no title


1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:13:57 ID:ZeQ6mzzM
季節感無視
すぐ終わります

引用元: ライナー「ははは…は?」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:14:41 ID:ZeQ6mzzM
ライナー「どうした?口笛なんか吹いて、珍しく上機嫌だな」

ジャン「聞いてくれよライナー!さっき忘れ物取りに食堂に戻ったら、ミカサも居て、おやすみって言ったら、おやすみなさいって返してくれたんだよ!」

ライナー「ははは!そうか!良かったな!」
    「でも、夜に口笛吹くと蛇が来るぞ!」

ジャン ピタ…

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:15:21 ID:ZeQ6mzzM
ジャン「はぁ?なんだよそれ!そんなのあるわけないだろ!?」

ライナー「まぁ、ただの迷信――「なぁ!あるわけないよな!?蛇なんか来ないよな!?おい!なんとか言えよ!!」ガッ!!

ライナー「!?」
     「あぁ、そんなことあるわけ…?ジャン?」

ジャン「蛇がくるぞ…へ、蛇が…俺を食べに…蛇が…」ブツブツ
    「うわぁーーーーーー!!マルコーー!!」ダッ!!

ライナー「おい!ジャン!」ダッ

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:16:04 ID:ZeQ6mzzM

パチン…パチン…

ライナー「お、マルコ。こんな時間に爪切りか?」

マルコ「あぁ、切ろう切ろうと思っててすっかり忘れちゃって…」

ライナー「ははは、怪我しちまったら大変だからな!」
    「でも、夜に爪切ると親の死に目に合えないぞ!ははは…」



マルコ 「…え?」ピタ…

ライナー「え?」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:17:10 ID:ZeQ6mzzM

マルコ「それは、兵士になったら親より先に死ぬって事かい?」

ライナー「え?」

マルコ「そ、そりゃ訓練兵になった時点でそれなりの覚悟は出来てたけど…そんな…」
   「もう片手は切り終わっちゃったよ…どうしよ…どうしよ…」


ライナー「マ、マルコ…それは、迷信ってやつだ。信じなくていいんだ」

マルコ「ライナー。ありがとう。君は本当に優しいね」
    「僕、手紙書いてくるよ…」ガタ…


ライナー「マ、マルコ!」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:18:41 ID:ZeQ6mzzM


シャクシャクシャクシャク…

エレン「コニーん家のスイカ、すげぇうまいな!」

コニー「おう!俺んちのは土が違うんだ!その辺のより甘いだろ!」

アルミン「本当ありがたいよ。こんな立派なスイカ送ってくれるなんて!みんな喜んでたよ!」

エレン「ほんと、こんな甘いもの久しぶりだぜ!」

アルミン「エレン。そんなにがっついたらダメだよ」


ライナー「ははは、そうだぞ!」
    「スイカの種を食べたら、お腹から芽が出るぞ!」



ピタ…

ライナー「?」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:20:01 ID:ZeQ6mzzM



エレン「は…ははは、ライナーなに言ってんだよ。そんなことあるわけないだろ?」ガクガク

コニー「そ、そうだぞ!俺たちは巨人と違って消化器官があるからな!」ブルブル


ライナー「お、おい。これはあまり美味しくても種は食うなって意味の…」

アルミン「僕、もう食べっちゃったから気にせずにスイカを食べるよ」フッ…

エレン「そうだな…このスイカが最期の食べものでも満足だぜ…」

コニー「お、お前ら…」ジーン…


アルミン「そのくらいこのスイカは美味しいよ!」

エレン「ありがとな!コニー!」



ライナー「ち、違うんだ…!」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:21:03 ID:ZeQ6mzzM


