コニー・スプリンガー 進撃の巨人ちゃんねる


1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:22:35 ID:gJ/Za/n6

夜 男子寮


コニー「みんな聞いてほしいんだけどさ」



コニー「恋ってなんだ?」

コニー以外「!?」

引用元: コニー「恋ってなんだ?」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:24:37 ID:gJ/Za/n6

ライナー「どうしたんだいきなり」

アルミン「きゅうに変なこと言い出さないでよ……」

エレン「は?何言ってんだよ」

マルコ「何かあったの?」



コニー「実は……」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:28:55 ID:gJ/Za/n6

______

昨日 対人格闘術の訓練中


サシャ「いきますよコニー!」

コニー「望むところだ!」

サシャ「はっ」

コニー「とうっ」


スタスタ


ユミル「またバカらしいことしてんのか」

コニ・サシャ「ユミル!」

サシャ「何か用ですか?」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:31:55 ID:I1FPf39Q

ユミル「いや……一応男女なのにどうしてこんな色気ねぇんだろうなと思って」

ユミル「ま、それはアイツらにも言えることだが」チラッ





エレン「いてぇ……」

アニ「もう終わり?」

エレン「んなわけないだろ、もう一回だ!」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:34:45 ID:I1FPf39Q

サシャ「?エレンとアニですか」

コニー「色気?それって必要なもんなのか」

ユミル「必要ってか、素直に疑問だったんだよ。でもまあお前らって色気とか恋愛とか無縁そうだ」



コニー「うわーお前には言われたくねぇ」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:36:48 ID:I1FPf39Q

ユミル「あ?」ピクッ

コニー「大体、ユミルはしたことあんのかよ、恋愛とか」

ユミル「ふんっ、私はクリスタ一筋だ」

サシャ「えっ、ユミルって女の子が好きなんですか?」

ユミル「……」

コニー「マジかよ!?なんかすごいな」



ユミル(しまった、冗談が通じない。絡む相手を間違えたか)

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:41:11 ID:gJ/Za/n6

ユミル「って私のことはどうでもいいだろ」

サシャ「恋愛ですか、たまに他の人がそれについて喋っているのは聞きますけど」

サシャ「私はあまり興味ないですね」

ユミル「お前は色気より食い気ってわけか」

コニー「むしろ恋愛ってなんだよ?」

ユミル「……さあ?そのない脳みそで考えてみな。恋愛どころか恋すらしたことなさそうに見えるけど」

サシャ「恋ってあれですか、胸が苦しくなるという噂の」

コニー「それ病気じゃねぇか!!」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:43:23 ID:gJ/Za/n6

コニー「こぇえ……そんなんになるなら一生したくない」

サシャ「恐ろしいですね」



ユミル(なんだコイツら)

ユミル「バカだろ」

サシャ「だって心臓がドクドクするらしいですよ?怖いに決まってるじゃないですか」

コニー「いつか死にそうだ」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:46:14 ID:gJ/Za/n6

ユミル(やべ、おもしれぇ)

ユミル「まー死ぬかもな」



コニ・サシャ「!?」ビクッ

ユミル「恋の病とか言うし、下手したら死ぬかもな」

サシャ「なななななっ!?そんな話をみんないつもしてるんですか!」

コニー「こぇえ……やべぇって」

ユミル「はっ、でもバカには関係ないか」

ユミル「じゃあな」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:47:57 ID:gJ/Za/n6

______



コニー「っていうことがあって」

コニー「たまにお前らそういう話してんだろ?だからいつもそんな怖い話してんのかと思って」

コニー「聞いてみた」



コニー以外(バカだコイツ)

