1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:13:15 ID:FtQAbN/M


色々と崩壊

引用元: エレン「サシャとコニーと少年の心」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:13:59 ID:FtQAbN/M
対人格闘訓練

サシャ「白鳥の構え!」アチョー

コニー「なんの、陰陽の型!」ホアチャー

サシャ「な、そんな構えみたことありませんよ!」

コニー「ふふふ、お前を倒すために天才のオレが編み出した必勝の構えだ!そう簡単に敗れると思うなよ!」

サシャ「くっ大口を叩くだけあって隙がありません、私は一体どうすれば…!」

コニー「ははは、ビビって動けないか、ならこっちから行かせてもらうぜ!」

サシャ「しまった!白鳥の構えは攻めの構え、受けに回ってしまってはこちらが不利です!」

コニー「もらったあ!」

サシャ「うわああ、やられましたー」

エレン「お前らまた遊んでるのか」

コニー「遊んでるんじゃない、俺たちなり格闘訓練をしてるだけだ」

エレン「でもふざけてるだろ」

サシャ「まあ、多少は!」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:14:45 ID:FtQAbN/M
エレン「お前ら二人とも凄いんだからさ」

エレン「たまには真面目にやってみたらどうだ?」

エレン「ふざけてやるより真面目にやったほうが楽しめると思うぞ」

サシャ「エレンは真面目ですねえ」

コニー「つまらねえヤツだよな」

エレン「うるせえよ」

サシャ「でもたまには本気でやるのもいいかもしれないですね」

コニー「そうか?」

サシャ「エレンに私がいつもふざけてるって思われるのも癪じゃないですか」

コニー「それもそうだな、よし、やるか!」

サシャ「やりましょう!」

エレン「おう、がんば…」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:16:07 ID:FtQAbN/M
ドドドドドドドドドドドドドドド

サシャ「ハアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」



エレン「れ…よ…?」




ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

コニー「ウオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!」




エレン(なんか二人の周りに変なオーラみたいなのが見えるんだけど)



サシャ「いきますよ!!コニーィィィィィィ!」

ドドドドドドドドドドドドドドド

コニー「かかってこい!サシャアアアアアアアアアア!!!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:16:48 ID:FtQAbN/M

サシャ「はああああああああ!!!」ドンッ!!!!

エレン(はや!一足飛びでコニーのところまで跳んでいった!?」

サシャ「ぜああっっ!」ブン!!

コニー「甘いぜッ!」ガシィッ!!


ドバァァァァァン!!!


ビリ…!ビリ…!!

バサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサバサ


エレン(なんだこの音!?コニーがサシャの拳を受け止めただけだよな!?)

エレン(それなのになんだこれ!?なんか兵舎が震えてるんだけど!?)

エレン(っていうか音に驚いて森の鳥が一斉に飛びたった!?)

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:18:54 ID:FtQAbN/M
ジャン「なんだ!今のすげえ音は!?」

エレン「おお、ジャン」

ジャン「おお、じゃねえよ!なんだ今のは!巨人でも攻めてきたのか!?」

エレン「いや、アレだ」



サシャ「たああああああああああああ!!」


ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!!!


コニー「だりゃりゃりゃりゃりゃりゃりゃ!!!」


ババババババババババババババババババ



ジャン「……」

エレン「……」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:19:45 ID:FtQAbN/M
ジャン「なあ、俺の目が悪くなったのかな」

ジャン「なんかあいつらが光り輝いて見えるんだけど」

エレン「安心しろ、俺にもそう見える」


サシャ「オラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!!」


ドドドドドドドドドドドドドド!!!!!


コニー「ドララララララララララララララララララ!!!」


ガガガガガガガガガガガガガガ!!!!