ピカッ!!ゴロゴロゴロ…



マルコ「すごい荒れてるね」

エレン「明日訓練出来んのかな」

アルミン「うーん天気がおさまっても外がどうなってるかだね」



コニー「それにしても暑いぜ」パタパタ

ジャン「あぁ、めちゃくちゃ蒸してやがる」パタパタ

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:21:57 ID:ZeQ6mzzM

コニー「あーもうダメだ!服なんか着てらんねぇ!」ヌギ

ジャン「俺もだ!」ヌギ

ベルトルト「そうだね、この暑さじゃね」ヌギ



ライナー「ははは、へそ出してると雷さまにヘソとられるぞ!」


ピタ…


ライナー「ははは…?」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:23:04 ID:ZeQ6mzzM


エレン「ま、まさかそんなことするわけねぇじゃねぇか!」シャツイン

ジャン「お、おう!いくら暑いからって服くらい着るだろ!」シャツイン

コニー「お、おいライナー!そ、そんなことないよな!?」シャツイン

マルコ「王はおヘソのない僕なんか欲しくないかもしれない…」シャツイン


ライナー「おいおいおい…そんなはずがあるわけないだろ?」
     「これはただ、へそ出して寝るなってだけの話だよ!」
     「な!ベルトルト!」




ベルトルト ガタガタガタガタ…

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:24:06 ID:ZeQ6mzzM

ライナー「!?」


ベルトルト「ど、どうしよう…」


エレン「どうしたベルトルト!」

マルコ「ベルトルトの冷や汗が尋常じゃない!」

ジャン「大丈夫だ!俺たちだって同じだ!」

コニー「そうだぞ!取られるときはみんな一緒だ!」


ライナー「お、おい…」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:25:16 ID:ZeQ6mzzM


ベルトルト「ぼ、僕…

「超大型巨人なんだけど、巨人になる時にピカって雷みたいになるんだ…雷じゃないんだけど…でも雷みたいなのが…」


ライナー「!?」
    「おい!!ベルトルト!なに言って―――

ベルトルト「確かに!巨人にヘソはないけど、巨人のときは服どころか皮膚だって無いんだ!戻ったとき…僕のおヘソ…」







エレン「お、おい…なに言ってんだベルトルト…」

ライナー(まずい!!)

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:26:21 ID:ZeQ6mzzM

エレン「そんなの…巨人にならなきゃいいだろ!?」

ライナー「!?」

ジャン「そうだぞベルトルト!そんな近くで巨人になられちゃ俺たちのヘソだって無事かわからねぇしな!」

マルコ「そうだよ!巨人にならなければいいだけじゃないか!」


ベルトルト「で、でも僕たちは戦士だから人類を滅ぼさなきゃ…」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:27:55 ID:ZeQ6mzzM
コニー「おい、ベルトルト!戦士とヘソ、どっちが大事なんだ!?」べ「ヘソ!!」

コニー「だろ!!」ニッ☆



ベルトルト「うん…うん…僕もう超大型巨人になって壁なんか壊さないよ…」グスグス…

ライナー(とりあえずは、どうにかなったか!?)



アルミン「ね、ねぇみんな、なんで気付かないの…?それよりも…

ライナー(くそ!アルミンはさすがに…!!)







アルミン「ピカっ!と、ゴロゴロの間隔が長くなってきたよ!」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:28:45 ID:ZeQ6mzzM


その後、超大型巨人が現れることはなかった。




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 12:30:21 ID:ZeQ6mzzM
すぐ終わりました。

思い付きでした。

ありがとうございました。

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:20:09 ID:ZeQ6mzzM
こんな短いのに、予想外の温かい反応に驚きです。

