no title


1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:28:17 ID:JeB6j7WI


ニック「ええ。ウォール教に入ればつけて貰えますよ」


エレン「……例えば俺は?」


ニック「そうですね。カリュードエレンなどどうでしょう?」


エレン「それは……どういう意味なんですか?」


ニック「東洋の言葉でJagerと言う意味です。ぴったりじゃありませんか」


エレン「おお……」

引用元: エレン「洗礼名……?」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:29:51 ID:JeB6j7WI


アルミン「僕は!?」


ジャン「俺は!?」


ニック「ちょっと待ってください。入信しないとつけられませんから」


ミカサ「……エレン、入信するの?しないでしょ?」


エレン「ま、まあ……しねぇと思う」


キース「しなくともよいのだが……」


エレン「教官!」


キース「実は……訓練兵にはウォール教の布教をして欲しいのだ」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:31:11 ID:JeB6j7WI


ミカサ「布教?」


アルミン「ちょっと待ってください!何故僕たちが!!」


ニック「……教官が憲兵団所属なのはご存知でしたか?」


エレン「はい」


ニック「先日、憲兵団は全員入信することに決まりました」


アルミン「えっ!?」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:31:58 ID:JeB6j7WI


マルコ「腐ってるなー……」


ジャン「命が助かるなら入信くらい……いや、やっぱり抵抗が……」


アニ(嘘!?憲兵団に入ったら入信しないといけないの……?)


ベルトルト「何てことだ……聞いてないよ!」


ニック「ちなみに教官殿の洗礼名はヒメタチバナキースに決まりました」


アルミン「フフッ……」


キース「東洋の言葉だそうだ。意味は教えてもらえなかったが中々綺麗な響きだな」


ミカサ「不毛」


エレン「……?」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:32:40 ID:JeB6j7WI


ニック「ゴホン!えー、毎月第三土曜日は訓練の代わりに布教の日とします」


ニック「後、こちらのマニュアルと教典をお読みください」


エレン「えっ?教典読まないといけないんですか?」


ニック「教えを引用出来たら入信率が上がるというデータがありますので」


ミカサ「……」


ニック「では私はこれで」


キース「明日までにマニュアルと教義を覚えておくように」


エレン「ええー……」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:33:47 ID:JeB6j7WI


ライナー「……ベルトルト。俺調査兵団に行く」


ベルトルト「おすすめするよ……」


コニー「俺も」


サシャ「私もです」


クリスタ「怖かった……」


ユミル「……」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:34:40 ID:JeB6j7WI

  寝室





コニー「……カリュードエレン」ボソッ


エレン「おい止めろ!恥ずかしいだろ!」


ライナー「俺はメンヘライナーとか言われた……どういう意味だ?」


エレン「さあな……」


ジャン「わざと意味解らないようにつけてるっぽいし、気にした方が負けだろ」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:36:32 ID:JeB6j7WI


ライナー「そうだな。そうしようそうしよう」


エレン(カリュード結構気に入っているとか言えないよな……)


マルコ「……とりあえずこれ覚えようか」


ジャン「面倒くせぇ……別にいいだろ」


マルコ「ダメだよ!」


エレン「あー……俺はもう寝るぞ!あと憲兵団行きたかった奴元気出せよ!」


ジャン「ああ!?」


ベルトルト「エレンに言われるとなんか腹立つね……」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:37:47 ID:JeB6j7WI

ライナー「ベルトルト、俺らも寝るぞ」


ベルトルト「うん……」


アルミン「……」ペラッ


アルミン(ウォール教教義その2 愛すべきは壁。されどまずは人から)


アルミン(何か良いこと言ってるような……?)

