舞台進撃の巨人


舞台版 進撃の巨人「ライブ・インパクト 進撃の巨人」のキャストが発表されました。










 舞台版「進撃の巨人」

舞台版「進撃の巨人」
LIVE IMPACT 進撃の巨人が2017年夏に舞浜アンフィシアターにて開催される。

期間は2017年7月28日〜9月3日まで
チケットは2017年2月16日から最速先行販売が開始される。

公式サイトURL
https://shingeki-stage.com/


舞台進撃の巨人


【出演】
エレン・イェーガー:三浦宏規 
ミカサ・アッカーマン:佃井皆美 
アルミン・アルレルト:阪本奨悟

舞台エレン


舞台ミカサ

舞台アルミン


以下、プレスリリース原文
キャスト150名!?

-------------------------------
累計発行部数6200万部を超える大人気漫画「進撃の巨人」初の舞台化の衝撃的な内容が明らかになった。超大作の舞台化だけあって、そのスケール感も破格!当初シルク・ドゥ・ソレイユの専用劇場として誕生した舞浜アンフィシアターで、初演にしていきなりの55公演のロングラン!今注目の新進気鋭の俳優たちと世界的な活躍をしているパフォーマーなどキャスト総勢は150名を超える。

クリエイター陣も、世界で活躍する演劇界の英知が集結し、“五感を刺激する衝撃の舞台”に挑戦する。
 
また、本公演には漫画「進撃の巨人」の原作担当編集川窪慎太郎氏がプロデューサーとして参加することが決定!数々の舞台作品を手掛けてきたネルケプランニングの演劇プロデューサー松田誠氏と強力なタッグを組んでこの超大作をプロデュースする。
 
これまでアニメ、実写映画、大型イベントや世界的なムーブメントなど、数々の快進撃を続けてきた「進撃の巨人」の新たな歴史をつくる“大舞台”になりそうだ。


プロデューサー川窪慎太郎氏のコメント
 
「今まで、たくさんの方から『「進撃の巨人」の面白さの核は?』と聞かれてきました。
その都度、自分なりに答えてきたのですが、どこかしっくりこない気持ちが残っていました。
ですが連載から7年半が経ち、ようやく僕の中で「諫山創が生み出す物語の、面白さの核」を掴めた気がします。
その答えを「ライブパフォーマンス」という形で皆様にお伝えすべく、舞台化に挑戦したいと思っています。楽しみにしていただけたら嬉しいです!」

  演出児玉明子氏のコメント
 
 「“進撃の巨人”です。舞台化にあたり、原作の持っている世界観を実現するには、この公演の規模、劇場のスケール、150人もの出演者が必要だと思っています。日本を代表する、そして世界で活躍するクリエイターの方々と共に、人間力とテクノロジーが融合した、皆さんに“衝撃の舞台だった”と感じて頂けるような舞台を目指し頑張ります!期待してください!」

 
 「進撃の巨人」の初の舞台化作品“ライブ・インパクト「進撃の巨人」”は、2017年7月28日(金)舞浜アンフィシアターで開幕する。7月28日(金)から30日(日)はプレビュー公演が上演される。
チケットの発売は、公式HPのメルマガ会員限定の最速先行発売が2月16日(木)12時よりスタート!
その他先行販売情報などは公式ホームページ https://shingeki-stage.com/ でチェックしよう!!



舞台化は立体起動等の演出方法が気になるので、どうなるのか楽しみにしている。

それにしても実写映画同様、キャラの風貌は原作に似せないのね。
リヴァイとかどうするんだろ。 









 おすすめカテゴリ



進撃の巨人展に関する過去記事一覧

進撃の巨人「実写映画」と「アニメ劇場版」に関する過去記事一覧

進撃の巨人「アニメ2期」に関する過去記事一覧

進撃の巨人の「伏線考察・展開予想」に関する過去記事一覧ページ