ありがとうございます。


完結させてしまいましたが、知らなった迷信や、女子の方などのお題も頂いたので少しなら書こうと思います。

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:21:37 ID:ZeQ6mzzM

ギャーギャー
ジャン「おい!コニー!エレン!遊んでないでちゃんと皮むきしろよ!」

コニー「エレン!勝負だ!」on ザル

エレン「受けて立つ!」on ザル

ジャン「ごぼう持ってザルかぶってんじゃねぇ!いくつだよ!」


ライナー「ははは、ザルかぶってると背が伸びなくなるぞ!」


ピタ

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:22:50 ID:ZeQ6mzzM

コニー「へっ!俺は背なんか気にするような小さい男じゃないし!」off ザル

エレン「そうだぞ!別にミカサと同じ身長なんてきにしてねぇんだから!」off ザル


ライナー「そうそう、ちゃんとザルの正しい使い方してくれ」







ユミル「おい、ライナー…お前の親友はバカ共以上にバカになっちまったのか…?」

ライナー「は?」

ユミル「ザルかぶってんぞ」


ベルトルト on ザル




ライナー「…」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:26:17 ID:ZeQ6mzzM


ガヤガヤ


クリスタ「みんなで休日に出かけるなんて久しぶりだね!」

サシャ「はい!ごはんも美味しいですし!」

ユミル「じゃあそろそろ行くか!」

ミカサ「えぇ。一人いくら払えばいい?」


ユミル「なんだミカサ?ずいぶん財布がパンパンじゃねぇか」
    「払ってくれてもいいんだぜ?」ニヒヒ

クリスタ「もう!ユミルってば!でも確かにパンパンで重そうだね。小銭いっぱいなら、お札に変えようか?」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:27:35 ID:ZeQ6mzzM

ミカサ「?」
   「ありがとう、クリスタ。でもその必要はない。お金ではないから」
    パカ

!?


ユミル「この白いペラペラしてるのはなんだ?」

クリスタ「ぎっちり入ってるね」




サシャ「これは蛇の抜け殻じゃないですか?」

ユミル・クリスタ !?

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:28:33 ID:ZeQ6mzzM

ミカサ「さすがサシャ。そう、これは蛇の抜け殻。これを入れておくとお金が貯まる。

サシャ「へぇー!そうなんですか!今度私も見つけたらやってみます!」
    
    「!?」
    「大変ですミカサ!ユミルとクリスタが目を開けたまま気絶してます!!」


ミカサ「大変!今すぐ助けなくては!」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:41:20 ID:ZeQ6mzzM


ブーン…ぐさっ!


ライナー「いたっ!!」

コニー「どうしたライナー?」

ライナー「どうやら蜂に刺されたようだ。大したことな―――

コニー「なんだって!?おい!みんな!ライナーが蜂に刺された!!集まれ!」

ライナー「おいおい、そんな大げさな…」

コニー「なに言ってんだ!多ければ多い方がいいだろ!」

ライナー「?」

エレン・アルミン・ジャン・ベルトルト「どしたどした?」ワサワサ

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:42:59 ID:ZeQ6mzzM


コニー「ライナーが蜂に刺された!応急処置をするからお前らズボン脱げ!」ヌギヌギ

ライナー「!?は!? なんでズボン脱ぐんだよ!?」

エレン「ライナー、コニーは狩猟民族だぞ!こういうのは俺らより詳しいんだ!」ヌギヌギ

アルミン「そうだよ。こういうのは本に載ってるようなものより理にかなってる時があるんだ!」ヌギヌギ

ベルトルト「…」ヌギヌギ

ライナー「は!?いやいやおかしいだろ!?ズボン脱いでどうすんだよ!」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:44:24 ID:ZeQ6mzzM

コニー「よし!お前ら!ライナーに小便かけるんだ!」

エレン「了解だぜ!」

アルミン「すごい!僕も知らなった処置方法だ!」

ベルトルト「ライナーが助かるなら…」

ライナー「おい!!冗談だろ!?早くしまえよ!!!!」

コニー「行くぞ!せーの…!」

ライナー「ちょ、ちょちょ…!うぎゃーーーー!!」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:46:20 ID:ZeQ6mzzM

スタスタスタ…ポト


アニ「ミカサ、ハンカチ落としたよ」ハイ

ミカサ「ありがとう。」「…!」

アニ「どうかしたの?」

ミカサ「今、あなたの手がとても冷たかった…」

アニ「あぁ、冷え性だからね」


ミカサ「違う。手が冷たい人は心が温かい人。」
   「アニ、あなたはいつもあまり人と関わらないようにしている。でも本当はとても優しい人。誤解されることも多い。現に、こうしてハンカチを拾ってくれた」