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:39:34 ID:JeB6j7WI

キース「諸君!待ちに待った土曜日だ!」


キース「よいか!我々はウォールローゼ南区を一手に任されている!」


キース「全員、故郷には優先的に配置されている!まずは家族を入信させるのだ!」


キース「入信してもらったらこの紙にハンコを押してもらってくるのだ!」


ジャン「ラジオ体操じゃねぇんだから……」


キース「ノルマこそないが、3人以上入信させた者!」


キース「夕食を楽しみにしておくといい……」ニヤリ


サシャ「コニーやりましょう!!!」


コニー「おう!肉だぜ肉!」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:41:53 ID:JeB6j7WI


教官「このプリ……レジュメ見てどこからどこまで布教するか確認しなさい」


エレン「……俺達はこの辺りか」


アルミン「何か気が重いよ……」


ミカサ「問題ない。ノルマはないはず」


アルミン「……」


ジャン「お前ジナエ町出身だったっけ?」


マルコ「そうだよ。久しぶりに家族に会えるのはうれしいんだけど」


マルコ「言う事はウォール教に入信してくれ、だもんな……」


ジャン「まあそう言うな。仕事と割り切ろうぜ」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:42:59 ID:JeB6j7WI


       ラガコ村




コニー「俺だ!コニーだ!帰ってきたぞ!」


サシャ「早く出てきてくださーい!」ジュルリ


コニー母(以下コ母)「コニー……!!!」


コ母「あんた帰って来たの!?訓練所はどうしたの!?」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:44:02 ID:JeB6j7WI


コニー「違うんだって!訓練所はやめてない!今日だけ帰ってこれるんだよ!」


コ母「……じゃあ結婚の挨拶に来たの?」


コニー「は?」


サシャ「え?」


コ母「そんなに丁寧な言葉遣いで、よく出来た子じゃないか!」


サシャ「どうも。サシャ・ブラウスと言います。向こうの山に住んでます!」


コニー「違う違う違う!俺達は仕事で来たんだ!」


コ母「違うの……」


サシャ「実はお話がありまして」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:47:36 ID:JeB6j7WI


コ母「話?」


コニー「……ウォール教に入って欲しいんだ」


コ母「うお……?何?」


サシャ「ウォール教です」


コ母「そ……それに入って欲しいの?」


コニー「今なら洗礼名二つ付けて貰えるキャンペーン中だぜ!」


コ母「洗礼名……?」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:48:10 ID:JeB6j7WI


サシャ「それにウォール教の教えにはダイエット効果があるとかないとか……そんな感じですよ?」


コ母「……私も入ってみようかしら」


コニー(母ちゃん!!そんなに気にしてたのかよ腹!!)


コニー「入ってくれよ!多分面倒臭い事はしなくても良さそうだから」


コ母「まあ他でもない息子と娘のためだからね……」


コニー「今おかしなこと言った気がするけどほら、これにハンコ押してくれ」


コ母「ちょっと待っててね……」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:49:59 ID:JeB6j7WI


サニー「……だれだ」


マーティン「コニーのかのじょだ!」


コニー「は!?バカ言うな!」


サシャ「違いますよ!お嫁さんです」


サニー「およめさん?」


マーティン「じゃあねえちゃんだ」


コニー「おいっ!子供に嘘教えるな!」


コ母「喧嘩しない!ほらハンコ」ポン

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:50:53 ID:JeB6j7WI


コニー「母ちゃん……」


コニー「……ありがとう」


コ母「また来るのよー?」


コニー「皆!今度!今度絶対来るからなー!」


サシャ「さよならー!」


マーティン「もうくんな!」


サニー「あのねぇちゃんきらい」


サシャ「」


コニー「……次は近所のおじさんの家だ」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:53:00 ID:JeB6j7WI
   トロスト区 南部




ジャン「はあ……帰りたくねぇな……」


ミーナ「私も帰りたくないよ……殆ど家出みたいな形で訓練所に来たのに」


ミーナ「いきなり家に押しかけて宗教の勧誘しろだなんて……」


ジャン「お前もそのクチか」


ミーナ「……ジャンもそうなの?」


ジャン「まあな……」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:54:59 ID:JeB6j7WI


ミーナ「そんな私たちの話、聞いてくれるかな?」


ジャン「聞かせなくてもいいだろ……俺はここでサボってる」


ミーナ「……じゃあ私も」


ジャン「……」


ジャン「三人以上に布教したら晩飯何が出るんだろうな」


ミーナ「お肉?卵?お菓子?」


ジャン「ハッピーセットかもしれねぇな」


ミーナ「それは要らないね……」


ジャン「ハハ……」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:57:08 ID:JeB6j7WI


ジャン「こうしてるとまるで休日だな」


ミーナ「うん……」


ミーナ「……」


ジャン「……まずい!上官だぞ!」


ミーナ「え?」


ジャン「とりあえず敬礼だ!急げ!」


ミーナ「……」バッ


リコ「ん……?こんな所で何をやっている訓練兵」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:58:32 ID:JeB6j7WI


ジャン「ウォール教の布教活動です!」


ミーナ「右に同じです」


リコ「おおそうか!実は私もウォール教に入っている」


ジャン「は、はあ……」


ミーナ「そうだったんですか」


リコ「この眼鏡は何故かけていると思う?