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:50:21 ID:gJ/Za/n6

アルミン「コニーそれは、ユミルにからかわれたんじゃないかな?」

コニー「は?」

アルミン「恋ってそんな重たい……いやある意味重たいけど」

アルミン「そんな死ぬような病気じゃないと思うんだ」

コニー「アルミンは恋したことあんのか!?」ガシッ

アルミン「うわっ、そんな強く肩掴まないでよ」

コニー「あ、悪い」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:53:38 ID:gJ/Za/n6

アルミン「僕は昔から身近にいる女子はミカサだけだったし、そういうことはないかな」

コニー「じゃあなんでそんな知ってる風に言えるんだ!」

ライナー「普通にしたことなくても知ってると思うんだが」

コニー「はっ!?じゃあマルコは?」

マルコ「そのくらいなら、僕はあんまり詳しくないけどジャンなら分かるんじゃない?」

ライナー「お、恋してる奴が実際にいたな」

コニー「ジャンっ!」バッ



ジャン「なっ!?」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:55:37 ID:gJ/Za/n6

ジャン「ちょっと待て」

ライナー「お前って確かミカサが好きなんじゃないのか」

エレン「は!?マジか……お前はああいうのが好みなのか」

ジャン「なに余裕こえてんだよくそがっ……死に急ぎ野郎のくせに」

エレン「なんだと!?」

コニー「ケンカなら後にしろよ!今は俺の質問に答えてくれ!」

ジャン「なんでお前はそんな必死なんだよ」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:58:04 ID:gJ/Za/n6

コニー「ユミルにそんなこと言われて、よくわかんねぇけどムカついたから」

アルミン(コニーにも一応からかわれたって自覚はあるのか)

ジャン「あれだろ?それはお前があまりにもバカだったから言われたことだ」

ジャン「真に受けんなよ」

アルミン「フォローのかけらにもなってないよジャン!」

マルコ(むしろ更にバカにしている……)

ジャン「ああ悪いなぁ、わざとじゃないんだ」ニヤリ

マルコ「ジャン、悪い顔になってるよ」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 01:59:54 ID:gJ/Za/n6

アルミン「そういえば、恋とかの話なら女子の方がしてるんじゃない?」

コニー「女?」

ライナー「俺も女の話は八割方恋愛話だと聞いたことがある」

コニー「サシャは一応女だけど聞いたことないぞ」

ジャン「そりゃあの芋女は論外だろ……」

ライナー「恋愛話を持ちかけてきたのもユミルだろう?あれも女だしな」

アルミン「ユミルなんかは一番論外だと思うよ……」

コニー「女か!」

コニー「じゃあ明日恋について女に聞いて回ろう」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:02:44 ID:gJ/Za/n6

アルミン「えっ」

マルコ「コニーそれは」

ライナー「はは、面白いこと考えるんだなお前は」

ジャン「バカみたいだ、いやバカなのか」



エレン「……でも俺もミカサからそういう話聞いたことないな」

アルミン「ミカサはミカサだからね……あんまり興味なさそうだよ」

ライナー「論外な女が多すぎだろう。でもそれを言うとアニなんかも論外じゃないか」

アルミン「確かに、アニも興味なさそう。だったらハンナとかはどうなのかな」

マルコ「そういえばこういうとき一番頼りになりそうなフランツがいないね」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:05:08 ID:gJ/Za/n6

エレン「フランツならけっこう前にハンナと会うって言って出てったぞ……?」

コニー「肝心なときにいねぇなアイツも」ハァ

ジャン「バカップルだもんなあの二人」

ジャン(うらやましい)

ライナー「だがそろそろ就寝時間だぞ」

アルミン「もうそんな時間か、明日も早いし寝ようか」

エレン「俺も眠くなってきた」

マルコ「僕も。おやすみ」

コニー「みんな協力ありがとな!」

ライナー「おう」

ベルトルト「おやすみ」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:07:17 ID:gJ/Za/n6

次の日 食堂


コニー「ミカサ!」

ミカサ「?」

コニー「恋ってなんだ?」

アルミン「!?」ゲホゴホッ

アルミン(いきなりすぎるだろう!?)