アニ「なに言ってんだい。私は気が向いたからそうしただけだよ」アセアセ

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:47:42 ID:ZeQ6mzzM

ミカサ「やはりあなたは素直でない。私がみんなに教えてあげなくては…」グイ

アニ「ちょっと!いきなり引っ張るんじゃないよ!離しな!」ズルズル…




ミカサ「みんな、聞いて。手が冷たい人は心が温かい人。アニの手はとても冷たい。」
   「アニはとても優しい人。みんな勘違いしている。ほら、手を触ってみて」

アニ「!?」
  「は!?なにあんた勝手に人に手を触らしてるんだ!?」

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:48:44 ID:ZeQ6mzzM

サシャ「本当ですね!アニ、すごく手が冷たいです。」ニギニギ
クリスタ「わぁ!本当に冷たい!大丈夫?」ニギニギ
ミーナ「もう!本当にアニは素直じゃないんだから」ニギニギ


アニ「ち、違うんだ!人の手をニギニギするな!」アセアセ テレテレ


ユミル「そんな嬉しそうな顔して言ったって説得力ないぞ!優しいアニちゃん」ニギニギ



ミカサ「みんな、仲良し。とてもいいいこと」

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:50:32 ID:ZeQ6mzzM

バタバタ…

マルコ「もういい加減やめなよ…」ハァ


ジャン「この死に急ぎ野郎が!!」ガッ!!

エレン「なんなんだよ!いつもいつも!!」ガッ!!
    「こんな狭いところで暴れたら危ないだろ!!」

ジャン「うるせぇー!」ダン!
エレン「!? うわ!!」ヨロ…


マルコ「!! アルミン!危ない!」


アルミン「うわぁぁ!!」


ドスン

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:51:56 ID:ZeQ6mzzM


エレン「ア、アルミン!悪い!大丈夫か!?」

アルミン「ぼ、僕は大丈夫だけど…本が…」

エレン「!?」
    「!! ごめん!!アルミン!本が俺の足の下敷きになったなんて…!!」



アルミン「う、うわぁーーん」ぽろぽろ

エレン・ジャン・マルコ「!?」



エレン「本当にごめん!アルミン!」

ジャン「アルミン!俺が悪いんだ!すまねぇ!!」

マルコ「僕も危ないってわかってたのにとめられなくて!ごめん!」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:53:34 ID:ZeQ6mzzM


アルミン「ぼ、僕はいいんだ…」
     「でも、本を踏むと字が読めなくなっちゃうからエレンがぁーーー」うわぁーん


エレン・ジャン・マルコ「!?」



エレン「アルミン…」ジーン

ジャン・マルコ「…」ジーン


アルミン・エレン・ジャン・マルコ「うわぁーーん」ぽろぽろ





コニー「なんであいつら抱き合って泣いてんだ?」
ベルトルト「さぁ…?どうしたんだろうね」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 21:59:24 ID:ZeQ6mzzM
とりあえず、書ける分は終了です。

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 22:11:15 ID:ZeQ6mzzM
訂正
>>31 ジャンは居ないことにしてください。

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 22:13:12 ID:ZeQ6mzzM
put on a~

take off a~

らしい?
分かりにくくてすいません

53: 2013/12/27(金) 18:16:40 ID:OUw2Sq.Q
レスありがとうございます。

54: 2013/12/27(金) 18:18:41 ID:OUw2Sq.Q

にゃお~ん…

クリスタ「あ!猫だ!かわいい~」

ミカサ「!」
   「クリスタ、あの猫は黒猫、違う?」

クリスタ「? そうだね。全身真っ黒の黒猫だね。」

ミカサ「黒猫が横切ると不吉…そしてあの黒猫の進行方向的に私たちの前を横切る」

クリスタ「え!?どうしよう!?」

ミカサ「大丈夫。横切るようにならないよう、私たちが動けばいいだけ。こっち」タタタ…

クリスタ「うん」タタタ…

55: 2013/12/27(金) 18:19:54 ID:OUw2Sq.Q

猫 クル

クリスタ「! 今度はこっちを向いた!!」
ミカサ「クリスタ!こっち!!」ダッ!!
クリスタ ダッ!!

