ブログネタ
進撃の巨人関連 に参加中!
クリスタ

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:35:38 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


彼を見つめていたことに



私は知らなかった


無意識に見つめてたことに



私は知らなかった


無意識とは本当に怖い

引用元: クリスタ「私は知らなかった」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:36:28 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


気付くのが遅かったことに



私は知らなかった


この気持ちが何なのか



私は知らなかった


他人であることに不満を感じていたことに

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:36:58 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


顔しか



私は知らなかった


思い返せば、たまに一緒に訓練してくれてたことに



私は知らなかった


たまに笑顔を見せてくれる彼を

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:37:35 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


名前さえ



私は知らなかった


名も知らぬ人に心惹かれていたことに



私は知らなかった


彼には恋人がいることに

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:38:11 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


この胸の痛みの正体を



私は知らなかった


嫉妬という感情を



私は知らなかった


私は行動に出やすいタイプだと

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:38:57 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


フォークの本当の使い方を



私は知らなかった


無意識とは本当に怖いと



私は知らなかった


彼に恋人がいたことが違う事実だなんて

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:40:48 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


勘違いしやすい人間だったとは



私は知らなかった


彼は馬術が苦手だなんて



私は知らなかった


私が彼を教えることになろうとは

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:42:00 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


彼の手がこんなに大きいだなんて



私は知らなかった


彼をこんなに好きであったことに



私は知らなかった


彼がなぜ落ち込んでいるのか

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:42:56 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


「家族を失った」というものらしい



私は知らなかった


何もかも・・・



私は知らなかった


彼に『家族』がいたことも

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:44:43 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


彼の呼ぶ『家族』という存在の相手を



私は知らなかった


『家族』を失う気持ちを



私は知らなかった


優しい言葉をかけたら、彼がここまで私に近付いてくれるなんて

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:45:52 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


優しい言葉1つで彼の心を手に入れれるなんて



私は知らなかった


彼には親友がいたなんて



私は知らなかった


彼には私より大事な存在がいたなんて

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:49:25 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


私以外を見ていた彼を



私は知らなかった


彼の眼球を呪うっても何も解決しないことを



私は知らなかった


彼が『親友』に触れた、その右手を呪ったって何も解決しないことに

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:49:59 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


呪いなんて意味はないことに



私は知らなかった


フォークの本当の使い方を



私は知らなかった


無意識とは本当に怖いと

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:50:29 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


なぜか心が安らいでいたことを



私は知らなかった


ナイフの本当の使い方を



私は知らなかった


肉は意外と切りにくいことを

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:51:06 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


兵舎裏の井戸から、とてつもない異臭がすることを



私は知らなかった


肉がここまで臭いものになるとは



私は知らなかった


彼は私から離れていったことに

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:52:22 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


彼はどうやら何かを失って悲しんでいるようだ



私は知らなかった


彼はいつから私から離れていったのか



私は知らなかった


この胸の痛みの正体を

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:52:57 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


ナイフのもう一つの使い方を



私は知らなかった


腕から紅い液体が流れるのを眺めていると、とても落ち着くことに



私は知らなかった


私は生きているということに

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:53:30 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


紅い液体が私の存在を見せてくれていることを



私は知らなかった


いつの間にか、自分の生きている存在意義を疑っていたことを



私は知らなかった


彼が泣いていたことに

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:54:02 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


彼が悲しんでいたことに



私は知らなかった


彼の周りには人がいなくなってたことに



私は知らなかった


優しい言葉をかけたら、彼がここまで私に近付いてくれるなんて

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:55:25 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


優しい言葉1つで彼を手に入れれるなんて



私は知らなかった


こんなに簡単に、また彼が私の元に戻ってくるなんて



私は知らなかった


幸せのつかみ方を

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:55:58 ID:VgeQdA/U



私は知らなかった


彼が私の腕を凝視していたことを



彼は知らなかった


私の腕のこの生きてる証を



彼は知らなかった


この生きてる証を知る快感を

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:56:36 ID:VgeQdA/U



彼は知らなかった


ナイフのもう一つの使い方を



彼は知らなかった


私の彼への優しさを



彼は知らなかった


私の彼への愛を

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:57:09 ID:VgeQdA/U



彼は知らなかった


私の彼への愛を



彼は知らなかった


この快感を



私は知らなかった


なぜ彼は私から逃げるのか

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 21:00:57 ID:VgeQdA/U



彼は知らなかった


私が悲しんでいることに



彼は知らなかった


私の愛の大きさを



彼は知らなかった


・・・・・。

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 21:02:01 ID:VgeQdA/U



私は知っていた


簡単な幸せのつかみ方を



彼は知らなかった


フォークとナイフの使い方を




知らないなら教えてあげてもいいよ




『生きている』を知ることで・・・

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 21:02:36 ID:VgeQdA/U
おわり

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 21:06:24 ID:J1.1/NiA
クリスタェ

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 21:18:30 ID:xn4bHOOM
乙。怖い作品。アニやサシャなどの女性陣も見てみたいと思った。怖いものみたさかな。

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 22:05:43 ID:.2c3SX5E
非常に良かった乙





お世話になってるアンテナサイト様のSS記事

【しいあんてな】

エレン「訓練所で一番いい女。」

【ワンピース】エレン「ワンピース……?」【長編SS】

エレン「>>2を>>4する」

エレン「ミカサに恋をした」

エレン「俺はミカサが好きだ!結婚してくれ!」ミカサ「えっ!?」

ミカサ「アニ、アニ 聞いて」

【ワロタあんてな】

エレン「乳が飲みてぇ」

悟空「仕事が決まったぞ」

幼馴染♀「先っちょだけ!先っちょだけだから!」

J( 'ー`)し「たかしへ。テラフォーマーが部屋に向かってます」

幼馴染「私たち付き合ってるよね?」男「え?」パンパンッ

【the 3rd 】

ユミル「ミドルなライナー」

ミーナ「お馬鹿なハンナ」

もしもエレンの家族がクリスタ、幼馴染がジャンだったら

アルミン「ごめんね・・・ごめんね・・」

ハンジ「リヴァイが変だ!!」