エレン「おいアルミン、大丈夫か?」



ミカサ「エレン、アルミン……コニーは何を言っているの?」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:09:45 ID:gJ/Za/n6

コニー「なんだ聞こえなかったのか?」

コニー「恋ってなんだ?って言ったんだ」

ミカサ「……」

コニー「そういえば」

コニー「お前ってエレンにべったりだよな、もしかしてエレンのことが好きなのか?」

ミカサ「……!」



アルミン(頼むコニー!空気を読んでくれ!)ゴホッ

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:12:03 ID:gJ/Za/n6



ミカサ「……違う」

ミカサ「エレンは家族、そばにいるのは当たり前」

コニー「そうなのか?」

エレン「大体それならいつもアルミンも一緒だろ」

コニー「確かに、でもミカサは恋とかしたことあるか?」

ミカサ「ない」

ミカサ「ので私ではその質問に答えられない」

アルミン「即答だね……」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:14:34 ID:gJ/Za/n6

コニー「じゃあミカサも俺の仲間だな!」

アルミン「いや、ミカサとコニーを一緒にしちゃダメでしょ」

エレン「そうだな。ミカサはこう見えても一応女だし」

ミカサ「……一応?」

アルミン(フォローのつもりだろうけど、でもそういう意味で言ったんじゃない)



アルミン(というかさっきからこっちをちら見してくるジャンが気になる……)

ジャン(ミカサはエレンが恋愛対象として好きじゃないのか)ジー

ジャン(よかった)ホッ

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:16:26 ID:gJ/Za/n6

コニー「ミカサ、ありがとな!じゃあ俺は次に行く」

ミカサ(……一応。……一応)

エレン「行動力あるな、アイツ」

アルミン「本当に実行するとは思わなかったよ」



ジャン(……)ジー

アルミン(本当に何もなくてよかった……)フゥ

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:18:25 ID:gJ/Za/n6



スタスタ



コニー「ようクリスタ」

クリスタ「コニー?」

コニー「恋ってなんだ?」

ユミル「!?」

ユミル(何言ってんだよこのハゲが!)

クリスタ「えっ?恋?」

コニー「昨日ユミルに恋について考えてみろって言われたから、他の奴の意見を聞くことにした」

クリスタ「ユミルそんなこと言ったの?」

ユミル「……チッ」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:20:41 ID:gJ/Za/n6

ユミル「私はない脳みそで考えてみなって言ったんだが?」イライラ

コニー「残念だユミル」

コニー「考えたんだが俺はやっぱりバカだった」

コニー「何も分からなかった」ハァ

ユミル(なんでこんな深刻に悩んでるんだ?)

クリスタ「……」



クリスタ「恋っていうのは、一緒にいて楽しいとか思うこと……とか?」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:22:18 ID:gJ/Za/n6

ユミル「クリスタこんなバカが言うこと答えなくていいんだぞ」

クリスタ「でも悩んでるみたいだったから」





コニー「……はっ!?」

コニー「それなら俺は、友達全員に恋してるのか……?」



ユミ・クリ「!?」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:24:11 ID:gJ/Za/n6

クリスタ「いや待ってコニー」

コニー「だって俺楽しいぞ!みんなと話してんの、これが恋なのか!」

クリスタ「コニーってば」

ユミル「コニー!クリスタが呼んでる、無視すんな」

コニー「あ?なんだよ」

クリスタ「あと同時に、一緒にいて苦しくなるとか」



コニー「やっぱ病気じゃねぇか!!」

コニー「楽しいのに苦しいのか、意味わかんねー」

コニー「俺がバカだからか?」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:25:29 ID:gJ/Za/n6

クリスタ「う、説明が難しいな……」

ユミル「一緒にいて心拍数が上がれば恋なんだろ」

クリスタ「夢がなさすぎるよユミル!」

コニー「お前が俺に恋は何なのかって言ってたくせに答えんのか」

ユミル「私はクリスタに向かって言ってんだよ」

クリスタ「あ!」

コニー「なんだクリスタ、他にもあるのか?」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:27:23 ID:gJ/Za/n6

