1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 02:57:40 ID:BQwfwvNE
クリスタちゃんマジ天使!


ーーとある夜

コンコンッ

ヒストリア「交代の時間だよ」

「わかった。今開ける」

カチッ...ガチャ...

「入って」

ギィ...

ヒストリア「ねぇ?...どこにいるの?」
(窓から入る月の光で余計に回りが暗い...)

ヒストリア「どう?変わりはない?」スタ...

カチャ...

「止まって。ランプを顔の見える位置まで上げて」

ヒストリア「ちょっと...待ってよ...私に決まってるでしょ」

「私には確信は無い。...ので証明して欲しい」




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 02:58:50 ID:ThPrCPag

ヒストリア「...わかったわ」グイッ

ヒストリア「これでいい?ミカサ」

ミカサ「確認した」カチッ...スチャ ジュウオロス。

ヒストリア「!?...ちょっと...私に銃向けてたの?」

ミカサ「暗闇でも人の気配はわかる」

ヒストリア「そ、そうじゃなくて」

ミカサ「?」

ヒストリア「交代に来た仲間に銃なんか向けなくてもいいでしょう?」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:00:17 ID:zJbZTxAQ

ミカサ「仲間とわかっていれば私も銃を向けてなんかいない。ただ、こういう時だから注意は怠る訳にはいかない」

ヒストリア「念には念をってことだね」

ミカサ「そう」

ヒストリア「...あのさ」

ヒストリア「ミカサも少し休んだほうがいいよ?」マドノソトミル

ミカサ「どうして?」

ヒストリア「これからまたエレンのとこに行くんでしょう?」

ミカサ「そう。エレンには私がついていないと」

ヒストリア「ミカサ寝ないつもり?」

ミカサ「仮眠はとるつもりだけど」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:01:39 ID:XtJTZMGA

ヒストリア「エレンはきっと大丈夫だよ。だからちゃんと休んだら?」

ミカサ「エレンが昼間の実験の後から眠ったままだから...」

ミカサ「そんなエレンには、私がついていないと心配」シュン...

ヒストリア「私はそうやって心配してるミカサが心配...かな?」

ミカサ「なぜ?」キョトン

ヒストリア「さっきあなたが言ったじゃない。こういう時だから...って」

ヒストリア「そんな状態でどうやってエレンを守るの?」

ミカサ「...」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:03:16 ID:7upAWNOc

ヒストリア「穏やかな気持ちじゃないのはわかるけどね...」

ミカサ「そんな事は!」

ヒストリア「でも気持ちを切り替えるのも含めてしっかり休んだほうがいいよ?」

ヒストリア「実験から戻って来てからずっと休みなく動いてるでしょ?」

ヒストリア「アルミンが心配してたよ...ミカサが冷静を欠いてるって」

ミカサ「そんな事は......無い」

ヒストリア「でも本当に巨人になれるんだね。エレンって」

ヒストリア「ユミルの時もそうだったけど現実離れし過ぎててどう受け止めていいのかわからないね...」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:07:37 ID:GIvUlDpc

ミカサ「...」

ヒストリア「ねぇ?」

ヒストリア「ミカサはどうだったの?エレンが巨人になれるって知った時は?」

ミカサ「私は......ただ、生きていてくれてよかったと...」

ミカサ「...エレンの心臓の鼓動は今も覚えている...」

ヒストリア「...」

ヒストリア「...そうだったね。エレンがいてくれたおかげでみんな救われてるんだよね...この間もそうだったね」

ミカサ「うん」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:08:47 ID:Q9/gyM8Y

ヒストリア「エレンを取り返せなかったらみんな生きていなかったかもしれないね...」

ヒストリア「ねぇミカサ。...あのとき本当にユミルを殺すつもりだったの?」

ミカサ「...ええ」

ミカサ「...あのときは本当に心の余裕が無かった。エレンを取り返すのに必死で...」

ミカサ「ごめんなさい」

ミカサ「クリスタとユミルは仲間なのに...でも私にはあの判断しかできなかった」

ミカサ「ごめんなさい」

ヒストリア「別に謝る必要はないと思うよ。...あんな事になって動揺してたのは私達みんな同じだったんだから」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:10:22 ID:ThPrCPag

ヒストリア「みんな生きるのに必死で...私もどうすることもできなかった」

ヒストリア「なんでだろうね...仲間とか敵とか...なんでこんなにみんないがみ合って生きてるんだろうね...」

ヒストリア「...全然わからないよ」

ミカサ「大切なものを守る事はとても大変なこと」

ミカサ「あのときユミルを殺させないようにあなたが必死だったのもそのうち」

ミカサ「だから私達は戦っている。大切なものを失わない為に」

ヒストリア「...そう。そうだったね」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:11:32 ID:VOcLOuYE

ヒストリア「ミカサは強いね...それに、自分のやるべき事が見えてるんだね...羨ましいなぁ」

ミカサ「私だってこわい事はある」

ミカサ「巨人と戦っている時は忘れてしまっているけど」

ヒストリア「ミカサもコワイことがあるの?」

ミカサ「この日常が帰ってこないと思うと、とても不安になる」

ミカサ「あの日みたいに」ウツムキ

ヒストリア「...」ハッ

ヒストリア「ごめんね...」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:14:24 ID:qGwB5RMA

