1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 02:51:44 ID:iSaX0K12
アルミン「うん、まぁ噂なんだけどね」

エレン「どんな噂なんだ?」

アルミン「聞いた話によると、チャブクロっていうボロボロな布の袋が空からぶら下がってるらしいんだ」

エレン「はぁ?なんだそりゃ…」

アルミン「なんでも、邪悪な心を持たない人間の前だけに現れて触れた人間の修正したい過去を一つだけ変えられるらしいんだ」

エレン「くだらねぇし胡散臭いな。過去は過去、未来は未来だ。そのために俺は今厳しい訓練してるんだからな」

アルミン「ははは、エレンらしいよ」

エレン「だいたい空から袋がぶら下がってるなんてありえねぇだろ?お前も噂なんか気にしてる暇があるなら自主練習でもしろよな」

アルミン「そう硬くならないでさ、たまには砕けた話もいいんじゃない?」

エレン「巨人を駆逐してから海でも眺めながら話すよ」
no title

引用元: http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1401731504/l50


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 02:58:25 ID:iSaX0K12
ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーー
ーーー
ーー

どさっ

エレン「ふぅ………荷物運びも楽じゃねぇな……」

エレン「ダメだダメだ!こんなもんに苦戦してるんじゃ巨人なんて倒せるワケねぇからな」

エレン「ん?」

チャブクロ「…………」

エレン「………これって」

エレン「変えたい過去……」

エレン「俺に修正したい過去なんて……」

エレン「……」ごくっ

エレン「…………」スッ……

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 03:07:56 ID:wrhcJCxU
チャブクロ「ぐぱぁぁああ!!!!」

エレン「!?」

エレン「うわぁぁぁぁぉ………」

~~~~~~~~

エレン「……………」

キース「イェーガー!!!何をしている!!!さっさと上体を起こせ!!!」

エレン「!?」ぶらーん

ジャン「ぷっ…」ニヤニヤ

エレン「………」(これは…立体機動の基礎適性……あぁ、そうか……俺はこの時前の日に啖呵切っといてこのザマだったから笑い者にされたんだったな……)

エレン「………」(確かベルトの金具が故障してて姿勢を維持出来ないんだったな。でも今の俺なら!!)

キース「早くしろ!!!開拓地に戻りたいのか!!!???」

エレン「ふんっ!!」ぐいっ

キース「!?」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 03:12:00 ID:wrhcJCxU
エレン「………」(ライナーの言うとおりだな。足の裏に体重を加減して乗せればベルトが故障してても辛いが姿勢は維持できる)

エレン「できました」

キース「いいだろう」

ブチッ

エレン「え?」(ベルトが切れ……)

どしゃっ!!!


エレン「た……」

~~~~~~~
~~~~~~
~~~~~
~~~~
~~~
~~

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 03:17:32 ID:wrhcJCxU
エレン「………………」

エレン「うぅ…………」

エレン「ここは?」

エレン「!」


憲兵「予定ではここは既に作物が植えられていなければならんはずだぞ?」

駐屯兵「申し訳ありません」

憲兵「チッ……毎日何をしてるんだか。これでは人類は飢える一方だ」

エレン(11)「くっ………」

ミカサ(11)「エレン…やめて…今は耐えて」

エレン「あれは……俺?」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 03:26:58 ID:wrhcJCxU
エレン「そっか……確かあの時…視察に来た憲兵の態度に我慢出来なくて思わず持ってる鍬で殴りに行こうとしたんだったな……」

ぽかっ!!

