24 PM

ミカサが王政編以降影が薄いという意見について。
王政編はヒストリアがメインだったしなあ。 











 ミカサの影が薄い?

139: マロン名無しさん
ミカサは王政編で影が薄くなりすぎた
それまではエレンミカサが主要度では別格って印象があった
単行本の表紙の登場率も高かったし
no title




141: マロン名無しさん
何だかんだでエレンがヤバいってシーンでは
ミカサが肉体労働含め大きな役割を果たしてきたのに
王政編は完全に蚊帳の外だったからな

145: マロン名無しさん
>>141
それに加えアッカーマン話でも蚊帳の外だったもんな

142: マロン名無しさん
ミカサはリヴァイの管理下にシフトして行ってるから
暴走も前より減った

144: マロン名無しさん
王政編はヒストリアが主人公ぽかったからな
ミカサアルミンは活躍なかったし
エレンは情けなかった
レイス家の接触



147: マロン名無しさん
王政編はエレンが普通っぽくなったのが残念だった

148: マロン名無しさん
トロスト区→巨人から人間に戻ったエレンを抱きしめ号泣ヒロインど真ん中
女型編→リヴァイと共にエレンを救い出す、ヤンデレセリフで存在感アピール
女型編その2→「世界は残酷」発言でエレンに踏ん切りをつけさせる、ヤンデレ(ry
ライベル編→感謝の想いを伝えエレンを立ち上がらせる

こうして見るとずっとヒロインの役割を果たしてきたんだな
王政編までは

149: マロン名無しさん
エレンもミカサもヒストリアも前より今の方が好きだな
前はこの三人の誰にも共感できなかった

150: マロン名無しさん
>>149
自分は誰にも共感できない
エレンはキャラが変わったし
ミカサはエレン好きすぎだし
ヒストリアは身勝手だし

159: マロン名無しさん
ヒストリアはキャラに芯がない感じはするね
エレンなら自由厨、ミカサならエレン厨みたいな芯
そういうものがないキャラは確かに主人公向きではない
ただ今後は「自分と同じような人たちの味方をする」という芯が出来て揺らがないのかもしれないが

163: マロン名無しさん
>>159
ヒストリアは流されやすいのが私って自分で言ってるから

161: マロン名無しさん
エレンはヒストリアに感化されて流されやすくなってそうだな
以前は怒りに任せて舵切ってたのが
最近はどこか心ここにあらずといった感じで機械的に舵切ってる気がする

164: マロン名無しさん
>>161
それはフリーダの記憶、レイス家の記憶かな?それが原因かもしれないよ
この世界の真実の一端を知っちゃったとか

169: マロン名無しさん
ミカサやリヴァイのような覚醒したアッカーマンは
思考能力も優れており瞬時に正確な状況判断ができる

もしミカサのその能力が乱れることがあるとすれば感情が大きく揺らぐ時で
それはエレン絡み以外には考えにくいので
残念ながらジャンのためにうっかり死ぬミカサなどというものは決して見られないだろう

180: マロン名無しさん
エレンとミカサの別離を描く云々みたいなことを作者が言ってたと思うし
冒頭の行ってらっしゃいもあるからミカサは最終的にエレン依存症を克服するんじゃないかな

182: マロン名無しさん
>>180
それって、エレンがミカサから乳離れするってやつじゃねえの?

186: マロン名無しさん
エレンとミカサの関係に関しては明らかにミカサの方が病んでるのに
諫山の発言みるとミカサの執着に関して悪く言ったことないんだよ
いつもエレンのことだけを思ってるよ、みたいな肯定的なノリ
むしろエレンの方をミカサの好意を受け入れない反抗期の息子みたいな扱いで
お前もっと大人になれやと責めてたりする
つまり作者的にはエレンが大人になってミカサのあり方を受け入れるのがゴールなのかもしれない

188: マロン名無しさん
>>186
明らかに病んでる、ってのは個人の感想だな
病んでるように見えると思う、にしといたほうがいいよ

190: マロン名無しさん
>>186
作品を見る限りはそうは思えないかな
作者は作品で語ってナンボでその作品ではエレンは初期からミカサから意識的に独立していて
ミカサの方は初期は異常性を垣間見せたが最近は少しずつエレンから独立して行ってるように見える

187: マロン名無しさん
エレンはとっくに乳離れできてるだろ
最近はエレンの無茶を諌める役割もミカサの専売特許じゃなくなってきたし

191: マロン名無しさん
>>187
最近そのあたりはジャンがすげー的確な役割果たしてんな

189: マロン名無しさん
ミカサの一人や二人
エレンはあの驚異のスルー力でとっくに受け入れてるだろ

192: マロン名無しさん
何度もマフラー巻いてやるってことが一つ
ミカサがうらやましかったみたいな告白が一つ
次は、女としてミカサを見れるようになるかだな

193: マロン名無しさん
というか作者の発言を持ち出すとミカサはエレンのオカンだしな
実際ミカサとカルラはよく似てる

195: マロン名無しさん
>>193
おろろ?デジャヴか?