ジャン「あとあいつらの動きが速過ぎてなにやってんのかわかんねえんだけど」

エレン「安心しろ、俺も見えん」

ジャン「っていうかさ」

エレン「うん」

ジャン「あいつら浮いてね?」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:20:35 ID:FtQAbN/M
エレン「ああ」

エレン「殴り合ってるうちにだんだん上に上がっていって」

エレン「今、30Mぐらいのところにいるな」

ジャン「……そっか、俺の気のせいじゃなくてよかった…よかった?」



サシャ「うおりゃああああああああああ!!」


ドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガ!!!


コニー「はああああああありゃあああああああああああああああ!!!」



ガガガガガガガガガガガガガガガガガガ!!!

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:21:50 ID:FtQAbN/M
コニー「うおりゃ!!」バシィッ!!

サシャ「あああっ!」

ギュイーーーーーーーーーーーーン!!!

ドガーーーーーーン!!



エレジャン「!?」



エレン「サシャが兵舎に向かって吹っ飛んだ!?」

ジャン「そんで兵舎がぶっ壊れた!?」

ジャン「おいおい、これ夢だよな?現実じゃねえよな?現実だったら俺たち明日からどうすりゃいいんだよ!?」

エレン「いや、そんなことよりサシャだよ!アレへたすりゃ、いや、へたしなくても死ぬぞ!?」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:22:32 ID:FtQAbN/M
コニ「ふん」スーーーーーーーー

ピタ


エレン(コニーが地面に降りた)

ジャン(こええ)

コニー「おい、サシャ」

コニー「いつまで死んだふりをしているつもりだ」

コニー「そんな演技で俺を騙せるとでも思ったか?」

エレン(いや、死んだだろ)

ジャン(完全に死んでるだろ)


ガタガタ

バーン!!

ジャン(瓦礫が弾けとんだ!?)

サシャ「流石はコニーですね、もう少し騙せると思ったんですが」コキ、コキ

エレン(えーーーーーー!?)

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:23:42 ID:FtQAbN/M
コニー「ふん、あの程度で死ぬようなら俺が相手をする価値も無いから」

サシャ「随分と大口を叩いてくれますね」

サシャ「じゃ、私もちょっと実力を見せてあげるとしましょうかね」

コニー「全力で来いよ、サシャ。そうじゃなきゃ叩きのめしがいがないからよ」

サシャ「コニイイイイイイイイイ!!!」バッ!!

コニー「サアアアアアシャアアアアアアアア!!!!」バッ

ジャン「また空飛びやがった!?」


ドカン!!  ドカン!!   ドカン!!
   ドカン!!   ドカン!!    ドカン!!
      ドカン!!   ドカン!!
ドカン!!  ドカン!!   ドカン!!   ドカン!!


エレン「すげえ音がするのに姿が全然みえねえ!どうなってんだこれ!?」

ジャン「わかんねえ、イヤ、マジでわかんねえ!?」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:24:29 ID:FtQAbN/M

コニー「は、ははは!面白い!面白いぞサシャ!」

サシャ「ふふふ、コニーもなかなかやるじゃないですか!」

エレン「あ、やっと見えた」

ジャン「コニーがサシャの斜め上にいる感じだな。二人とも空飛んでるけど」

コニー「特別だ、まだ誰にも見せたことの無い俺の必殺技をみせてるぜ!」キュイーーーーーーン!!

サシャ「な!コニーの気が凄い高まっていく!!まだこんな力を隠していたなんて!!」

エレン「気ってなんだ?お前わかるか」

ジャン「いや、わからん。全然わからんが」

エレン「ああ、なんかいやな予感だけはビンビンするな」

コニー「ハッハー!わかるかサシャ!既に地球をコナゴナに破壊できるほどに俺の気が高まっているのが!」

エレジャン「!?」

コニー「この技をよけてもお前は生き残れん!生き残りたければ受けるしかないぞ!」

サシャ「くっ!」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:25:56 ID:FtQAbN/M

サシャ(コニーのあの気…!私だけで太刀打ちできるでしょうか…!)