リコ「……教典の読み過ぎだ」


ジャン「え!?」


ミーナ「ね、熱心……ですね……」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:00:08 ID:JeB6j7WI


トロスト区 北部






エレン「俺達は訓練所の近くか」


ミカサ「気をつかったのだろうか……?」


アルミン「いや、その分サボりにくくなってるよ……」


ミカサ「アルミン、サボるのを前提に考えるのはよくない」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:02:09 ID:JeB6j7WI


エレン「なあミカサ……これ真面目にやってるやつなんか居るか?」


アルミン「居ないだろうね……」


エレン「100人入信で憲兵団行けるとか言えば皆頑張ったんじゃねぇのか?」


ミカサ「でも憲兵団に入ったら無条件で入信」


エレン「……嫌だな」


アルミン「一応布教する振り位はしておこうか……」


エレン「そうだな」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:03:10 ID:JeB6j7WI



     ダウパー村




サシャ「ここのはずなんですが……」コンコン


コニー「居ねぇんじゃねぇのか?」


サシャ「多分狩りに行ってるんだと思います」


コニー「じゃあどうする?近所の家に先行くか?」


サシャ「そうしましょうか……」


コニー「あっ」


サシャ父(以下サ父)「サシャ!?何でお前がここに……」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:05:26 ID:JeB6j7WI


サシャ「おとう……さん」


サ父「……」


サシャ「……ただいま」


コニー「あの……どうも」


サ父「訓練所はどうした?まさか……」


サシャ「やめとらんよ!」


サ父「そうか……」


サ父「ん?そっちの少年は……」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:10:13 ID:JeB6j7WI

コニー「……同じ訓練所のコニーと言います」


サ父「コニー……うちのバカ娘をよろしくな」


コニー「は、はい……」


サ父「まあ入れ……色々と話を聞かにゃならんからな」


サシャ「……」


コニー「……」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:11:32 ID:JeB6j7WI
           サシャの実家




サ父「……訓練所はどうだ」


サシャ「まあ……辛い事もあるけど楽しいよ」


サ父「……そうか」


コニー「……」


サ父「コニー、訓練所でのサシャはどうだ?」


コニー「……結構優秀ですよ。10位以内に入れるかもしれないって言われてます」


サ父「おお!お前そんなに頑張っとるんか!」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:12:30 ID:JeB6j7WI


サシャ「うん……」


コニー「でもよく食糧庫に盗m」


サシャ「あー!あーー!」


サ父「お前の食い意地はまだ直っとらんのか……」


サシャ「……」


コニー「……」


サ父「これからお前が帰ってきても飯は出さんぞ」


サシャ「えええええ!!!?」


コニー(お父さんと仲いいんだな……)

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:13:19 ID:JeB6j7WI
マルコの実家



マルコ「……」


マルコ「…………」


マルコ(手抜きだ……)