クリスタ「その人が他の異性と仲良くしてたらイライラするとかかな」

ユミル「嫉妬ってやつか」

クリスタ「そう」

コニー「なんだそれ、余計に分からなくなった」

ユミル「嫉妬の意味も知らねぇのかよ」

コニー「そ、そんくらいは知ってるけどよ!一緒にいて楽しくて苦しくて嫉妬するとか意味わかんね」

ユミル「お前お子ちゃまなんだな」

コニー「うっせ」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:29:08 ID:gJ/Za/n6



クリスタ「うーん。私からはこれ以上言えないなぁ」

コニー「よく分からなかったけど、ありがとな!」

クリスタ「役に立てなくてごめんね」

コニー「でもクリスタは詳しいな、恋したことあんのか?」

クリスタ「えっ」キョトン

クリスタ「私は……どうだろう?」

コニー「は?俺に聞くなよ」

クリスタ「そういうのはちょっと分からないかも」

コニー「なんでみんな恋したことないのに語れるんだ……」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:30:15 ID:gJ/Za/n6

ユミル「もういいだろ、あっちいけよ」

コニー「ああ……じゃあ次いってくる」

クリスタ「あれ、でも恋ってなんだろう?」



ユミル(クリスタが深みにはまっちまった)

ユミル(コニーのせいで)

ユミル(って元凶は私なのか?)



ユミル「絡む相手を間違えたか……」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:31:18 ID:gJ/Za/n6



スタスタ



コニー「アニ」

アニ「……何か用?」



ライナー(まさかコニー、アニにまで聞くのか)

ベルトルト(……!ま、良い答えが返ってくるとは思わないけど)



コニー「恋ってなんだ?」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:32:58 ID:gJ/Za/n6

アニ「……」



アニ「どっかに頭でもぶつけた?」

コニー「はっ!?なんでそうなるんだよ」

コニー「俺はいたって真面目に聞いてるんだ」

アニ「というか、それを私に聞くの?」

コニー「とりあえず知り合いの女に片っ端から聞いて回ってみてる」

コニー「だけどイマイチよく分かんねぇ。クリスタのが具体的だったけど俺には何を言ってるのかさっぱりだったぜ」フゥ



アニ(……バカ?)

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:34:53 ID:gJ/Za/n6

アニ「恋とか、考えたことないから分からない」

アニ「そんなこと考えてる暇なんてない」

アニ「それは誰でも同じでしょ。答えのないものを考えるなら役に立つ知識のひとつでも覚えた方がいいんじゃないの?」

コニー「なんかものすごく正しいことを言われてる気がするな……」



ライナー(気がするじゃなくて言われてるんだろう)

ベルトルト(それは正論)

ベルトルト(確かに……そんなこと考えてる暇はない、か)