194: マロン名無しさん
カルラが言ってたみたいにお互い助け合うようになるんじゃないの
今はまだそんな感じじゃないし

197: マロン名無しさん
月刊進撃インタより
いずれ、ちょうど母親に対するように、ミカサを切り離し遠ざけることがエレンの成長になる、そんなシーンを描くこともあるかもしれませんね。

これってエレンが自発的にミカサを遠ざけるってことだよね?

200: マロン名無しさん
>>197
母としての、な

203: マロン名無しさん
>>197
反抗期がくるってことだろ
そこを乗り越えたら愛情はより深まる

208: マロン名無しさん
>>203
もう反抗期は終わっただろ
成長してコンプ解消したし

215: マロン名無しさん
>>208
だからいいじゃん、作者の言ってる通りになってきたんだろ?
次は、母ミカサから脱却したエレンがミカサとどう関わるかが見ものじゃん

196: マロン名無しさん
独立しているというか単に最近はミカサの影が薄いだけなのでは?

エレンから意識的に離れて行ってるがゆえに絡みが減っているのか
エレンに関して影響を与える役割が他のキャラに回ってしまい出番がないのか
この差は大きくて自分的には後者に見える

198: マロン名無しさん
ミカサはブレちゃいかんだろ

201: マロン名無しさん
終盤じゃエレンのロッドに食われる案をミカサの言葉を遮ってヒストリアが否定したし
意図的にミカサのこれまでの役割を方々に割り振ってるんだろうな

206: マロン名無しさん
>>201
意図的なのかなやっぱり

今月もエレンを心配して声かけようとしたところを
あからさまにアルミンに割り込ませてたよな

225: マロン名無しさん
>>206
あれ割り込まれたってよく言われるけど逆なんだよな
アルミンがエレンを見る→エレンガタガタ→ミサカが気づいて声をかけようとする→アルミン声かけるって流れで
わざわざミカサを挟んだんだよ
個人的には遮るとかよりあえてミカサを挟んだことに意味があると思うわ

228: マロン名無しさん
>>225
別に大して変わらんと思うが
要はミカサが声をかけようとしたけどアルミンとの会話で完結してしまった
っていうシーン

230: マロン名無しさん
>>225
それって結局ミカサがアルミンに割り込まれることを強調してるんじゃないの?
言い換えるとアルミンに役目を奪わせる為にミわざわざカサを出したようなもんなんじゃ・・・

202: マロン名無しさん
ミカサは母親的役割だよってのと
エレンは女としてミカサを見るようになるよ
っての毎回セットで出てくるけど
これっていわゆるベクトル逆転願望なのかな
実際には真逆だよね

肉親としてしかミカサを見ていないエレンとそれ以外の感情もあるミカサ

204: マロン名無しさん
>>202
だから、男の子のほうがそういうの気付くの遅いってのはラブコメの定番じゃん

205: マロン名無しさん
>>202
主人公のヒロインの恋愛ありきで見てるファンも多いからな
でもミカサは物語のヒロインであって流れ的にもテーマ的にもエレンの伴侶にはなり得ないと思うわ

209: マロン名無しさん
>>205
主人公とヒロイン?

恋愛ありきって、恋愛あるのが普通だろ

214: マロン名無しさん
>>209
主人公とヒロインが恋愛しなかったりしても最後にくっ付かないケースあるし

247: マロン名無しさん
>>205
逆だろ。ミカサはエレン熱愛してるし、エレンも一生マフラーまいてやるとミカサ守るために素手で巨人に立ち向かったから潜在的に恋愛感情もってる可能性高い
どう見ても伴侶伏線だろ
ミカサ以外にそんなキャラいないしな