マルコ「………………………」


マルコ「ZZZ」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:14:14 ID:JeB6j7WI




     トロスト区 南部




ジャン「うえー、眼鏡の上官からニック司祭語録とかいう本貰っちまった……」


ミーナ「何か面白そうだね」


ジャン「!?」


ミーナ「もちろん笑えるって意味でね」


ジャン「……」ペラッ

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:15:26 ID:JeB6j7WI



あなた方は小さな幸せを見つけなさい。ニック司祭は小銭拾っただけで満面の笑みです


あなた方は小さな幸せを役に立てなさい。ニック司祭はその小銭で鳩にやるパンを買います


あなた方は小さな幸せを分かち合いなさい。ニック司祭はそのパンで隣人と釣りをします




ジャン「ニック司祭小せえええ!!」


ミーナ「でも良い事言ってるかも……?」


ジャン「そうか?」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:17:13 ID:JeB6j7WI

ミーナ「……幸せって人と分け合うとかえって大きくなるものだよ」


ジャン「そうなのか?」


ミーナ「ジャンは彼女居たことないから知らないだろうけど!」


ジャン「てめぇこそ彼氏居たことあるのかよ!」


ミーナ「かか関係ないでしょ!!」


ジャン「もういい……」ペラッ

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:18:29 ID:JeB6j7WI



ニック司祭は言いました。『正直憲兵団より調査兵団に守ってもらいたい』


ニック司祭は言いました。『ウォール教っていう名前がまずダサい』


ニック司祭は言いました。『このネックレスもダサい。私の顔柄にしてくれ給え」





ジャン「うわぁ……」


ミーナ「うわぁしか言えないよ……」


ジャン「はあ……」


ミーナ「はあ……」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:20:58 ID:JeB6j7WI

   トロスト区 西部




アニ「……」


ベルトルト「アニ……笑顔で笑顔で」


ライナー「……」ヒクヒク


アニ「誰がこんな事……」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:22:29 ID:JeB6j7WI


ライナー「まずは俺が行く……見てろ」


ライナー「すみませーん!」コンコン


女性「はい?」


ライナー「奥さん、最近聞いたことないですか?ウォール教」


女性「ウォール教……ああ、確か壁を愛する宗教……でしたっけ?」


ライナー「はい。私共、ぜひウォール教に入っていただけないかと……」


ライナー「今なら入信手数料0!こちらの万能おしゃれポーチもついてきますよ!」


女性「ちょ、ちょっと主人と相談してきます……」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:22:59 ID:JeB6j7WI

ベルトルト「ちょろすぎる……」


アニ「ライナーどうしたの?そんなにお腹減ってるの?」


ライナー「いや……ウォール教が広まればその分やり易くなるんじゃねぇかと思ってな」


ライナー「この人類が壁内に引きこもっててくれた方が……な」


ライナー「ベルトルト。今の俺は戦士だぞ」


ベルトルト「ライナー……!」


アニ「……壁への愛に生きる戦士ってところだね」


ライナー「うるせえよ!」

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:24:31 ID:JeB6j7WI


女性「あの~……年会費とかどうなってます?」


ライナー「それはですね……こちらの資料をご覧ください」


アニ「そんなの知らないよ?」


ベルトルト「ライナーが独自に入手したんだよきっと!」


女性「……」


ライナー「まだご不満ですか?今ならダブル洗礼名キャンペーンとかやってますよ?」


女性「……」


ライナー「教会へ行けば若い男性とお知り合いになれるかもしれませんよ?」


女性「……これにハンコを押せばいいんですよね?」

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:25:19 ID:JeB6j7WI


ベルトルト(そうだ!そこで倍プッシュだよ!)


ライナー「はい!どうぞこちらに……」


女性「私……入ります」ポン


ライナー「……ありがとうございました。壁に愛を」


女性「か、壁に愛……を……?」

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:27:33 ID:JeB6j7WI



       トロスト区 東部




クリスタ「良かったの?晩御飯……」


ユミル「は?私は某芋女みたいに食い意地張って無いぞ」


クリスタ「ごめん……でも何が出るんだろうね?」


ユミル「どうでもいいだろ……どうせくっだらねぇもんだろ」

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:28:46 ID:JeB6j7WI


クリスタ「それじゃ頑張った甲斐がないよ……来週からもやる人居なくなるんじゃない?」


ユミル「そうか、これ毎月やるのか……まあこうして訓練サボれるから歓迎だがな」


クリスタ「こればっかりは私も休ませて貰おうかな……」


ユミル「そうしとけ。こんな事やっても得するのはお前の敵だけだ」


クリスタ「うん……」


ユミル「そもそもお前は休まなすぎなんだよ!もっとだらけようぜ」


クリスタ「でもする事がないと暇すぎてやだな……」


ユミル「つべこべ言わずに今日は休め」


クリスタ「………」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:28:15 ID:JeB6j7WI


クリスタ「それじゃ頑張った甲斐がないよ……来週からもやる人居なくなるんじゃない?」


ユミル「そうか、これ毎月やるのか……まあこうして訓練サボれるから歓迎だがな」


クリスタ「こればっかりは私も休ませて貰おうかな……」


ユミル「そうしとけ。こんな事やっても得するのはお前の敵だけだ」


クリスタ「うん……」


ユミル「そもそもお前は休まなすぎなんだよ!もっとだらけようぜ」


クリスタ「でもする事がないと暇すぎてやだな……」


ユミル「つべこべ言わずに今日は休め」


クリスタ「………」

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:29:40 ID:JeB6j7WI



     訓練所内 食堂






キース「貴様ら!静まれぇ~い!」


エレン「何だ……?」


キース「今から名前を呼ぶ者!こちらへ来るのだ!」


キース「コニー・スプリンガー!サシャ・ブラウス!」


キース「ライナー・ブラウン!ついて来い」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:30:20 ID:JeB6j7WI