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:36:37 ID:gJ/Za/n6

コニー「とりあえずアニも分かんないのか……全然ダメだ」

アニ「本当、バカなことするね」

コニー「昨日からいろんな奴にバカバカ言われすぎてもう何も感じねぇよ」

アニ「ふーん?」

コニー「アニ、ありがとな!」

コニー「さて次は……」キョロキョロ




ミーナ「あ!アニ、ここにいたんだ」スタスタ

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:38:03 ID:gJ/Za/n6



コニー「お」

ミーナ「なになに、取り込み中?何の話してたの?」

コニー「お前女だしちょうど良いから聞くけど」

ミーナ「何?」

コニー「恋ってなんだ?」



ミーナ「……恋?」

コニー「ユミルからは死ぬような病気だと言われて、アルミンにはそれを否定されて、クリスタは楽しくて苦しくて嫉妬するのが恋だと」

ミーナ「……」

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:39:18 ID:gJ/Za/n6

ミーナ「うーん、どうなんだろう」

コニー「やっぱりお前も分かんねぇのか?」

ミーナ「ほら私たちって訓練兵じゃない?」

コニー「ああ」

ミーナ「だから今の状況下で軽々しく恋愛する人はあまりいないと思うの」

コニー「フランツとハンナは何なんだよ……」

ミーナ「それは」



ミーナ「例外よ」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:40:39 ID:gJ/Za/n6

コニー「まあいいけどよ。つまりミーナは何が言いたいんだ?」

ミーナ「私が言いたいことは、こうやって聞き回っても得になるような情報は得られないんじゃないかってこと」

コニー「聞き回ること自体が無駄ってことか?」

ミーナ「少なくともコニーにはそんなことより大切なものがあるんじゃないの?」

コニー「んー……?」

ミーナ「ってことだからごめんね、恋については自分で考えた方がいいよ」

コニー「ああ、ありがとな。でも一応他にも聞いてみる。ここまできたんだし」

コニー「じゃあな」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:41:58 ID:gJ/Za/n6

コニー(話が最初に戻っちまった)

コニー(結局恋ってよく分かんねぇし)

コニー(最後にハンナに聞いてみるか……サシャはいいや、興味ないって言ってたし)



スタスタ



コニー「ハンナ、あとついでにフランツ」

ハンナ「あらコニーじゃない」

フランツ「やあコニー、ついでってひどくないか」

コニー「お前らに聞きたいことがあるんだけど」

コニー「恋ってなんだ?」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:43:31 ID:gJ/Za/n6



ハンナ「恋?」

フランツ「いきなりどうしたんだコニー」アセアセ

ハンナ「好きな人でもできたの?」

コニー「できないし分からないから聞いてんだけど」

ハンナ「聞く聞かない以前に、人によって定義は人それぞれだと思う」

フランツ「あー価値観の問題だな」

コニー「……人それぞれ」



コニー(頭が疲れてきた)

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:45:34 ID:gJ/Za/n6

ハンナ「ま、でもこの通り私はフランツが好きだけどね」

フランツ「俺もだよ、ハンナ」ニコッ

ハンナ「ふふ、嬉しい」



コニー「待てよ……それって、病気になるんじゃないかとか、楽しくて苦しくて嫉妬するとか……それも全部含めてなのか?」

ハンナ「誰がそれを言ったのかは知らないけど、そうだと思う」

フランツ「十人十色ってことなのかな、恋の形は」

コニー(いろいろ……か)

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:46:47 ID:gJ/Za/n6

コニー「ハンナもフランツもありがとな!聞いてよかった」

ハンナ「役に立てたのならよかった」

フランツ「どういたしまして」





コニー(つまり……)

コニー(……)フゥ

コニー(さて、今日も訓練頑張るか!)

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:48:35 ID:gJ/Za/n6

夜 男子寮



ライナー「今日いろんな女子に聞き回ってたよな、コニー」

コニー「ああ」

アルミン「どうだった?」

コニー「……あー」

ジャン「もったいぶってないで言えよ?」

コニー「……」




コニー「ぜんっぜん分からなかった!!」ニカッ

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:49:50 ID:gJ/Za/n6



アルミン「……だと思ったよ」

ジャン「結局それかよ、つまんねぇの」

マルコ「でもそれがコニーの答えなんだよね?」

コニー「ああ!そうだ」

コニー「恋について考えてるよりも大切なことやものがあるからな!今の俺には」

アルミン「大切なことやもの?」

コニー「そ、大切なことやもの」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:50:46 ID:gJ/Za/n6

