ベルトルト・フーバー


1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:17:58 ID:WOsCU9K6

※単行本11巻以降のネタバレ有り

引用元: ベルトルト「スランプ」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:18:42 ID:WOsCU9K6

山奥の村にて

ベルトルト「……すぅっ」

…がぶっ


……しーーん…

ベルトルト「?」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:22:54 ID:WOsCU9K6

…がぶっ

……しーーん…

ベルトルト「あれっ」

…がぶっ  がぶっ  がぶっ

……しーーん…

ベルトルト「…えっ……」

…がぶっ  がぶっ  がぶっ…

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:25:07 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

A「よう」

B「よう、調子は?」

A「まあボチボチだな、そっちは?」

B「結構良い」

ーーーーー

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:28:10 ID:WOsCU9K6

ライナー「おーすベリックー。ベルトルト見なかったか?」

ベリック「いや?今日は今朝から見てねえな。まああれだろ、巨人化の練習」

ライナー「あーそっか、あいつのはデカイからな」

ベリック「なー。んじゃ、俺畑仕事あるから行くわ」

ライナー「おー邪魔して悪い」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:31:20 ID:WOsCU9K6

ライナー「……ん?あれはベルトルトか?」

ベルトルト「………」

ライナー「おーいベルトルト……な!何だその腕!血まみれじゃねえか!!」

ベルトルト「ライナー…」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:34:10 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

A「これか?例の」

B「そうそう」

A「ふうん、見せてもらうわ」

ペラリ

ーーーーー

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:37:32 ID:WOsCU9K6

ライナー「転んだのか?ほら早く治しちまえよ」

ベルトルト「…出来ない…」

ライナー「はあ?出来ないって何がだよ」

ベルトルト「巨人になれない…」

ライナー「え」

ベルトルト「どうしよう…ライナー……僕巨人になれなくなっちゃった…」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:40:22 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「…うっ!ひっく…ひっく…」

ライナー「な、泣くな!まず落ち着け、な?」

ベルトルト「う、うんっ……ぐすっ」

ライナー「深呼吸しろ、深呼吸」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:42:15 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

ペラリ

A「へえー鎧の能力はライナーなのか」

B「そう、あいつの性格ならぴったりかなと思ってさ」

A「だな。いざという時は硬い鎧の体で仲間を守れるし、硬さを生かした攻撃も出来る」

ーーーーー

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:45:19 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「…さっき…巨人化の練習してる広場でね…何時も通り腕を噛んだの」

ライナー「うんうん」

ベルトルト「そしたらね…全然、うんともすんともしないんだよ…」

ライナー「…うん」

ベルトルト「ど、どうしよう!?僕役立たずになったの…!?…うっ…うっ…」

ライナー「ああああ~!泣くな泣くな!」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:48:05 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

A「あれっ超大型巨人はこいつなのか?」

A、ベルトルトについての詳細が書かれた用紙を指で弾く

A「この巨人化能力はベリックに与えるんじゃなかったか?」

B「こないだの会議でベルトルトに決定したんだよ。」

ーーーーー

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:51:26 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「びええぇぇぇぇえ~!!!」

ライナー「(キーン)役立たずじゃない!お前全然役立たずじゃないから!」

ベルトルト「びええぇぇぇぇぇぇ~!!」

ライナー「『先生』達が見込んだんだぞ!?お前が選ばれたんだ!自身持てって!」

ベルトルト「じゃあ僕どうして巨人になれないの?」

ライナー「……えーっとそれは…待て!ストップ!決壊するな!キープしろキーープ!!あ駄目だコレ」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:54:23 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

A「…こいつ三人の中で一番ヘタレだろ…こないだだって注射怖がって泣いてたし。大丈夫なのかよ」

B「気弱だから良いんだろ。ベリックは良くも悪くも我が強いから、能力を活かしてこちらに反逆して来るかもしれない。流され易いベルトルトならそんな心配はまず無い」

A「それもそうか」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:57:16 ID:WOsCU9K6

A「あーでも超大型って最終的には50メートル超すんだろ。こいつチビだし耐え切れなくてショック死するんじゃないか?」

B「分かんないぜ~、子どもはすぐに成長する。ま、今日明日にいきなり50メートルにさせるわけにはいかないな。徐々にサイズを上げて、成長期と併せて計算して、そうだな11~12そこそこには6、70メートルに安定するだろう」