ミカサ「謝る事はない...」

ミカサ「...」

ヒストリア「...」

ヒストリア「ミカサ。エレン...早く目が覚めるといいね」

ミカサ「...うん」

ミカサ「私にはもうエレンしか残されていない...」

ミカサ「家族はもう...失いたくない」

ヒストリア「ミカサ...」クルッ

ミカサ「エレンが巨人になろうと、人類の希望だといわれようと...私には関係ない」

ミカサ「エレンは...私の家族」

ミカサ「大切なかぞ...く...」ガクッ

ドタッ

ヒストリア「!!?」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:15:53 ID:9SuAXids

ヒストリア「ちょっとミカサ!大丈夫!?」ダッ

ミカサ「大丈夫...ちょっとふらついただけ...」

ヒストリア「突然崩れ落ちるからびっくりしたじゃない!本当に大丈夫なの!?」

ミカサ「色々吐き出してるうちに少し気が抜けたんだと思う。体に異常はないから。大丈夫」スクッ..フラッ

ヒストリア「ちょっと大丈夫じゃないよそれ..とりあえず座って」コッチヘ

ミカサ「..ありがとう」

ミカサ「クリスタ..あなたはやさしい..だから悩みも多いんだと思う」

ヒストリア「え?」

ミカサ「あなたは私と違う。あなたにはあなたの強さがある」

ミカサ「私には無い強さが」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:17:18 ID:qGwB5RMA

ヒストリア「ミカサ...」

ミカサ「誰もが戦っている。自分でも気付いていないだけ」

ミカサ「ただ、その中に何を見いだすかは人それぞれだから」

ヒストリア「そっか...私は自分の事に向き合う事からも逃げてたのね...」ジワッ...グスッ
(人の事ばかり羨ましく見えるのもそのせいだったんだ...)

ミカサ「あなたならできるはず。だって今のあなたは自分を取り返す一歩を踏み出したのだから」

ミカサ「だからきっと大丈夫」ニコッ

ヒストリア「...うん」ニコッ...グスッ

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:20:07 ID:w5CnDOUk

ミカサ「私の事は心配いらない。だから見張りを」モウ、ダイジョウブ

ヒストリア「そうね」スタスタ

ヒストリア「ねぇミカサ...」マドノソトミル

ミカサ「何?」スクッ

ヒストリア「またお話しましょう」

ミカサ「ええ」

ヒストリア「ありがとうミカサ」

ミカサ「?」

ミカサ「ああ...それと..今晩は休む事にする」

ヒストリア「そうだね」フフ

ミカサ「見張りがんばって」クルッ...スタスタ

ミカサ「それと万が一用心には越したことはないのでドアからの間合いは充分に...」クルッ!スタスタ

ヒストリア「もう!わかってるから大丈夫よ」クスクス

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:22:37 ID:XtJTZMGA

ミカサ「ご...ごめん//」

ミカサ「じゃあ。また」スタスタ...ガチャ

ヒストリア「またね」

..ギィ..バタン....タッタッタ...

.....

スタ..スタ.. ..ストッ

ヒストリア「...」ハァ..

ヒストリア「...」

ヒストリア「...」
(ミカサはああ言ってたけどね..)

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:23:45 ID:XtJTZMGA

ヒストリア「私はまだ自分がわからないから...」ボソ

ヒストリア「家族か...」ボソ

ヒストリア「どんな感じなんだろう...」ボソ

ヒストリア「...」

ヒストリア「...」

ヒストリア「...」
(今夜は月が明るいな...)


ーおしまいー

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/05(金) 03:28:46 ID:Q9/gyM8Y
最後まで
お付き合いいただき
ありがとうございました。

淡々と話している
ヒストリアとミカサを書いてみました。

盛り上がる場面もなくすいません。

でわ、またどこかで



▶︎ 女性誌のViViと「進撃の巨人」が衝撃コラボ!BEAMS作の「リヴァイ様トートバッグ」が付録にww

▶︎ ニコニコ動画劣化の三大戦犯がこれですwwwwwwwwwwwwww

▶︎ 【朗報】リヴァイ兵長が講談社漫画の「抱かれたい男キャラ1位」に決定wwwwwww

▶︎ コミケに超絶美少女が現た結果、、、、、とんでもないことに、、、、、

▶︎ あと6話以内で「進撃の巨人」史上最大の超展開が来るようだが

▶︎ 【C86】夏コミ2日目のスタッフの発言まとめ「スタッフ細胞はあります!」

▶︎ 【元AKB48】光宗薫「彼氏が今までの人生でいたことない」

▶︎ 【C86】進撃の巨人ちゃんねる管理人 劇場版アニメの『コミケ限定版前売り券』を買ってきた

▶︎ 【C86】コミケに小保方コスがいたwwwwwwww

▶︎ 【悲報】ドラクエのゲーム、48万円使ってガチャ回しても目的の物が出ないことが判明

▶︎ 【閲覧注意】後味の悪い話『王の食肉』

▶︎ ほむら「まどかの精●飲みたい」

▶︎ 【凄すぎ】出版社でボツになった漫画をネットで公開 → 単行本化へ

▶︎ 【世界制覇確定】進撃の巨人がアメリカで爆発的大ヒット!!!!原作がかつてないほど異常に売れているらしい



引用元: http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1409853460/