エレン「あれ、冗談だよな」

ジャン「普段なら冗談だと思うが」

ジャン「あのコニーの手元にあるよくわからない青っぽい輝きをみるとな」

エレン「やっぱり…冗談には見えないよな……」

ジャン「サシャー!なんとかしてくれー!」

エレン「がんばれー!サシャー!」

サシャ(エレン…ジャン…!そうですね、私が逃げるわけにはいかないですよね…!)

サシャ(私が地球を守らないと…!)

サシャ「はあああああああああああああ!」

エレン「あ、なんかサシャの輝きが強くなった!」

コニー「ほう、真っ向から立ち向かう気か、その度胸は買ってやる」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:27:12 ID:FtQAbN/M
コニー「だが、全て吹き飛ばす!」

コニー「サシャ!お前の力も!信念も!理想も!全て俺の力で吹き飛ばす!」

コニー「そして、この俺が勝利を掴む!」

コニー「食らえ!コニー砲ォォォォォォォォ!!!!」

ズギャアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!

ズギャギャギャギャギャギャギャギャ!!!!


エレン「あ、これは完全に」

ジャン「終わったな」


サシャ(コニー確かにあなたの力は凄いです)

サシャ(私の力は貴方に及ばないかもしれません)

サシャ(けれど、私は…故郷の父さん…クリスタやユミル…訓練兵団の友達を…守りたい…!)

サシャ(大切な人たちを守るためなら…私はいくらでも強くなれる……!)

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:28:22 ID:FtQAbN/M
サシャ「い……」

サシャ「も……」

サシャ「い……」

サシャ「も……」

サシャ「波ァーーーーーーーッッ!!!!」

ズッギャアアアアアアアアン!!!

エレン「あ、サシャのあれもすげえ!なんかよくわからないけどスゲエ!」

ジャン「助かるか!助かるのか俺たち!」

コニー「なにぃっ!?俺のコニー砲そっくりだ!?」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


エレン「なんかコニーの光とサシャの光で押し合いやってるぞ!」

ジャン「え?あれどうなってんだ!?」

エレン「知らん!」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:29:01 ID:FtQAbN/M
コニー「うおおおおおおおおお!!!」

サシャ「ぎぎぎぎ……!」

ジャン「おい、なんかサシャのヤツ押されてねえか!?」

エレン「ホントだ、オイ、頑張れ!頑張れよサシャ!」

コニー「くくくく…まさかここまでお前がここまで粘るとはな…予想外だったぞ…サシャ…!」

サシャ「みんなのためにも…負けられませんから…!」

コニー「だが、それもここまでだ」

サシャ「え?」

エレジャン「え?」

コニー「コニー砲……全開だあああああああああああっっっ!!!」

スギャアアアアアアアアアアン!!


エレン「うおおお!一気にサシャが押されはじめた!」

ジャン「俺今のうちに辞世の句呼んでくるわ」

エレン「諦めるな、ジャン!」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:30:13 ID:FtQAbN/M

サシャ「くっ……!」

サシャ(なんて……パワー……!)

サシャ(もう……ダメです……)

サシャ(みんな……ごめんなさい…)

???(諦めないで!)

サシャ(この声は……?)

豚肉(諦めないで、サシャちゃん!)

サシャ(豚肉さん!?)

鮎(この程度、諦めるのか、あまりがっかりさせるなよ)

サシャ(鮎くんも!)

鹿肉の燻製(私は信じてますよ、サシャちゃんはこんなところで諦める子じゃないって)

サシャ(鹿肉の燻製ちゃん)

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:32:33 ID:FtQAbN/M
人参(おいおいおい、お前はこんなところでくたばっちまうつもりかよ、それじゃ俺たち食われ損じゃあねえか)

サシャ(人参先生…!)

???(そうだよ、サシャちゃん)

???(キミはこんなところで終わる子じゃないはずだ)

サシャ(貴方は……)

???(キミは少し食いしん坊なところもあるけど、皆のことを思いやれる優しい子だろ?)