A「60か、例の壁は50だっけ。なら充分に間に合うな」

B「おうよ」

ーーーーー

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 00:59:59 ID:WOsCU9K6

ライナー「…落ち着いたか?」

ベルトルト「う、うんっ……ぐす…」

ライナー「あー…多分さ、スランプだスランプ」

ベルトルト「スランプ?」

ライナー「お前最近巨人化のスピード遅くなったって言ってたじゃん。それ不調の現れだったんだよ」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:02:23 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「スランプ……じゃあ僕何時になったら巨人化出来るようになれるの?」

ライナー「そりゃあ分かんねえよ」

ベルトルト「そんなあ」

ライナー「ちょっとした休息日だと思えって。お前最近焦ってたからさ」

ベルトルト「……休息…」

ライナー「おう。それに安心しろ、こういうのは長続きしないもんだ」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:05:17 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

B「ただな、やっぱりサイズがサイズだから、体内の細胞が修復に追い付かなくて丸っきり巨人化出来ない期間が出て来る」

A「ただの人間に戻るってことか?」

B「ああ。まあ二、三日程度ですぐ巨人化出来るようになるだろうがな」

A「変身出来ないよ~って泣くかもな」

B「泣くだろうな~」

ーーーーー

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:09:04 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「でももし……『任務』の時が来ても元に戻らなかったら…」

ライナー「いやだから」

ベルトルト「壁を壊すときまで…巨人になれなかったら…!」

ライナー「……ベルトルト!!」

ベルトルト「へぇっ!?(ビクッ)」

ライナー「ちょっと俺に着いて来い」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:12:11 ID:WOsCU9K6

ザッザッザッ

ベルトルト「ね、ねえライナー…怒った?」

ライナー「……」

ベルトルト「…どこに行くの?僕達……」

ライナー「着いた」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:15:10 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「ここ、何時も僕らが練習に使ってる広場だよ…」

ライナー「おう」

ベルトルト「ここで何するの?」

ライナー「今からちょっと巨人になる。お前は離れてろ」

がぶっ …カッ

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:18:15 ID:WOsCU9K6

ズウゥン…

鎧の巨人「……」

ベルトルト「……ライナー?」

鎧の巨人「ン」

ズザッ…

ベルトルト「何?この手…乗ると良いの?」

鎧の巨人「ン」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:21:30 ID:WOsCU9K6

ヨジヨジ

ベルトルト「乗ったよ、ライナー」

鎧の巨人「ン」

ズシーン…ズシーン…

ベルトルト「わあ!?」

ズシーン…ズシーン…

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:24:47 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「凄いなあライナーの巨人体は、僕の大きいけどまともに歩けないんだよ、皮膚も無いし…変だよね」

鎧の巨人「エオ、ソオウンホウエキヨウ…」

ベルトルト「あはは何言ってるのか分からないよ~」

ライナー(ふう良かった、笑ってる)

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:26:24 ID:WOsCU9K6

ズシーン…ズシーン…

ベルトルト「ねえライナー…どこまで行くの?」

鎧の巨人「チョッオソオアデ」

ベルトルト「え?」

鎧の巨人「…チョッオソオアデ」

ベルトルト「……」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:28:16 ID:WOsCU9K6

ズシーン…ズシーン…

鎧の巨人(散歩でもすりゃ気も紛れるかと思ってやってみたけど)

鎧の巨人(たまには悪くないな)

チコチコチコチコ

鎧の巨人(…?…腕がこそばゆい…)

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:30:56 ID:WOsCU9K6

ズシーン…ズシーン…

鎧の巨人(何だ……?)

チラッ

鎧の巨人(!!?)

ベルトルト「よいしょよいしょ」

チコチコチコチコ

鎧の巨人(こ、この馬鹿!何腕よじ登ってんだ!!!)

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:33:25 ID:WOsCU9K6

鎧の巨人「コア!ヤエオ!!!」

ベルトルト「よいしょよいしょ」

チコチコチコチコ

鎧の巨人(聞けよおい!!)