ライナー「……行ってくる」


ベルトルト「う、うん……」


アニ「……」


サシャ「フヘヘヘヘ……」


コニー「肉……」

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:31:18 ID:JeB6j7WI





  教官のお部屋




ニック「……」


キース「え~、ここに集まってもらったのは他でもない」


ライナー「……」


キース「今朝私の言った夕食を楽しみにしていろと言う言葉だが……」


サシャ(肉!?)


コニー(チーズも捨てがたい……)

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:32:48 ID:JeB6j7WI


キース「食べ物を期待していたのなら申し訳ない。君たちに贈るものはこれしかないのだ」


サシャ「」


コニー「えっ」


キース「ニック司祭」


ニック「実は……この布教活動は……」


ニック「二つの目的がある。一つはウォール教の宣伝だ」


ニック「もう一つは……そう。これは」


ニック「諸君が毎月故郷に帰れるように設けられた、言わば休日なのだ」

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:33:32 ID:JeB6j7WI


ライナー「……」


サシャ「そうだったんですか!?」


コニー「うわー、普通に布教してた……」


ニック「考えてもみたまえ。入信にハンコ一つなど、おかしいとは思わないかね?」


コニー「そうか……?」


ニック「……これが本物の入信届だ。色々と書き込む項目が見えるだろう?」


サシャ「本当ですね!」


コニー「こ……こんなの教えてよかったんですか?」


ニック「勿論口外は無用だ」

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:35:07 ID:JeB6j7WI


ニック「形骸化は宗教の本分だからな……広まってもても特に問題ない」


キース「……では食堂に戻れ」


ライナー「……」


コニー「教官っていい人だよなー!お前も誰かに言うんじゃねぇぞ!」


サシャ「言いませんよ!失敬な!」


ライナー(思いっきり騙されてた……)

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:36:21 ID:JeB6j7WI



      食堂




エレン「お前ら何貰ったんだよ!!教えろ!」


ジャン「羨ましいぞ!」


マルコ「分けてくれー!」


ライナー「……何もなかったぞ」


サシャ「そうですよー」


コニー「いやーほんと残念だなー」


ミカサ「あのハゲは皆の期待を裏切った……」

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:37:18 ID:JeB6j7WI


アルミン「ミカサそれ言っちゃダメ」


エレン「ちょっと分けて貰おうかと思ってたのに……」


ライナー「別に誰も肉が出るとか言ってなかっただろ?諦めろ」


ベルトルト「……」


アニ(お菓子とかじゃなかったの……?)


ユミル「何もなかったのかよ!」


クリスタ「教官何であんな事……」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 21:37:54 ID:JeB6j7WI



     教官のお部屋





キース「ニック司祭……本当の目的は一体どちらですか?」


ニック「教官殿が知る必要はありませんよ……では失礼」ガチャリ


キース「……」


キース「なんだこの本は……東洋語辞典?」


キース「ヒメタチバナって乗ってるだろうか………あった」


キース「こっ!これは……!!!?」



   完





駆逐系園児エレン!進撃幼稚園

エレン「巨人側も悪くねぇ...」

エレン「リヴァイ兵長が倍返ししてる画像ください!!」

リヴァイ「……」 ミカサ「……」

【画像】ミカサって可愛かったんだな…

「バラライカ」「美琴」「ミカサ」「ハルヒ」敵に回して一番やばいの

ミーナ「今日は休日にするわ」

アスカ「あ゛ー! あ゛ー!」 シンジ「どうしたの?」

苗木「ねぇ、モノクマ」モノクマ「なんだい? 苗木君」

P「この中の一人に枕営業をしてもらう。ありていに言えば…生贄だ」