猫 クル

ミカサ「また!?」キュッ! ズザァ
クリスタ「待って!!」キュッ! ズザァ

クル
ズザァァァァァ
ズザァァァァァ
クル
ダダ!





エレン「ミカサたち、猫の周りグルグルしてなにやってんだ?」

アルミン「ディフェンス?」

56: 2013/12/27(金) 18:20:53 ID:OUw2Sq.Q

ヌリヌリ

ミーナ「アニ、珍しく鏡とにらめっこしてどうしたの?」

アニ「ニキビが出来ちゃってね。薬を塗ってるんだよ」ヌリヌリ

ミーナ「あ!アニ!そこのニキビ、想われニキビだ~!!」ウキウキ

アニ「なんだいそれ?」

ミーナ「誰かがアニのことを好きだってニキビだよ」ニヤニヤ

アニ「またそんな変なこと言って…」ハァ

57: 2013/12/27(金) 18:21:33 ID:OUw2Sq.Q

ミーナ「ちなみに、鼻にできると両想い」

ミカサ「アニ!!」

アニ・ミーナ ビクッ!!

ミカサ「ニキビの作り方を至急教えてほしい!」ズイ




アニ・ミーナ「…」

58: 2013/12/27(金) 18:22:34 ID:OUw2Sq.Q

ごろん…

サシャ「ふぅ~今日はたくさんご飯が食べられて幸せです」ゴロゴロ

ミカサ「サシャ、食べてすぐ寝てはダメ。牛になってしまう」

サシャ「!?」ガバッ!!
   「まだ大丈夫ですよね!?あのくらいじゃセーフですよね!?」

ユミル「お、おい…サシャ、お前顔が白黒模様になってきてるぞ…」


サシャ「そ、そんな…!?今すぐ洗えばどうにか!!洗面所~!!」ダダダダダダ…

59: 2013/12/27(金) 18:23:37 ID:OUw2Sq.Q


ミカサ「…ユミル、どうしてあんなことを言ったの?」

ユミル「いつも人の飯とっていくあいつにはいいお仕置きだよ」ヒヒヒ



バシャバシャ…
サシャ「ミカサが教えてくれたから、牛さんになりきらずにすみました」ホッ
   「ん!?でもこれは…」



翌日
サシャ「さぁみなさん!!ご飯食べたら食堂にベッドを用意したので、すぐに寝て疲労を回復してください!!私がマッサージします!」

ミカサ・ユミル「…」

60: 2013/12/27(金) 18:25:06 ID:OUw2Sq.Q
ミカサ「サシャ、何をしているの?」

サシャ「あ!ミカサ!みなさんに牛になってもらえば、牛乳とかチーズが食べられると思いまして!教えてくれたミカサとユミルにはちゃんと半分分けてあげますよ!」


ミカサ「サシャ、あれは――」
サシャ「あ~楽しみです」ジュル…
ミカサ「聞いて――」
サシャ「あ!ヨーグルトもできますね」ジュルリ
ミカサ「迷信というものがあって―――」

