトルト「ライナー…このっ……」



ベルトルト「裏切り者がァァァっ!!!!」

212: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 23:46:34 ID:ZM8q8dp6
アルミン(?ベルトルトはいったい何の話をしてるんだ…?…いや、今は真相を明かすのが先だ)


アルミン「ライナー君は、食堂で二人が僕に頼んだとき…近くにいて、聞いてたんだね…?」


ライナー「あぁ」


ミカサ「…そのことはわたし達もさっき聞いた」


マルコ「お腹を壊したってのは言い訳か……」


アルミン「これで全ての真相がわかったよ……だけど、1つだけわからないことがある」


アルミン「そもそも、なんで、そんなことしたんだい…?」

213: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 23:49:22 ID:ZM8q8dp6
アルミン「まとめると、君ははじめから何も知らないふりをして僕達に近づき…」


アルミン「そして、僕達が仲直りしないように動いた」


アルミン「……君の目的は、今、この状態を引き起こすことだったんだろ?」


アルミン「……でも、理由がわからないよ……なぜだライナー!!」


ライナー「本当にわからないのかアルミン?」


アルミン「あぁ!!」

214: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 23:53:16 ID:ZM8q8dp6
ライナー「そんなの、決まってるだろ…」


ライナー「お前が、頼みを実行するしかない状態に追い込むためだ」


アルミン「なっ」


マルコ(また『頼み』か!!いったいなんなんだ!?)


ジャン(ミカサもすごい真剣な顔してる……なぁ、アルミン…いったいお前何を断ったんだよ……)


ベルトルト「ライナーは鎧の巨人…僕は超大型巨人…」ボソボソ


ジャン「くそっベルトルトは完全に混乱してるっ!!!」

215: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/31(水) 23:58:39 ID:ZM8q8dp6
ライナー「アルミン……俺があの話を聞いたとき」


ライナー「完璧だと思ったよ」


ライナー「これは『正しいこと』なんだアルミン」


アニ「…そうだよ。私はこの考えを聞いたとき、あんたに協力したのを後悔したよ」


サシャ「えぇ…ミカサとエレンは正しいです」


アルミン「…っ!!君たちはどうかしてる!!!」

216: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:03:25 ID:OqvSk6Yo
ミカサ「…もういい。不毛」


ミカサ「ベルトルトを抑えた今、あとは力でねじふせるだけ」


エレン「……アルミン、来てもらおうか」


アルミン「い、いやだ!!エレン、ミカサ…今ならまだ間に合う!!まだ…まだ…!」


ミカサ「…あきらめて、アルミン…この世界は……」グイッ


アルミン「残酷、なんだよね……」トコ、トコ、トコ


マルコ「あ…アルミィィィン!!!」

217: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:03:59 ID:OqvSk6Yo
ミカサ「…もういい。不毛」


ミカサ「ベルトルトを抑えた今、あとは力でねじふせるだけ」


エレン「……アルミン、来てもらおうか」


アルミン「い、いやだ!!エレン、ミカサ…今ならまだ間に合う!!まだ…まだ…!」


ミカサ「…あきらめて、アルミン…この世界は……」グイッ


アルミン「残酷、なんだよね……」トコ、トコ、トコ


マルコ「あ…アルミィィィン!!!」

218: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:12:42 ID:OqvSk6Yo
――――――

――――

ジャン(あぁ……俺たちはいったいどうなってんだ…?)


ジャン(ミカサと戦うのは覚悟してたはずだ……それなのに)


ジャン「なぁ…マルコ……俺たちはいったい何を見せられてるんだ…?」





マルコ「猫耳アルミンだね」


サシャ「アルミンかわいいですー!!!」

219: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:17:09 ID:OqvSk6Yo
ミカサ「訂正して、マルコ。これはただの猫耳ではない」キリッ


ミカサ「全身黒猫コーデ。耳はそこらの薄いやつではなく、本物そっくりに厚みがある物を使用している」


ミカサ「首には鈴付きの真っ赤なリボンが蝶々結びに、上着はノースリーブの黒いファー付きのベストでアルミンの怯えた肩がよく見える」


ミカサ「そして何より下は、黒いレースのフワフワしたミニスカート。見えるか、見えないかの長さ」


ミカサ「そこからは黒いしっぽがダランとたれている。これを完璧といわずに何と言うの?」キリリッ


アルミン「この世界は残酷なんだ…」ブツブツ

220: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:21:08 ID:OqvSk6Yo
エレン「いやいやいや、この格好はアルミンには刺激的すぎるだろ!!」カァァ


エレン「こっちがいいって!!新人ウエイトレスコーデ!」


エレン「髪は後ろでまとめて短めのポニーテールに、上は白のブラウス、ボタンは第2ボタンまで外してある」


エレン「そして下は赤いミニスカートと白いエプロン、これは外せないな」


サシャ「甘いですねエレン!私はやっぱりバニーをおします!!アルミンならではの怯えスキルを最大限に引き立てた――」

224: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:26:47 ID:OqvSk6Yo
アニ「私はやっぱりフリフリ系がいいね…」