エレン(11)「いってぇぇ……」

エレン(11)「何すんだよミカサ!」

ミカサ(11)「あなたが殴りかかろうとしたから止めただけ」

エレン「そんでミカサに殴られたんだったな……」


エレン(11)「でもアイツらには我慢できねぇよ!!」ぐすっ

ミカサ(11)「私達には戦う力が無い今日食べる食料も自分達ではどうにもならない。今私達にできる戦いは耐えることだから今は耐えて」


エレン「ミカサには怒られっぱなしだったな……あいつは俺と違ってこんな歳から冷静だったんだな…」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 03:35:03 ID:wrhcJCxU
~~~~~~~~~

エレン「!?」

エレン「また場面が変わった!?」

エレン「俺の変えたい過去を探してるのか?」

エレン「ん?あれは…」

悪ガキ1「オラぁ!!こんな本読みやがって!!」

悪ガキ2「憲兵に突き出してやろうか?あ?」

悪ガキ3「どうした?異端者!殴り返してみろよ!」ぼかっ

アルミン(10)「うぅっ……そんなことするもんか……絶対に……」よろっ

悪ガキ3「あ?」

アルミン(10)「そんなことをしたらお前らと同レベルだ!!僕の言っていることが正しいって認めてるから!言い返せなくて殴ることしかできないんだろ!?」

アルミン(10)「それは僕に降参したってことじゃないのか!?」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 03:44:00 ID:wrhcJCxU
悪ガキ3「うるせぇんだよ!この屁理屈野郎!」

がしっ

アルミン(10)「!?」

悪ガキ「うっ……兵士!?」

エレン「この手をこの後どうするつもりだったんだ?」

悪ガキ「くっ………」

エレン「なんなら屯所まで来るか?ついでに親も呼んで厳罰にしてやってもいいんだぞ?」

悪ガキ「逃げろぉぉぉ!!!」どたどたどたどた

エレン「……………」

エレン「大丈夫か?手ぇ貸すか?」

アルミン(10)「1人で立てます……うっ…」

エレン「これは…外の世界の本か?」

アルミン(10)「そ、それは違うんです!!その……」

エレン「安心しろよ。没収もしないし捕まえたりもしないさ」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 03:51:45 ID:wrhcJCxU
アルミン(10)「え…………」

エレン「この本のせいで殴られてたのか?」

アルミン(10)「………人類はいつか外の世界に出るべきだって言ったら異端者だって殴られました……」

エレン「炎の水に氷の大地……砂の雪原……いい本だな」

アルミン(10)「え?」(中身も見てないのに……)

エレン「大事にしろよ、この本」つ本

アルミン(10)「あ、はい」


エレン(10)「おーーい!アルミーン!」



エレン「友達が来たみたいだな……じゃあな」スタスタ

アルミン(10)「…………」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 04:02:10 ID:wrhcJCxU
エレン「…………」スタスタ

エレン「!?」

エレン(なんだ!?急に目眩が……)

~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~
~~~~~~

巨人だぁぁぁぁ!!!!

巨人が入って来たぞぉぉぉ!!!

きゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

エレン「こ、これは……」

エレン「俺が1番修正したい過去……」

エレン「超大型巨人は!?」

エレン「クソっ!もう見えない!消えちまったか……」

エレン「はっ!!まだ俺の家が!!母さん!!!!」ダッ

エレン「間に合ってくれ!!!」タッタッタッタッ

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 04:14:01 ID:wrhcJCxU
エレン(10)「何やってんだよハンネスさん!!!まだ母さんが!!!!」

ハンネス「…………………」タッタッタッタッ


巨人「……………」ニタァ~

カルラ「行かないで……」


エレン(10)「やめろぉぉぉぉぉぉおおお!!!!!!」

ズバァァァァァァン!!!!

巨人「?」ニタァ~

エレン「夢にも思わなかった……こんな時が来るなんてな……」チャキッ

カルラ「!?」

エレン「今コイツをぶっ殺して助けてやる!!!!」

エレン「駆逐…してやる……覚悟しろよ……クソ野郎……」ギロッ

カルラ「エレン!!闘ってはダメ!!逃げなさい!!!!」

エレン「!?……母さん?……へへへ、見くびってもらっちゃ困るよ。俺はこのために3年間訓練したんだ!!!」

カルラ「どうしていつも母さんの言うことを聞かないの!!!最後くらい言う事を聞いてよ!!!!」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 04:21:09 ID:wrhcJCxU
エレン「最後になんかさせないし母さんの言う事なんて聞くかよ!!!今コイツをぶっ殺して母さんを助けて巨人を駆逐する!父さんも行方不明になんかさせない!!!俺が過去を変えるんだ!!!!」パシュッ

巨人「?」ぷすっ

エレン「うぉぉぁあああああ!!!!!!」ブシュゥゥゥゥ!!!!!!