ユミル「ミカサ、お前の言語力じゃダメだ。」




ユミル「…芋女、戻すときはどうするつもりだ?」

サシャ「あ…」

61: 2013/12/27(金) 18:26:57 ID:OUw2Sq.Q

のび~…ぐにゃぁ~

エレン「ミカサは体が柔らかいな」

アルミン「本当にすごいよね。あんなところから顔が出るなんて」


エレン「気持ち悪いけどな」

アルミン「…」

ミカサ「アルミン、どうして黙ったの?」シルクドゥソレイユ

アルミン「え…!あ!ごめん。ちょっと王政の政策について考えてた」
    「でも、体が柔らかいのがミカサの強さの一因かも知れないね」

エレン「なに!?ほんとかアルミン!」

アルミン「うん。立体機動もしなやかな身のこなしが重要になってくるからね」

62: 2013/12/27(金) 18:28:26 ID:OUw2Sq.Q

エレン「ミカサ!どうしたらそんなに柔らかくなるんだ!?教えてくれ!」


ミカサ「毎日お風呂上がりにストレッチとしか…」
   「!」
   「そういえば、体が柔らかくなる裏ワザがあった」


エレン「なに!?」

63: 2013/12/27(金) 18:29:27 ID:OUw2Sq.Q

ミカサ「昔、お母さんがお酢を飲むと体が柔らかくなると言っていた」

エレン「よし!アルミン急いで食堂に行くぞ!」グイ
アルミン「待ってよ、僕はいいよ!」ズルズル…






エレン「げほぉ!ごほごほ…うぇ…げほ!がは!おぇぇえ」涙目

アルミン「どうしてコップ一杯の調理酢を一気飲みするのさ…」

エレン 「はぁはぁはぁ…死ぬかと思っ…ぐほ!!おぇぇえええ…」

65: 2013/12/27(金) 18:30:28 ID:OUw2Sq.Q

ねりねり…

ユミル「サシャ、なにやってんだ?」

サシャ「これはからしを練ってます。変わりばえしない食事に少しでも変化をと思いまして」

エレン「俺もねりねりしたい!」ワクワク

ユミル「ほ~。ミカサ、ジャンに手伝ってくれって言って来い」

ミカサ「? わかった」スタスタ

66: 2013/12/27(金) 18:31:30 ID:OUw2Sq.Q

ばーん!
ジャン「ミカサの頼みとあれば、お安い御用だ!!」ネリネリネリネリ…

マルコ「そんなに張り切らなくても…」

エレン「どうしてジャンなんだよ?」ムス

ユミル「からしは意地悪なやつに練らせると、辛くてうまくなるんだよ」ニヤ

マルコ「ジャン…」 ジャン「~♪」ネリネリネリネリ…

67: 2013/12/27(金) 18:32:32 ID:OUw2Sq.Q


エレン「ん?じゃあ、ユミルでもいいんじゃないか?」

サシャ・マルコ・ミカサ「…」
ユミル「あぁ?もう一回言ってみろ…」


エレン「ユミルでもいいん―――!?」
ミカサ「エレン、それ以上口を開かないで!!」ガバッ!!


エレン「~~~~!!」モガモガ

68: 2013/12/27(金) 18:33:53 ID:OUw2Sq.Q

チュンチュン…

コニー「ふぁぁ…よく寝た!!」

エレン「おう!おはよう!起きろみんな!」

アルミン「おはよう。二人とも朝から元気だね」




ベルトルト「うわぁああああああ!!!!」

69: 2013/12/27(金) 18:34:56 ID:OUw2Sq.Q

ライナー「どうした!?」

ベルトルト「あの陰にすごく大きいクモが!!」


コニー「よし!俺が退治してやる!」ダッ!

エレン「駆逐だぁあぁあああああ!!」ダダダダダダ…!!



ライナー「待てコニー、エレン。朝に出たクモは縁起がいいから殺しちゃダメだ」


コニー・エレン「なにぃ!?」ピタ

70: 2013/12/27(金) 18:36:11 ID:OUw2Sq.Q

ライナー「ははは、きっとほっとけばどっかに行くだろう」
    「さ、準備するぞ」

エレン「だったら殺せないな」

コニー「おう、今ライナーの方に向かったんだけどな」


ベルトルト「ライナー!背中にクモが!!」

71: 2013/12/27(金) 18:37:29 ID:OUw2Sq.Q

ライナー「ん!?」クル
    「早くとってくれ!」

コニー「でもなぁ…」
エレン「ダメなんだろ?」

アルミン「ライナー!動いちゃだめだ!!」

ライナー「そんなこと信じなくていいか―――」カサカサカサ…
     「うわぁあああ!」

コニー「ライナーの服の中に入ってもなぁ…」
エレン「ダメなんだろ?」

72: 2013/12/27(金) 18:38:25 ID:OUw2Sq.Q

ライナー 「うわぁあ!!」ドタバタドタバタ!!