212: マロン名無しさん
お前の弟でも子供でもねえって言ってたのはエレンの方
それなのに守られてるのが気に食わないんじゃないのエレンは

216: マロン名無しさん
>>212
中2くらいの男の子がお母さんに吐くセリフだろ

218: マロン名無しさん
>>216
お母さんにお前の子供でもねえぞって意味分からんし

222: マロン名無しさん
>>218
そこは、産んでくれなんて頼んでねえぞ、くらいに変換しろよ

213: マロン名無しさん
まあエレンは元々ミカサにもアルミンにも調査兵団に入ってほしくなかったわけだし
遠ざかってくれた方が安心はするだろうな

217: マロン名無しさん
普通に読んでればエレンは守れなかった口うるさい母親をミカサに重ねてるんだろ
ミカサもミカサで無意識的に母親であろうとしているように見える
このパターンはお互い他の異性を見つけて別々の道を歩むのが王道

223: マロン名無しさん
たしかにエレンは作中一度たりともミカサを女として見てない
これは特筆に価する
文化人類学においては幼少期に便器を共有した女(男)に恋愛感情は生まれないとされる
その線でいけばエレンは正常なんだろうな

226: マロン名無しさん
エレンさんそもそも男女の区別を全然しない人だからな…

234: マロン名無しさん
ミカサ観ってミカサの行動の1つ1つに意味を見出そうとする人と
そうでない人との間で温度差が激しいよな

エレンとヒストリアの間に割り込んだ時も大半があー嫉妬かと思う中で
いやこの時のミカサの視線は…この表情は…とかなんとかすごかったし
嫉妬だと言われるのが嫌なだけかもしれないけど

239: マロン名無しさん
>>234
あれはミカサを介してエレンとヒストリアの関係性が変化したことを
示すシーンでもあったな
つまり割り込みたくなるほど親しげに見えたってことだろう
あーカプとかそういう意味じゃないぞ

243: マロン名無しさん
>>234
あれは誰が見ても嫉妬
でもアニのようにセリフが出てこないので
エレンの荷物をぶんどることで間に入ろうとする
健気なミカサに哀愁を感じるシーン
エレンに執着しているのもミカサの貴重な個性
王政編で素直にリヴァイに従うミカサに
リヴァイミカサカプが喜んでたけどミカサ目立ってなかった
エレンエレンいっているミカサは
絶対なくしてはいけない貴重な個性だと思うな

245: マロン名無しさん
>>243
嫉妬はわかるが、哀愁はわからんな
よって、哀愁を感じるシーンと思った、としてほしいわ
あれは読者を笑わせるシーンと思ってるわ

237: マロン名無しさん
ミカサがエレンに掛ける言葉にヒストリアが割り込んだりもしたから
俺はミカサ単体ではなく役割の変動を見てたな

240: マロン名無しさん
ミカサの個性が最近埋没してるとは言うがリヴァイが登場した時点で
既に大きな特徴である特異な身体能力が持っていかれてるんだよな
ヒストリアやアルミンがここぞというシーンでお株を奪っていくのもワザとで
ミカサから当初の「個性」を全部奪って丸裸にする狙いを感じる

242: マロン名無しさん
ミカサがいなくてもエレンは他の人と支えあっていけるととれるというか
そう思わせたいんだなって描写が急に増えた感はある
ミカサと離れることでエレンが成長するみたいな話もあったみたいだし
もしかしたらミカサが自分からエレンと離れてく展開はあるかもな
それで離れてみてエレンがミカサはそばにいるだけで精神的な支えになってたと自覚して元通りとか
一応言うと恋愛とかでなく人としての話

231: マロン名無しさん
諫山ってインタビューでエレンの成長については語ったことあるけどミカサの成長は触れたことないんだよな
エレン厨な所は変えなくていいって思ってるのかな

233: マロン名無しさん
>>231
そこはブレちゃいかんだろ

引用元:2ch.sc

ライベル戦になったら大活躍するだろ






















▶︎
新規プレイ受け入れ制限を行うほどの大人気ゲーム「刀剣乱舞」が久々の新規プレイヤー受け入れを再開!!プレイするまでの流れ













▶︎
アニメファン1万人が選ぶ「もっとも声が合ってたと思うキャラ&声優 」TOP10wwww






▶︎
【!?】tumblrで最も人気のカップル5位がなんとwwwwww




▶︎
諫山先生の実写映画のコメントwwwwwwwwwww





▶︎
小林ゆう画伯の最新作wwwwwwwww








▶︎
【悲報】21歳無職俺氏、進撃の巨人ごっこを行い妹に見つかるon救急車呼ばれるww















 おすすめカテゴリ




進撃の巨人展に関する過去記事一覧



進撃の巨人「実写映画」と「アニメ劇場版」に関する過去記事一覧



進撃の巨人「アニメ2期」に関する過去記事一覧




進撃の巨人の「伏線考察・展開予想」に関する過去記事一覧ページ