ライナー「どれも……完璧じゃないか」タラーッ


アルミン「この世界は……この世界は……」ブツブツ


ミカサ「時間はいくらでもある、全て着せてみよう」キリリッ


エレン「おぅ!!」


ベルトルト「いやいやいやちょっと待ってよ!!」

226: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:32:12 ID:OqvSk6Yo
ベルトルト「えっと……女装?」


サシャ「?はい、そうですが?」


ミカサ「これが他に何に見えるというの?ベルなんです」


エレン「邪魔するなよベルタルト……」


ライナー「お前はそれでも戦士か」タラーッ


アニ「フリフリマジきゃわわ!!」


ベルトルト「いやいやいやいや、おかしい。これはおかしい。だってさっきまでシリアスだったもん」

227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:40:37 ID:OqvSk6Yo
ベルトルト「…ライナー、さっき『正しいこと』って…」


ライナー「かわいいは正義だろ」タラーッ


ベルトルト「……アニ、『わたし達がどうこうできるような問題じゃない』って」


アニ「あぁ、どうしようもないよね。だってかわいいんだもん」


ベルトルト「………ミカサ、『この世にはどうしても避けて通れないこともある』って」


ミカサ「アルミンはかわいい」


ミカサ「ので、女装をさせられる。これは仕方のないこと」


ベルトルト「………」


アルミン「残ー酷ーな、天、使のテーゼー♪」

229: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:48:48 ID:OqvSk6Yo
ベルトルト「あ、アルミィン!!無事か!?」


うさミン「あ、ベルトルト」


ベルトルト「アルミィィィン!!!」


黒耳うさミン「男としての尊厳を死守しようとしたけど、ダメ、だったよ」


ベルトルト「き、気をしっかり持つんだ!!!すぐ、終わるはず…」


ミカサ「次の衣装、持ってきた」ドンッ


ベルトルト「アルミィィィン!!!」



ジャン「……なんだこれ」


マルコ「……さぁ」

231: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:53:48 ID:OqvSk6Yo
――――――

――――


マルコ「……こうして、夜が明けた」


マルコ「アルミンは結局その後もミカサ達に捕まって何度も女装させられているようだ」


マルコ「…本当に、アルミンには頑張ってほしい」

233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 00:57:02 ID:OqvSk6Yo
マルコ「アルミン自身はあきらめがついたらしく」


マルコ「『この世界は残酷で、ただ二人は強くあろうとしたんだ…』と悟ったように呟いてる」


マルコ「ミカサ、エレン、アニ、サシャはその……」


マルコ「最近すごく楽しそうだ」ニコッ

234: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 01:02:21 ID:OqvSk6Yo
マルコ「僕とジャンとベルトルトはあれを機にアルミンと仲良くなって、愚痴なんかを聞いている」


マルコ「ライナーは……」


マルコ「アルミンにとんでもないことを頼もうとして、ミカサに半殺しにされた。今は病院にいる」


マルコ「………ライナーの頼んだ内容は言いたくない」ボソッ

235: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 01:07:09 ID:OqvSk6Yo
マルコ「まぁ結局は平和に解決して良かったと思ってる」


マルコ「以上。僕達の近況報告でした!!」










アニ「……ねぇ」

アルミン「ん?なんだいアニ?」

アニ「……『何でもする』ってやつの私の分、まだ残ってんだけど」


アルミン「………え?」



236: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 01:08:32 ID:OqvSk6Yo
以上。長々と見てくれてありがとうー

237: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 01:09:03 ID:MYg4Jlxc
肝心のお願いが……

238: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 01:09:28 ID:bI2WuCDk
乙ミン!
アニはなにを…………

239: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 01:09:28 ID:0PDW9fc6
そこで終わるなよぉ!

240: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 01:10:41 ID:MYg4Jlxc
乙です
アルミン可愛かった

241: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 01:14:36 ID:OPhlzGzM
続編ではアニのお願いについてやるんですよね(ゲス顔)




【オヌヌメ】

【進撃の巨人3巻】エレンは何故ミカサを攻撃した??

進撃の巨人円盤4巻に『オリジナルサウンドトラックCD2』が付くぞ!!視聴も公開!

ヅラヴィン「もう隠すのやめようかな……」

アルミン「もうっ、知らない!」プンスカ

【進撃の巨人】ジャンの魅力について語れ

夏休みだし進撃の巨人以外のアニメも観たい

『自由への進撃』17万枚突破!2000年以降のアニソン売上3位浮上!!このまま1位へ!!

キース「この中の誰かが肉を食ったのはわかっている」