コニー「俺が頑張って憲兵団に入れば家族が喜ぶ、だから頑張る」

コニー「それがまず一番だろ」

コニー「あとは今のところサシャや他の女に対しても何も感じない、みんな友達だ」

コニー「わざわざ今俺の話を聞いてくれてる奴も、友達だ」

コニー「少なくとも今はみんな友達、それでいいよな!」



コニー以外「……」

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:52:12 ID:gJ/Za/n6

アルミン「……なんか、コニーらしいね」ニコッ

ライナー「そうだな、恋が何かについて悩んでるよりもずっとコニーらしい」

ジャン「ようするにやっぱお前はバカってことか」

マルコ「あんまり挑発するようなこと言っちゃダメだって」



コニー「だから昨日から騒ぎ立てて悪かった!」

コニー「今のところ、恋とかよく分かんねぇしする予定もない」

コニー「でもいつか、わかるよな?」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:53:53 ID:gJ/Za/n6



アルミン「コニーがそう考えてればいつかはね」

マルコ「わかると思うよ」

ライナー「少し成長したじゃないか、コニー」ヨシヨシ

ジャン「変わらずにバカだけどな」



コニー(今の俺にはまだ早かったんだ)

コニー(確かに……アニの言うとおり聞いたことは無駄になったかもしれないけど)

コニー(みんなと仲良くなれた気がするし、それでいいか)

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:54:56 ID:gJ/Za/n6

ある日 対人格闘術の訓練中


コニー「おい!」



ユミル「なんだよ?もしかして私と組みたいのか?」

コニー「ちげぇよ!誰がお前なんかと組むか……いや、組んでみるか?」

ユミル「なんだよ気持ち悪いな」

コニー「それは失礼だろ!……恋についていろいろ考えてみたんだよ」

ユミル「なんだまだ考えてたのか」

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:56:35 ID:gJ/Za/n6

ユミル「で?」

コニー「答えはわからないから保留ってことで」

ユミル「やっぱお子ちゃまだったか」

コニー「いいんだよこれで、俺には友達や家族の方が大切だ」

ユミル「なるほどな」

ユミル(コイツらしいな。ま、面倒だし正直もうどうでもいいが)

コニー「ってことで今日は俺と組んでみるか!」

ユミル「なんでだよ。絶対にやだ、別のところに行け」

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 02:59:05 ID:gJ/Za/n6



コニー「ひでぇ……」



サシャ「あ、コニー。私と組みましょうよ」スタスタ

コニー「サシャ」

サシャ「今日は負けませんよ!」

コニー「よし、俺もお前には勝つ」



コニー(やっぱり俺には悩み事なんか向いてないって改めて思った)

コニー(俺はもうこんなことでは悩まないだろう)

コニー(なんせ俺には恋なんかより大切なものやことがあるんだからな)






51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 03:01:04 ID:gJ/Za/n6

これで終わりです。
ありがとうございました。

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 07:43:54 ID:cYrHs3I6
こういうめんどくさい友達が欲しかったわ

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/13(月) 23:45:11 ID:Q44Mh48s
コニーマジ天使





お世話になってるアンテナサイト様のSS記事

エレン「訓練所で一番いい女。」

【ワンピース】エレン「ワンピース……?」

エレン「>>2を>>4する」

エレン「ミカサに恋をした」

エレン「俺はミカサが好きだ!結婚してくれ!」ミカサ「えっ!?」

ミカサ「アニ、アニ 聞いて」

エレン「乳が飲みてぇ」

悟空「仕事が決まったぞ」

幼馴染♀「先っちょだけ!先っちょだけだから!」

J( 'ー`)し「たかしへ。テラフォーマーが部屋に向かってます」

幼馴染「私たち付き合ってるよね?」男「え?」パンパンッ

ユミル「ミドルなライナー」

ミーナ「お馬鹿なハンナ」

もしもエレンの家族がクリスタ、幼馴染がジャンだったら

アルミン「ごめんね・・・ごめんね・・」

ハンジ「リヴァイが変だ!!」

ミカサ「104期生女性陣……!!ダイエットしよう」

アニ「念を極める」

マルコ「・・・・・・・・・・・・・オイ」

エレン「巨人ども! 全滅だ!!」