チコチコチコチコ

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:35:45 ID:WOsCU9K6

鎧の巨人「ヤエオッテ……」

ピョコン

ベルトルト「わーい肩に到着!ライナー見てた?うなじから」

ライナー「見てたよ!無茶しやがって!!お、落ちたらどうするつもりだったんだ!」

ベルトルト「落なかった」

ライナー「運が良かったからだよ!!」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:37:49 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「大丈夫、僕木登りは得意だから」

ライナー「だからさ………もう良いや…」

ズシーン…ズシーン…

ベルトルト「良い景色だね。鎧の巨人って大きいなあ」

ライナー「お前より大きくないけどよ、15メートルの視点から眺める景色も良いもんだろ?」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:39:37 ID:WOsCU9K6

ズシーン……

ライナー「ここら辺かな」

ベルトルト「わあ~綺麗な夕日だ」

ライナー「叫んでみるか?ヤッホーってな」

ベルトルト「ええ~?良いよ、ライナーが言いなよ」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:41:41 ID:WOsCU9K6

ライナー「元気出たみたいで良かった」

ベルトルト「え?…あ」

ライナー「何時までもグズグズ泣いてると、戻るものも戻らねえかんな」

ベルトルト「…ライナー…ありがとう」

ライナー「…『任務』の日までまだまだ日があるんだからさ、そう気を揉むなよ」

ベルトルト「うん!」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:44:14 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

A「…鎧、超大型は分かった。ベリックはどうする、まだ能力は決まらないのか」

B「それなんだけどな、ちょっとこれ見てくれ」

A「んん?…ちょ!これすげえな!!」

B「だろ?ぶっちゃけこれの為にこの『計画』に参加したんだよ俺は」

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:46:15 ID:WOsCU9K6

A「両手ロケットパンチとか膝にバルカン砲仕掛けるとか趣味入りまくりじゃねえか!!」

B「ふっふっふ、ロケットパンチは男の夢だ」


・・・

A「…駄目って言われたな」

B「しょんぼり」

ーーーーー

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:48:36 ID:WOsCU9K6

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:50:24 ID:WOsCU9K6






39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:51:28 ID:WOsCU9K6






40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:53:25 ID:WOsCU9K6



ベリック「逃げろっ!!!!」




41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:55:22 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

A「…だけどよ?」

B「ん?」

A「いくらあいつが気弱で自分の意志が無いからって、何時までもこっちに大人しいままとは分からんだろ」

B「まあな」

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 01:57:10 ID:WOsCU9K6

A「ライナーやベリックにそそのかれでもしたら、流されやすいあいつの事だ、あの巨体でこっちに襲いかかって来るぞ」

B「……例えば」

A「例えば?」

B「三人の故郷に『巨人』が襲って来たとする」

ーーーーー

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:01:01 ID:WOsCU9K6

ライナー「ベリック!!!!!」

ベルトルト「ベ…ベリック……!」

ベリック「何立ち止まってんだ!逃げろ二人共!逃げるんだ!俺なんかほっとけ!」

ユミル巨人「アーーー……」

ベリック「…っ!!」

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:03:06 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

A「巨人が…ふむ」

B「不運な事に『任務』の為に旅立とうとした矢先だ、自分達三人だけ。頼れる大人なんかいない」

A「うむ」

B「巨人は自分達を見つけて襲いかかって来る、正義感の強いベリックは咄嗟に仲間を突き飛ばし、身代わり巨人の手に掛かる」

A「うむ」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:05:41 ID:WOsCU9K6



B「巨人はベリックを、その大きな口で…」


ーーーーー

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:08:21 ID:WOsCU9K6

ベリック「良いかお前ら!『任務』を全うするんだ!きっと故郷に帰……」

ユミル巨人「アアーーーーーー……」

バクンッ

ライナー「うわああああ!!!!」

ベルトルト「……!!」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:10:14 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

B「…と、ベリックなら死の間際でもこう言うだろう」

A「だろうな」

B「そうしたら、もう戻れない」

A「……」

B「故郷へ帰るために、友の遺言を守るために、前へ進むだろう。嫌でもな」

A「なるほど」

ーーーーー

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:11:57 ID:WOsCU9K6




ライナー「……(ぶつぶつ)」

ベルトルト「…ひっく…ひっく…」

ライナー「……(ぶつぶつ)」

ベルトルト「ふっく……ふぐっ…ひっ……」

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:13:05 ID:WOsCU9K6

ライナー「…なあベルトルト…」

ベルトルト「…ふっ…!?」

ライナー「……」

ベルトルト「……」

ライナー「…見てたか?…ベリックが食われるところ…」

ベルトルト「……ひっく……」

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:15:24 ID:WOsCU9K6

ライナー「俺は見た、あの巨人に食われる瞬間を」

ベルトルト「…ひっく……」

ライナー「昨日まで…あんなに笑ってたのに…」

ベルトルト「…ううぅ…ベリック……ぐすっ」

ライナー「…お前の背中」

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:17:47 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「え……?」

