no title

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:27:55 ID:71j5jSnU


その日、彼は眉根を寄せ、
ひたすらに押し黙っていた。

何処の誰から見ても、
明らかに不機嫌そうな顔をしていたように思う。

それは彼の上官、まぁつまるところ、我が兵団の団長殿から、
“人類の英雄”は今回の作戦で直接の戦闘には参加せず、
目立った行動を控えるように、との命を受けたからだ。

――もちろん、機嫌を損ねる気持ちは分かる。

仲間が命を賭して戦おうとしているさなか、
自分だけが何もせずじっと耐えていなければならないというのは
心臓を捧げた兵士として、もどかしいことこの上ない。

引用元: ハンジ「THE Reluctant Hero」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:29:58 ID:71j5jSnU

だが、脚に負った怪我を治さなければ
どうにもしようがない、ということも事実。

つまり、本人の希望がどうあるにせよ、
命令通りにしているしか無いのだ。

そんな複雑に織り交ざった感情が彼の面様から顕著に見てとれ、
他の者などは見ぬ振りをし、なるべく近づかないようにしていた。

丁度、作戦を実行に移すための準備云々で
誰にもそれほどの余裕が無かっただけなのかもしれないが。

とにかく、彼はその日一人で、
どうにも気が塞いでいるように見えたので
作戦準備完了の報告がてら、彼の部屋を訪れることにした。

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:31:48 ID:71j5jSnU


※リヴァハンです

主に2人が喋ってるだけの短い話
タイトルは進撃サントラから
ネタバレは特にありませんが原作に寄った話です

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:33:51 ID:71j5jSnU



「何か用か」

「不本意そうな顔してるね」

「……何の話だ」

「英雄って呼ばれることにだよ」

「…………」

「前は英雄といえば調査兵団そのものを指す言葉だったけど…」

「今では、貴方を指す代名詞だ」

「………」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:35:18 ID:71j5jSnU


「………英雄なら、」

「うん?」

「……こんなところで、引きこもってることなんて無いだろう」

「あはは、まぁ英雄だって怪我もするさ」

「………」

「ショックだった?まさかエルヴィンに言われるなんてーって」

「………そんなんじゃねぇよ」

「へぇ?」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:36:36 ID:71j5jSnU


「誰が持ち上げようと…俺は権力を持った王政の人間でも無ければ、巨人でも無い」

「人一人で出来る事なんて限られてるし、まして、死んだ仲間が帰るわけでも無いだろう」

「…ま、確かにね」

「…………だから、それについては気乗りしねぇだけだ」

「ふーん」

「……じゃあ、重いのかな?」

「…重い?」

「うん」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:37:39 ID:71j5jSnU


「貴方は、民衆からの期待も希望も、死んでいった仲間達が託していった願いも」

「全てを背負い込もうとするでしょう」

「………」

「重圧に押しつぶされてしまわないか心配だよ」

「………」

「…だからね、貴方が怪我してちょっとほっとしてるんだ」

「はぁ?」

「きっとエルヴィンもそうだと思うよ」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:39:29 ID:71j5jSnU


「そりゃあ、人類の進撃には痛手だけどさ」

「貴方には少し……休息が必要だと思うから」

「………心臓を捧げた兵士とは思えねぇ発言だな」

「あはは、口外禁止だからね」

「………」

「まっそんなわけだから、大人しくじっとしていてくれ」

「………どうだろうな」

「っちょ、ほんと勘弁してよ!?」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:40:38 ID:71j5jSnU


「…なら、見張っておけ」

「……私分隊長だから、リヴァイのことだけ見てらんないんだけど?」

「…だったら、可能になるよう知恵を絞れ」

「無茶言うなぁ…」

「………」

「……もしかして、一人になるのが寂しいの?」

「…………馬鹿言え」

「ブフッ」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:44:00 ID:71j5jSnU



「…………あ、そうだ」

「何だ」

「じゃあ私が、貴方の英雄になってあげるよ!」

「はぁ?」

「貴方が辛い時は、出来うる限りで傍にいよう」

「絶望の底にいたら、救い出して、希望の光を見せよう」

「……」

「唯一無二の貴方の、英雄にさ」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:48:31 ID:71j5jSnU


「どうかな?」

「………告白か?」

「ブフオォ」

「…汚ぇな、唾飛ばすんじゃねぇよ」

「ゲホッゴホッ……そんなんじゃねーっつーの」

「…ほう、そうか?」

「言っておくけど、貴方とどうこうなるつもりはないからね」

「……」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:50:18 ID:71j5jSnU


「なに~期待させちゃった?」

「……別に」

「分かってるでしょ」

「私達に選択肢なんて、無い」

「………」

「…今は、心臓を捧げて」

「自分達に出来る事をやるだけだよ」

「……あぁ」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:51:26 ID:71j5jSnU



「…ねぇリヴァイ」

「何だ」

「いつか…」

「いつの日か、さ」

「巨人が居なくなって、平和になって」

「その時まで……生きていられたら」

「……」

「私だけの英雄になってよ」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:53:03 ID:71j5jSnU


「………告白か?」

「うん」

「……チッ」

「舌打ち!?」

「…………不本意だが、」

「その時は要求を飲んでやる」

「あっはは、かわいくねー」



.

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:54:33 ID:71j5jSnU



「そろそろ時間かな」

「そうだな」

「…必ず、女型を捕えてみせるよ」

「………あぁ、頼む」




――じゃあ、行ってくる。



終わり

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:57:35 ID:71j5jSnU
ものすごく短くてあれですが、以上で終わりとなります
今朝The Reluctant Heroesを聴いていて思いついたものを形にしてみました
目を通してくださった方がいるか分かりませんが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 22:28:32 ID:LVZoNEfc
乙乙
さらっと読めてよかった!

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/31(木) 00:44:46 ID:TBo9RTM2
ステキだった!
何だかんだでお似合いな二人にニヤリ





【オヌヌメ】

レッド「待っていたよ、最強のポケモントレーナー」

レッド「シロナ…いい加減起きろ」シロナ「あとちょっと~…」

ユミル「子種くれや」ベルトルト「 」

アルミン「結婚」ミカサ「する」

アルミン「...ダ..ダメ..だよカルラさん///」カルラ「ペロペロ」

ライナー「俺がアイツで」ユミル「アイツが私で」

エレン「ユミルと結婚する」ユミル「エレンを殺す」

ユミル「ミドルなライナー」

サシャ「月が綺麗ですね」エレン「ああ、そうだな」

エレン「子供ってどうすればできるんだ?」アルミン「」

【閲覧注意】ミカサ「エレン…髪にほこり付いてる」

エレン「ペトラさん!好きです!」ペトラ「ごめんなさい」

ジャン「リア充は俺が駆逐してやる…この世から…一匹残らず…!」

エレン「5位と4位の間に大きな壁がある」アルミン「うん?」

ミカサ「エレンの誘惑に耐え続ける?」