47384476



進撃の巨人95話「嘘つき」の状況、登場人物、伏線の整理。







 95話の状況

シーン1:ライナーとガビがマーレ軍の本部と思しき場所へ出向く
シーン2:ジークが戦士隊の招集をかけてエルディア人がヤバいと危機感を煽る(マーレ人抜きで会話、ただし盗み聴きされてる)

シーン3:回想、マーレ側が所有する知性巨人の能力を解説
シーン4:回想、ライナー達がパラディ島へ送り込まれた経緯からユミルにマルセルが捕食されるまでの経緯まで



 登場人物

① ライナー

  • エルディア人収容区の人たちからは慕われている
  • ジークの意図に気づき行動したと思われる描写があり
  • 世界の英雄になりたかった

② ガビ

  • ガビもエルディア人収容区の人たちから期待されている
  • ライナーが嘘をついている事に気づいている
  • エルディア人の未来を切り開きたい

③ カリナ

  • 島から帰ってきたライナーが別人になったと気づいている

④ ファルコ

  • ガビを守りたい
  • ガビを守るためにガビを超えたいと考えている

⑤ ピーク

  • 四足歩行を日常生活においても行う
  • 四足歩行の方がしっくりくる
  • ジークの会話を理解して補足する

⑥ ポルコ

  • 四足歩行をするピークを見かけてビビる
  • タイバー家が表に出てきて英雄気取りになるのを良しとしていない
  • マルセルに印象操作をされていた為にパラディ島作戦時に巨人の継承者として選ばれなかった

⑦ ジーク

  • 相変わらず腹黒そう
  • エルディア人だけの密談と思われた会議にて「マーレ軍はこの部屋にはいない」とほのめかした
    →ライナーとピークが気づいたと思われる

⑧ マガト

  • ジークのことを怪しんでいる
  • パラディ島作戦時に軍の決定に疑問を持っていた
    「本当に4人の子供を派遣して良いのか?」と考えていた


 巨人の設定

改めてこの話でマーレ側が保有する巨人戦力の解説がされた

① 女型の巨人

  • 汎用性が強み
  • 高い機動力と持続力
  • 範囲は狭いが無垢の巨人を呼び寄せることが可能

② 鎧の巨人

  • 高質化に特化した巨人
  • 我慢強いライナーが抜擢

③ 顎の巨人

  • 強襲型
  • 小振りな分最も素早い
  • 強力な爪と顎でたいていのものは砕ける
  • 機転の利くマルセルが抜擢

④ 獣の巨人

  • 他より多少でかい
  • 投球技術で恐ろしい兵器に
  • ジークの血に秘めた力があると悟られている

⑤ 車力の巨人

  • 他の巨人と比較して並外れた持続力を持つ
  • 長期間の任務に対応
  • 用途に合わせた兵装が可能で作戦の幅が広い
  • 判断力のあるピークが抜擢

⑥ 超大型巨人

  • 破壊の神

 新規設定

① ライナーの父親

  • 被害妄想が強く、ライナーが会いにきた時ものすごい危機意識を感じていた
  • カリナとライナーの親子を心底恐れている

② 戦槌の巨人(せんついのきょじん)

  • タイバー家が保有していること以外謎

③ タイバー家

  • 他のエルディア人と異なり収容区で暮らしていない、広い土地で優雅に暮らしてきた
  • 戦鎚の巨人を持つ一族
  • 貴族
  • 100年前の巨人対戦でフリッツ王に半旗を掲げた最初の貴族家、フリッツ王を退けた一族として諸外国に顔が利く
  • 名誉マーレ人として政治にも戦争にも不干渉だったが、マーレとエルディアの未来を案じて立ち上がった
  • タイバー家は一度も巨人の力を敵国に向けたことがない
  • レベリオで行われる祭事で諸外国の要人や記者を招いてタイバー家が「①年以内にパラディ島」を宣言する予定

④ レベリオで行われる祭事

  • 諸外国の要人や記者を招くイベント
  • タイバー家に「パラディ島が世界の脅威」と語ってもらい、パラディ島の脅威を世界に知らしめるためのイベント

⑤ 9つの巨人の記憶の継承の際に「血の繋がり」が影響する

  • 巨人学会の人が言ってたらしい

⑥ 思想調査

  • 戦士隊が大きな作戦に挑む前には、マーレ軍によ必ず思想調査が行われる

⑦ エルディア人の民族存亡がやばい、世界からエルディア人根絶を願う声が高まっている

  • マーレが資源争奪戦の時代を勝ち抜き反発する国々を巨人の力で黙らせてきたせいで、世界のエルディア人に対する憎悪が膨らんでいる
  • 通常兵器が巨人兵器を上回る未来が近いため、このままだとマーレの国力がやばい
    → エルディア人がより生存権を脅かされそう
  • 世界はもうエルディア人を人権の定義に当てはめる必要はないと言っている

ジークが示したエルディア人の民族存亡の唯一の解決策
  • 始祖奪還の筋書きを用意してパラディ島から始祖の巨人と資源を奪還する
  • タイバー家に「パラディ島は世界の脅威、1年以内にパラディ島を征圧する」というメッセージを世界に語らせる


 伏線回収

① ライナーの父親

  • ライナーの父親は被害妄想が強かった、ライナとカリナから復讐されると思い込んでいた
  • ライナーが父親の元へ訪れた「あの女に言われてきたんだろ」「縛り首にしてえんだろ」「エルディア人の悪魔の子から逃げてやる」と発言

② ドベだったライナーが戦士隊に選ばれた経緯

  • マルセルが弟のポルコを守りたかった為に戦士にしたくなかった
  • マルセルがポルコを貶めたり軍に印象操作を行いライナーを戦士にするように仕向けた

③ 獣の巨人と車力の巨人がパラディ島に出陣しなかった理由

  • 獣と車力は敵国に睨みをきかせるためにマーレに残った

④ 9つの巨人の最後の1体

  • 戦鎚の巨人で確定

 新たな伏線・フラグ

① ジークの本心

  • 何か企んでそう
  • ライナーとピークはジークの発言の意図に気づいたようなコマ割り
38

② マガト隊長はジークを疑っている

  • マガト隊長は明らかにジークのことを疑っていそうな描写がある

③ ガビはライナーの変化を感じ取っている

  • いずれライナーの前に立ちはだかる?

④ ライナーも何か気づいてそうな雰囲気

  • ジークの本心に気付いてそう

⑤ レベリオで行われる祭事

  • タイバー家が世界に向けて「パラディ島を1年以内に奪還する」と語るアピールイベント




タイバー家は急に出てきた強そうな存在だし、すぐに殺されそうな感じがするな

レベリオの祭事でパラディ島陣営がマーレを襲撃して悲劇の連鎖を起こす流れでしょこれ








 おすすめカテゴリ

進撃の巨人「アニメ2期」に関する記事一覧

進撃の巨人の「伏線考察・展開予想」に関する過去記事一覧ページ 

▶進撃の巨人の「感想(原作)」のカテゴリー

▶︎進撃の巨人の「感想(アニメ)」のカテゴリー

▶︎ 進撃の巨人の原作最新話のネタバレ話題と「ネタバレ注意な考察」の記事

▶︎進撃の巨人の「SS」