猿の巨人


獣の巨人はラスボスなのか?という話題。
巨人展では最後の謎を握るとか言ってたけどな。 






















9: 名無し
猿はラスボスではなく、猿を支配している層がラスボス

10: 名無し
ラスボスいそうだけど、調査兵団全員揃ってのバトルは今回が最後のような気がする

12: 名無し
ラスボスはもう一段階進化したやつかな
筋肉に骨格に体毛が発達した猿巨人からもう一段
となると、武器を使う巨人しかないでしょう
一応猿も投石攻撃はしてるけど
ということでラスボスは立体機動と硬質刃を使いこなす巨人

13: 名無し
猿は戦士長なんだから、その上があるのは間違いないわな。

今回のウォールマリア奪還戦は、
最後は猿をやり損ねるか、やったとしてもその上がチラっと見えるところまでと予想。
その中で、猿の中の人間とのコミュニケーションもあるはず。
謎のヒント少し見えるあたりまでだと思うけど。

15: 名無し
>>13
猿の上はいるだろうけど、戦闘力は猿が最も高いとかじゃないかね
あれ以上強いのいるなら、最初から出て来た方が早い

22: 名無し
>>13
今が最終決戦なんだから壁外編なんかねえよ
決戦終わったら地下室にいって後はエピローグだ

14: 名無し
でもここらでスカッと終わった方が有終の美にならないかい?中途半端な戦いで持ち越されるとグダグダの残念漫画になりそうだし。
俺は最終決戦だと思うなぁ、謎が残ったままとしてもここで終了じゃないかと。
団長がもう調査兵団もザコしか残ってないような口ぶりだったし、この先に行けば敵は強くなる一方で兵団は疲弊して弱体化の一途だよ。

16: 名無し
ここでエレンも含めて全滅エンド
百年後の世界でキャラ一新で再開
主人公はヒストリアの曾孫

17: 名無し
サルの戦闘力が高いのは同感だが、最強かと言われると疑問
戦士かどうかも不明な、ライベル程度に口答えを許して、勝負するようじゃねw
猿やライベルの故郷も危機に晒されてると予測
調査兵団が矛とするなら、敵の矛は猿(と戦士の卵達)

ならば、敵の盾は・・・!?
壁内は字のごとく大量の巨人を使った壁(ウォール)と座標
故郷側の盾は何かな?

18: 名無し
俺たちの戦士長、とか言ってるけど
悲願の座標奪取よりたった一人の捕虜を先に助けに行こうとゴネて勝負を挑まれるとか
統率力なさそう
兵団で言えば「マリア奪還より先にミカサを助けに行く!」ってエレンとアルミンがゴネて
リヴァイに勝負を挑むような感じでしょ あり得ない

19: 名無し
日々拷問されてるってアルミンのハッタリがメチャ効いてんだろ
ベルトルトなんか人格変わってそうだぞ
少女に拷問とくればあとは想像通りだしな
仮にヒロインが敵に拉致されて日々拷問されてると脅されたら
主人公側だって上官に反抗ぐらいするだろ

21: 名無し
作者をしてゲスミンと言わしめたあの表情でさ
毎日拷問してるよ~なんて言われてみろよ
そら上官に噛みついてでも奪還したいわな
ていうかあの二人があのまま猿に従ってるのが不思議なぐらいだわ

23: 名無し
続編やスピンオフ展開を考慮すれば
全ての謎を明かすことはなさそうだけどね

31: 名無し
スターウォーズが再開されたように
人気作品はシリーズ化されるものだよ
講談社がいとも簡単に終わらせるとは思えんな
別時代で新シリーズやるんじゃね?

70: 名無し
>>31
その例一回終わらせてもまたできるって話だから、別に終わらせてもいいってことにならね?

33: 名無し
壁外まで行けるかどうかは分らないけど少なくとも地下室で終わりじゃないだろ
作者だって地下室でまた謎が見つかるって言っているんだし

34: 名無し
25巻ぐらい想定してんだってか
地下室の先はありそうだよな
元々調査兵団はマリアの外を探索する組織なわけだし

引用元:2ch.sc

まあ25巻までは出るだろうな。











▶︎
新規プレイ受け入れ制限を行うほどの大人気ゲーム「刀剣乱舞」が久々の新規プレイヤー受け入れを再開!!プレイするまでの流れ


▶︎
アニメファン1万人が選ぶ「もっとも声が合ってたと思うキャラ&声優 」TOP10wwww


▶︎
【!?】tumblrで最も人気のカップル5位がなんとwwwwww

▶︎ 諫山先生の実写映画のコメントwwwwwwwwwww

▶︎ 小林ゆう画伯の最新作wwwwwwwww


▶︎ 【悲報】21歳無職俺氏、進撃の巨人ごっこを行い妹に見つかるon救急車呼ばれるww







 おすすめカテゴリ



進撃の巨人展に関する過去記事一覧

進撃の巨人「実写映画」と「アニメ劇場版」に関する過去記事一覧

進撃の巨人「アニメ2期」に関する過去記事一覧

進撃の巨人の「伏線考察・展開予想」に関する過去記事一覧ページ