???(僕たちはみんなそれを知っているよ、何故なら僕たちはキミと一つになったんだから)

???(キミが諦めたらみんな死んでしまう、キミもそんなことはいやだろう?)

???(僕たちみんなの力をキミに貸してあげるよ、だから、諦めないで!)

サシャ(お芋さん!)

芋(さあ、一緒に戦おう!そしてコニーくんに勝つんだ!)

サシャ(はい!)

コニー「ふん、もう諦めたか。つまらんな。せめてもの情けだ、このまま一気に全てを消し去ってくれる!」

ジャン「黒髪の……ミカサがエロい……体育館……いい感じだな」

エレン「どこがだよ、なんだの俳句、ってそうじゃねえ!みろよ!サシャが!」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:34:03 ID:FtQAbN/M

サシャ「諦めた…ですって…?」

サシャ「舐めないでもらいたいものですね!」

サシャ「私は芋女…!104期で一番…食い意地が張っていて……諦めない女です…!」

サシャ(豚肉さん、鮎くん、鹿肉の燻製ちゃん、人参先生……お芋さん…!)

サシャ(みんなで一緒にコニー……勝ちますよ!)

サシャ「いもいも波………!」

サシャ「十…!倍…!…です!!!」


ズッガアアアアアアアアアアアアン!!


コニー「馬鹿な……!なんだ…この力は……!」

サシャ「コニー…貴方はとても強かったです…私一人では逆立ちしても勝てないほどに…」

サシャ「けれど、私には仲間がいました、守ってあげたいと思える大切な仲間が」

サシャ「本当に辛いときに手を差し伸べてくれる優しい仲間が…!」

サシャ「これが…私たちの力です……!」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:35:27 ID:FtQAbN/M
コニー「チクショウ…俺は天才なんだ!俺は最強なんだ…!」

コニー「俺が…芋女如きに負けるなんて…!」

コニー「ありえないんだああああああ!」

サシャ「これで終わりです!」

サシャ「はあああああああああああああ!!」

コニー「チクショウ…!」

コニー「この俺が……!」

コニー「永遠を行き……永久に世界を支配するはずだった……この俺が……!」

コニー「クソッタレがああああああああああああ!?」

ズッドオオオオオオオオオオン!!

………

……


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:35:58 ID:FtQAbN/M
サシャ「ふー、たまに真面目にやると疲れますね」

コニー「息抜きに石並べでもしようぜ」

サシャ「そうですねー」




エレジャン「なんなんだよお前らは!」


おわり

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 01:25:48 ID:8/iIJDlM
ほんとになんなんだよ!!!乙!!!!!

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 01:36:26 ID:AKcAZG.o
意味わかるようで意味わからん乙!!

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 01:42:29 ID:rR/mLGDU
いもいも波www
乙でした





お世話になってるアンテナサイト様のSS記事

エレン「訓練所で一番いい女。」

【ワンピース】エレン「ワンピース……?」

エレン「>>2を>>4する」

エレン「ミカサに恋をした」

エレン「俺はミカサが好きだ!結婚してくれ!」ミカサ「えっ!?」

ミカサ「アニ、アニ 聞いて」

エレン「乳が飲みてぇ」

悟空「仕事が決まったぞ」

幼馴染♀「先っちょだけ!先っちょだけだから!」

J( 'ー`)し「たかしへ。テラフォーマーが部屋に向かってます」

幼馴染「私たち付き合ってるよね?」男「え?」パンパンッ

ユミル「ミドルなライナー」

ミーナ「お馬鹿なハンナ」

もしもエレンの家族がクリスタ、幼馴染がジャンだったら

アルミン「ごめんね・・・ごめんね・・」

ハンジ「リヴァイが変だ!!」

ミカサ「104期生女性陣……!!ダイエットしよう」

アニ「念を極める」

マルコ「・・・・・・・・・・・・・オイ」

エレン「巨人ども! 全滅だ!!」