アルミン「ライナー!クモが潰れちゃう!やめて!」

ベルトルト「暴れちゃダメだ!クモが!あと、こっち来ないで!!」



ライナー「くそぉおおお!!」ジタバタ…

73: 2013/12/27(金) 18:39:46 ID:OUw2Sq.Q

パチン…パチン…

ジャン「あ~!!くそ!イライラする!!」

エレン「どうした?」

ジャン「ささくれがとれねぇんだよ、ほら」ガジガジ

アルミン「これは爪切りでも取れないうっとうしい長さだね」

ベルトルト「これくらいが一番気になるよね」


ライナー「ははは、ささくれがあるやつは親不孝者って言われてるんだぞ」
    「トロスト区なんだから、たまには―――」



エレン「え…」ピタ

74: 2013/12/27(金) 18:41:13 ID:OUw2Sq.Q


エレン「俺の手…両手にささくれ…」ガジガジ

ライナー「!?」

エレン「俺に力がなかったから、母さんを…俺は、世界一の親不孝者だ…うぅ…」グスグス

ライナー「すまない!そんなつもりじゃなかったんだ!!エレン!本当にすまない!!」土下座

アルミン「ライナー!なんてこと言うんだ!!」
ジャン「おい!さすがに今のはねぇよ!!」
ベルトルト「ライナー!僕の傷をえぐらないでくれ!!」

ライナー「本当にすまない!!」土下座




コニー「珍しいな、ジャンがエレンを慰めてるぞ」

マルコ「それよりもベルトルトがライナーをタコ殴りにしてる方がめったに見られない光景じゃないかな」

75: 2013/12/27(金) 18:42:46 ID:OUw2Sq.Q

次の人どうぞ~…

アルミン「う~ん…」
コニー「う~ん…」

ライナー「どうした?」

ベルトルト「意外な組み合わせで悩んでるね」

アルミン「今、身体測定終わったんだけど、背が去年から全然伸びてないんだ」

コニー「俺とアルミンは女子にも負けてるからな」

76: 2013/12/27(金) 18:43:54 ID:OUw2Sq.Q

ライナー「ははは、そんなことか!心配しなくても大丈夫だ」
    「身長は25歳の朝ごはんまで伸びるらしいぞ」

ベルトルト「でもそしたら僕たちももっと伸びちゃうね、ははは」



アルミン・コニー「え?」ピタ…

ライナー・ベルトルト「?」

77: 2013/12/27(金) 18:44:54 ID:OUw2Sq.Q

アルミン「二人は…」
コニー「巨人なのか…?」


ライナー・ベルトルト「え」ピタ

ライナー「そ、そそそそんなことあるわけないだろ?」ダラダラ
ベルトルト「ぼぼぼぼぼぼぼくたちは人間だよ!!」ダラダラ

78: 2013/12/27(金) 18:46:19 ID:OUw2Sq.Q

コニー「なんてな!!」ニコ
アルミン「二人とも慌てすぎだよ~」ニコ


コニー「でもほんとにこのまま伸び続けたらベルトルトなんて超大型巨人になっちまうよな!」ワイワイ

アルミン「じゃあ次に大きいライナーは鎧の巨人だね!」ワイワイ




ライナー・ベルトルト「ハハハハハハ…」

マルコ「ライナー、ベルトルト、顔面蒼白だけど大丈夫?」
ジャン「お前らどこ見てんだよ?焦点あってねぇぞ」

80: 2013/12/27(金) 18:57:14 ID:OUw2Sq.Q
迷信って進撃の世界と合わせるの難しい
敷居を踏むと部屋で帽子は合わせられなかった。すみません

かなりマイナーなものまで入れたので、もうネタ切れ

これで完結にさせていただきます。
ありがとうございました。