巨人「………」つ


エレン(くっ!運動精度が……流石にハリボテとは違うってことか……でも!!)パシュッ

巨人「?」ぷすっ

エレン「殺ったぁぁぁぁぁ!!!!」ブシュゥゥゥゥ!!!!!!

エレン「消えろぉぉぉぉぉ!!!!!」つブレード

ピタッ

エレン「!?」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 04:27:20 ID:wrhcJCxU
エレン「何で!?何で動かない!?」

エレン「俺が……引き戻されてる…のか?」

エレン「待ってくれ!!もう少しで母さんを救えるんだ!!!」

エレン「後10秒!!!いや、5秒でいい!!!どうしてだ……後少しでアイツのうなじを削げるんだ!!!どうしていつも奪われる……くそぉ……」じわっ

アルミン(邪悪な心を持たない人間の前だけに現れるみたいなんだ)

エレン「どんな理由でも殺意は邪悪な心……過去は……変えられないのか………」

ーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー

エレン………エレン………

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 04:33:09 ID:wrhcJCxU
ミカサ「エレン!!!」

エレン「はっ……」

アルミン「良かった……気がついたんだね」

アニ「……………」

エレン「……ここは?」

アルミン「医務室だよ。アニが倒れてるエレンを見つけてくれたんだ」

エレン「………医務室」

ミカサ「エレン!怪我は無い?大丈夫?」

エレン「あぁ、どうもないよ。悪かったな…心配かけて。念の為今日はもう寝るよ」

ミカサ「そう、わかった」

アルミン「教官には僕から言っておくよ。また後で」

エレン「あぁ、またな」

ガラッ

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 04:43:52 ID:wrhcJCxU
エレン「お前は行かないのか?」

アニ「……………」

アニ「どうだった?」

エレン「あ?どうって?」

アニ「過去は…変えられたの?」

エレン「!?」

エレン「夢じゃなかったのか……」

アニ「ボロい巾着に触って突っ立ってるアンタを見てね……あんまり苦しそうな顔してるもんだから起こさずに見てたら倒れたのさ」

エレン「そうか……」

アニ「で、どうだったの?」

エレン「変えられなかった……後少しだった……後少しで…」ギリッ

アニ「ふーん……ま、過去なんてそう簡単に変えられるもんじゃないって事でしょ?過去が変わった所でアンタが幸せになってるとも限らないしね」

アニ「私も……変えられなかったしね……」

エレン「は?それってお前も……」

アニ「でも、その変えたかった過去があるから今があるんでしょ?今を変えるのは闘う覚悟さ」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 04:50:12 ID:wrhcJCxU
ガラッ

エレン「行っちまった……闘う覚悟なんてお前に言われたくねーよ」

エレン「確かに……母さんが喰われなかったら俺は訓練所では中途半端なヤツだったのかもしれないな…」

エレン「でも今の俺には明確な目標がある……」

エレン「調査兵団に入って……とにかく巨人をぶっ殺したい」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 07:27:24 ID:WU9LMnk6


間違ってたらごめん
これぬーべーの話? どこかで読んだことあるんだが

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 12:03:04 ID:jj1T1Vgg
乙 面白かった

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 16:46:41 ID:USdrrg4g
ぬ~べ~とか懐いなwwあれは鬼の手を喚んだから引き戻されたけど、コレは殺しかけたから?

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/03(火) 23:36:13 ID:ez9N53G2
乙カレー
こういうの好きだ

殺意は邪悪な心だから
そういう事なんだろうなと思ったよ