ライナー「俺はあの時、お前の背中しか見えなかった」

ベルトルト「…そ…れは」

ライナー「お前の背中しか…見えなかった……」

ベルトルト「ラ、ライナー……腕を離して……」

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:19:26 ID:WOsCU9K6

ぎゅうううっ

ベルトルト「い、痛いよ…ライナー…離して」

ライナー「……」

ぎゅうううぅぅっ

ベルトルト「い、痛い!ライナー!離して!腕から血が出る!!」

ライナー「ベリックは…何を思ってあいつに喰われたんだろう…」

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:21:13 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「痛いっ痛い痛い痛い!!」

ライナー「何を考えながら、俺達を見ていたんだろう…」

ベルトルト「痛い…離して!!ライナーお願い!!痛いよぉ!!!」

ライナー「もう戻ってこない、もう帰ってこない……」

ベルトルト「ご…ごめん…なさい……」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:23:24 ID:WOsCU9K6

ライナー「ごめんなさい?」

ベルトルト「ひっく!い、痛いよライナー…!お願い、離して、お願いだから…」

ライナー「ごめんなさい?」

ベルトルト「痛…い!痛い痛い痛い痛い痛い!!」

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:25:31 ID:WOsCU9K6

ーーーーー

A「よくもまあこんな酷い筋書きを思い付くもんだよ」

B「ノリノリで聞いてたくせに」

A「まだ12、3そこそこのガキだぜ」

B「じゃあ、お前んとこの息子にでもやらせるか?」

A「はあ?嫌に決まってるだろ」

B「だろ?勿論俺だって嫌だ。所詮他人事だからここまで好きに出来るんだ」

A「だな、死んだって嫌だ」

ーーーーー

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:27:10 ID:WOsCU9K6

ベルトルト「い、痛いいたい!いたいいた、ぅあああああああああああああ!!!」

ブシュッ!!…ばたんっ

ライナー「……」

ベルトルト「うぐっごめんなさい…ごめんなさい…」

ライナー「……」

ベルトルト「ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…」

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:28:57 ID:WOsCU9K6

ライナー「…帰るぞ、故郷に」

ベルトルト「ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…」

ライナー「きっと帰るんだ………」

ベルトルト「ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…」

ライナー「帰るんだ…故郷に…帰るんだ……」

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:30:03 ID:WOsCU9K6

ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…

59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:31:27 ID:WOsCU9K6




『もう戻れない』





60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:32:08 ID:WOsCU9K6

おしまい


はやく同郷組の黒幕が明らかにならないかなっと

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 02:37:48 ID:j1MMNTJo

しばらく同郷の出番は減りそうな展開だから気になるよな

久々にここ来たけど、この展開の仕方はあの人かな

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 11:26:22 ID:G3qE/A5c
乙。鬱展開に定評がある作者の人の予感

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 12:22:09 ID:WOsCU9K6
どなたのことを言っているのか分からないがとりあえずマルコの顔の人ではないよ
ss書くの二ヶ月くらいぶりだたよ

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:54:45 ID:4RyBlHs6
>>63
そういや前間違えられてたねwww

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 23:23:28 ID:WOsCU9K6
>>64
うむ光栄なことに







お世話になってるアンテナサイト様のSS記事

【しいあんてな】

エレン「訓練所で一番いい女。」

【ワンピース】エレン「ワンピース……?」【長編SS】

エレン「>>2を>>4する」

エレン「ミカサに恋をした」

エレン「俺はミカサが好きだ!結婚してくれ!」ミカサ「えっ!?」

ミカサ「アニ、アニ 聞いて」

【ワロタあんてな】

エレン「乳が飲みてぇ」

悟空「仕事が決まったぞ」

幼馴染♀「先っちょだけ!先っちょだけだから!」

J( 'ー`)し「たかしへ。テラフォーマーが部屋に向かってます」

幼馴染「私たち付き合ってるよね?」男「え?」パンパンッ

【the 3rd 】

ユミル「ミドルなライナー」

ミーナ「お馬鹿なハンナ」

もしもエレンの家族がクリスタ、幼馴染がジャンだったら

アルミン「ごめんね・・・ごめんね・・」

ハンジ「リヴァイが変だ!!」